脱毛する場合のアルコール摂取について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美容への意識

脱毛処理へのアルコールの影響とは?

美容への意識の高まりから、サロンやクリニックで脱毛処理を受けるのも特別なことではなくなりました。

でも肌に特殊な処理を施すわけですから、美容院で髪を切るような気軽な感覚でサロンなどに通うのは間違っています。下手をすると健康に悪影響を及ぼすこともありえます。

たとえば飲酒して処理を受けるのは避けた方がいいでしょう。

お酒を飲んで全身にアルコールがまわってくると、血行が良くなって、肌が火照ってきます。

こんな状態で脱毛の施術を受けると、ただでさえ脱毛機の光・レーザーの影響で肌に熱がこもってしまうのに、いつも以上に熱さを感じてしまいます。

さらに熱さのせいで肌にカユミが生じることも多いので、かゆくて掻いてしまうと肌にダメージを与えます。

もちろんお酒によって気分が悪くなることもありますから、サロンやクリニックに行く前は飲酒を避けるようにしましょう。

脱毛処理後もアルコールは避けるべき

脱毛処理を受ける前、飲酒を避けている人は多いようです。しかし、実は処理後もアルコールの摂取は止めた方がいいとされています。

というのも、施術後の肌はいつもよりも乾燥しており、刺激に弱い状態になっているからです。

アルコールによって血行が良くなると、施術後の肌は赤みやカユミを生じやすくなります。そうなると無意識のうちにかきむしる可能性もあり、肌の健康にもよくありません。

美容のためにも、脱毛処理後にお酒を飲むのはひかえて下さい。

川口の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*