ワキ脱毛をやめるために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自己処理をやめるためにワキ脱毛を

最近の日本の夏は熱帯並みの暑さ。
容赦なく照りつける強烈な太陽の下では、「ノースリーブではないとやっていられない」という女性も少なくないでしょう。

ただ、その時に注意が必要なのがワキのムダ毛です。

処理がキッチリできていないと、腕をうっかり上げた時に他人にのぞかれてしまい、赤っ恥をかく羽目になります。

ただ、毎日のワキ毛の処理というのは結構面倒です。カミソリを使っているとすぐにブツブツが目立ってきますし、毛抜だと痛みがあり、処理自体がイヤになります。

「自己処理をやめるためにサロンで脱毛しようか」

そう思案している女性も少なくないでしょう。でも脱毛初心者にとって、サロンに通うというのは結構勇気がいるものです。

「脱毛が終わるまでに何回施術する必要があるの?」
「痛みがあるという噂だけど本当?」
「全部の料金はいくらくらいかかる?」

結局、これらの疑問が障害になり、サロンとは無縁なまま自己処理をやっている、という女性が多くなっています。

そこで、このページではワキ脱毛の特徴・料金、そしてサロンの選び方について紹介し、初心者の疑問を解決してみることにしました。

以下の情報が、ワキ毛で悩んでいる人の一助になれば、と思います。

そもそも「脱毛」はどんなもの?

ワキ脱毛について色々紹介する前に、「脱毛とはそもそもどういうものか?」ということを説明します。

サロンや医療クリニックでの「脱毛」というどういうイメージを持たれるでしょうか?

「特殊な器具を使って、1本1本毛を抜いていくやつ?」と答える方もいるかもしれません。

実際、昔はそんな方法を取っていましたが、今ではもっと効率的になっています。

あと大事なポイントは、施術のターゲットとなるのがムダ毛そのものではなく、皮膚の中の毛根部分だということ。

サロンやクリニックでは特殊な機器が設置されており、それで光を照射することで毛根に影響を与える、という方法をとっています。

その光とは、IPLやレーザー。
いずれもメラニン色素だけに反応し、そこで熱に変わるという特徴を持っています。

具体的にいうと、ムダ毛のある肌に光を照射。
すると毛根部分が高熱に包まれ、毛乳頭や毛母細胞などの発毛組織が大きなダメージを被るのです。

これは画期的な発明でした。
おかげで脱毛は一気に手軽なものとなり、脱毛人口も急増。
最近ではVIOなどの特殊な脱毛を行う人も多くなっています。

その中でもワキは最も人気のある部位。やはり、夏になると露出する機会が増えるので、「処理をするならまずワキ」と思う女性が多いのでしょう。

また、ワキは汗腺が集まっている部位でもあります。そのために老廃物などが他の部位よりも蓄積しやすく、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎といった厄介な症状が起こりやすいと言われています。

ワキ肌の良好な状態を保ちたいなら、一刻も早くムダ毛を脱毛し、肌に悪い自己処理はキッパリやめてしまう方が無難です。

ワキ脱毛の詳細 施術回数、料金、痛みについて

上記の文章で、ワキ脱毛の長所がお分かりになったと思います。

「サロンで施術をしてもらいたくなった」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンに行くとなると、以下のような点が気にかかるかと思います——

・施術完了まで、どれくらいの回数が必要?
・最終的な料金の総額は?
・施術時の痛みはあるのかないのか?

以上のポイントについて、順番に説明していきましょう。

まず最初に施術回数です。脱毛というのは1回や2回くらいでは終了しません。何年にも渡ってムダ毛が生えてこないようにするには予想以上に長い時間がかかります。

特にワキは集中的に太い毛が生えているうえに、他の部位よりも毛根部分が深く、顔や脚よりも施術の回数が増えてしまいます。

もちろん個人差は大きいのですが、完了まで12回から18回は最低限必要でしょう。

続いて料金についてです。これはサロンによって様々としか言えません。歴史のある高級サロンの中には、少しの施術でとんでもない料金をとるところもあります。

ただ、ワキ脱毛に関しては普通のサロンなら値段は安め。驚くほどの高額ではありません。

「その中でも特にリーズナブルな店はないだろうか」と考えてネットでチェックしてみると、ぜひおすすめしたい店が見つかりました。

それは「ミュゼ」。全国にチェーン展開をしているサロンです。

おすすめは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。料金はたったの100円というから驚きです。

これだけの安価で施術してくれるところは他にはありません。脱毛が初めて、という人には最適と言えます。

さらにミュゼのメリットは、料金だけに限りません。

実は、サロンでの脱毛というのはフラッシュによって高熱が発生するため、どうしても多少の痛みがあります。ミュゼはそれが軽減するように努力しているのです。

具体的に述べると、他のサロンの多くがIPL方式の脱毛機を使用しているのに対し、ミュゼはSSC方式の機器を採用しています。

IPL方式はキセノンランプというものを使い、肌にインテンスパルスライトを当てます。

一方、SSC方式で使うのはクリプトンライト。

キセノンランプはそれ単独で脱毛効果があるのですが、クリプトンライトにはその効果がありません。

ではどうやって脱毛するのかというと、照射の前に専用のジェルを塗ります。

ここにクリプトンライトを照射すると毛根部分が損傷され、発毛が抑制されるのです。

SSC方式の最大の長所は、光そのもののパワーは弱くても大丈夫、という点。
ジェルとの組み合わせで脱毛効果を発揮するため、高熱にする必要がありません。
したがって痛みも軽くなります。

「痛みがあるので脱毛はイヤ」という女性もいるようですが、ミュゼならば痛みを感じずに施術してもらえます。

ワキ脱毛で失敗しないためには?

「ワキ脱毛なら色々な点でミュゼがおすすめ」と説明しましたが、お住まいの場所によっては支店がない場合もあるでしょう。そんな時は、他の店舗と契約しなければなりません。

ただ、近年は脱毛ブームのせいでサロンの数が増えています。初心者は目移りしてしまい、どこを選べばいいのか判断に困ります。

料金に関しても各サロンが毎月キャンペーンを行っているのですが、プラン設定が複雑で、どれがお得なのかいまいちよく分かりません。

そこでサロンを選ぶ際、注意すべきところを3つほどあげてみます。

施術可能回数が一桁のサロンは避ける

脱毛については誤ったイメージが流布していて、たとえば1回施術を行えばその部位のムダ毛はずっと生えてこない、と勘違いしている人がいます。

実際は1、2回くらいでは、脱毛の効果などほとんどありません。確かに施術後10日くらい経つとツルツルの状態にはなりますが、そのうちに新しい毛がドンドン生えてきてしまいます。

発毛を阻害するには、IPLやレーザーといった特殊な光を長い期間(数ヶ月から数年)に渡って照射し続けなければなりません。

しかもワキのように毛が密集しているところだと、上述したように12回から18回ほどの施術がどうしても欠かせないのです。

ですから「料金が安い」という単純な理由で施術回数が少ないプランを選んでしまうと、結局は脱毛が契約内に終わらず、さらに別料金を出して追加施術をしなければならない、ということもあり得ます。

最終的に安価に脱毛するためには、あまりに回数の少ないプランには惑わされず、施術回数に余裕のあるコースを選びましょう。

返金制度や施術期限には要注意

ワキのムダ毛を処理するには、最低3年間は施術を受ける必要があります。

しかし一旦サロンに通いだしても、何らかの都合から中途解約する場合もあると思います。

その場合、店側は当然嫌がります。契約の条項をタテに、返金額をなるべく抑えようとするでしょう。

ただ中には「1年以内なら全額を返金します」という良心的なサロンもあるようです。

「ひょっとしたらサロン通いをやめるかもしれない」という人は、契約前に必ずその条件について聞いておきましょう。

またサロンの中には、施術期間にリミットを設けているところがあります。その場合、契約から何年か経つと施術が不可となります。

「全額払ったのに施術ができない」となると泣くに泣けませんから、リミットがあるかどうか、事前にチェックしておくことが大事です。

いずれにしても「ワキ脱毛は時間がかかる」ことを理解し、なるべく回数や施術期間に制限のないコースを選んで下さい。

施術後のケアがあるかどうか

夏になるとワキの露出も多くなるため、見栄えをなるべくよくしたいもの。ムダ毛だけではなく、黒ずみなどの肌トラブルも改善した方が安心です。

肌の状態を良くするには、しっかりと潤いを保つことが欠かせません。

脱毛サロンの中にはそれを考慮し、施術後の保湿サービスをやってくれるところもあります。

こうした店なら、ムダ毛処理だけでなく美肌効果も行えますので、一石二鳥。

施術後の毛穴はどうしても熱を持つため、肌は乾きがちに。
肌トラブルで悩まないためにも、保湿サービスに力を入れているサロンを選んだ方がいいでしょう。

脱毛サロンと医療クリニックの違いについて

脱毛はサロンだけが行っているわけではありません。料金は高めになりますが、医療クリニックでも脱毛は可能です。

サロンでのメインの施術方法が光脱毛(フラッシュ脱毛)なのに対し、クリニックで主に行われているのはレーザー脱毛。

「メラニン色素に反応する光を肌に当て、ムダ毛の毛根部分にダメージを与える」という点で、脱毛の原理自体は全く同じです。

ではどういう差があるのかというと、毛根部分に与えるダメージの大きさです。

レーザーの光は波長が長く、そのパワーは強烈。毛根の組織は徹底的に破壊され、いわゆる「永久脱毛」も可能です。その点でIPLとは比べ物になりません。

また施術回数においても、サロンだと10回以上かかるところ、クリニックでは数回くらいで完了してしまいます。

もし「短期間で脱毛を終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛を行う方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛は料金がリーズナブルなの?

ワキ脱毛というのは、他の部位と比べてぐっと料金がリーズナブルです。それだけ気軽に契約でき、初心者は最初の脱毛部位をワキにすることが多くなっています。

では、なぜ料金が安いのでしょうか?

最初の理由としては「ワキの面積が狭い」ということがあげられます。

サロンでは面積によって料金が決められることが多いので、元々ワキは安価なパーツなのです。

そして第2にあげられるのは、サロン側の”戦略”。

初心者はまずワキを脱毛する傾向があるため、「その価格を下げることで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしても、ワキというのは人気のある部位です。サロンの技術も分かるので、脱毛するならまずワキを選びましょう。

脱毛完了後、効果に満足できない時は?

サロン通いの末、脱毛がようやく完了。ところがその結果に満足できない——。

こんな時はそのサロンで施術を続けることもできます。
ただ追加料金がかかるので、出費が結構な額になります。

また、その店で継続せずに、他のサロンへ改めて行き直すという手もあります。しかしこの場合はカウンセリングからやり直す必要があるので、時間と手間がムダに……。

とにかく肝心なのは、施術回数、及び期間に余裕を持つこと。
上記のような事態を避けるためには、まず最初に12回以上のプランを選ぶのが無難な方法です。

脱毛の結果、ワキ汗が増えるって本当なの?

最後に、ワキ毛処理後の”ある噂”について、書いておきます。

実は口コミサイトをチェックしていると「ムダ毛をサロンで脱毛してから、ワキ汗が増えてしまった」という感想がいくつか投稿されています。

こんなことが本当にあるのでしょうか?

答えを先に述べてしまうと、そんなことはありえません。

ではなぜ「ワキ汗の量が増えた」と思ってしまう人がいるのでしょうか?

ネットで調べてみると、その理由というのは——

「汗をせき止めていたワキ毛がなくなることで、汗の流れを肌で感じる機会が増えたから」

ということのようです。

つまりこれは単なる感覚の問題で、出る汗の量自体は脱毛前と変わりません。汗が流れる感覚もそのうち当たり前になり、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、色々な観点から、ワキ脱毛の特徴、そのメリット、あるいはサロンの選び方について紹介してきました。いかがだったでしょうか?

説明してきたことを参照しながら、ぜひお気に入りのサロンを見つけ、ワキ脱毛に挑戦してみて下さい。
ワキへの他人の視線が気にならなくなり、肌の状態まで良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*