脱毛コラム

ムダ毛の自己処理はやめてVIO脱毛をしよう

若い時にしかできないことのひとつが、大胆に肌を露出したオシャレです。
とりわけ10代から20代にかけては、脚にしろ腕にしろ、みずみずしい肌を見せびらかしたい、という女の子が多いでしょう。

ピチピチした肌というのは男性だけでなく女性でもつい視線を向けてしまいます。ただ、得意になって見せびらかすのはいいのですが、肌に生えたムダ毛には注意しなければなりません。

しっかり処理していないとみっともないですし、視線を向けた人からも「だらしない」と思われがち。

毛深い女性にとってありがたい援軍となるのが、プロがムダ毛を処理してくれるサロンやクリニック。雑誌の広告やテレビのCMなどで、それらの名前を連日見かけます。

実は脱毛がこれほどポピュラーになったのは近年のこと。以前は毛穴に針を突き刺すという乱暴な方法を取っていたこともあって、その費用も決して安くはありませんでした。
しかも痛みも相当なもので、あくまで年配の女性が若作りのためにやるもの、というイメージがあったのです。

しかし最近ではレーザー技術を応用した効率の良い脱毛マシンが開発され、脱毛する人も驚くほど増加。さらに初心者を呼び込もうと、ディスカウントを売りにしたキャンペーンも盛んにおこなわれています。

また、脱毛できる部位も多くなりました。以前はワキや足ばかりだったのですが、いまでは腕、顔はもちろん、「VIO」という新たな部分が脚光を浴びています。

これを聞いて「え、VIOってどこの部位?」と思う人もいるでしょう。確かに脱毛人口は増えましたが、まだまだサロンとは縁のない女性も少なくありません。

そこでこのページを立ち上げ、VIO脱毛についての初歩的な情報を紹介し、あわせてサロンやクリニックで用いられている脱毛方法についても説明してみることにしました。

「VIO」って体のどの部分?

「VIO」というとコンピューター関係の単語と思いこむ人がいるかもしれませんが、もちろん違います。実は女性の股間からお尻の辺り、美容業界で「デリケートゾーン」と呼ばれる部位のことです。

V、I、Oはそれぞれ——

Vライン……「ビキニライン」とも呼ばれる股間のデルタ地帯のこと。
Iライン……女性器に沿った細長い部分のこと。
Oライン……肛門周辺の半径2センチくらいの円形部分。別名は「ヒップ奥」。

をあらわします。

つまり、各ラインと形が似ているアルファベットを呼び名としたわけで、別に英単語の頭文字というわけではありません。

ということで「VIO脱毛」は、一言で言えばアンダーヘアの脱毛のことです。

「VIO脱毛」とはいいますが、実はV、I、Oそれぞれ別個に施術可能です。

そして3ヶ所すべてを無毛にしてしまう脱毛には「ハイジニーナ」という別の名前がついています。

最初、日本にVIO脱毛のことが伝えられた時、名称は「ハイジニーナ脱毛」とされていました(広告などで「ハイジニーナ脱毛」と書いているサロンや医療クリニックがありますが、これは具体的にはVIO脱毛と同じことです)。

その時は海外の女優やモデルがおこなう変わった美容法というイメージがあったのですが、現在では日本のサロンやクリニックでも一、二を争う人気プランとなっています。

実際、「施術を希望する部位」のアンケートでは、ワキに続く第2位です。

VIO脱毛のメリットとは?

VIO脱毛のメリットはデリケートゾーンがツルツルになるという美容の面にはとどまりません。
以下のような様々な長所が挙げられます。

1.デリケートゾーンが衛生的になる

男性と違い、女性器というのは肉が重なりあって構成が複雑です。さらに他のパーツに比べて太い毛が集まって生えているため、どうしても湿気が多くジクジクしてきます。

そのせいで薄い下着でも雑菌が繁殖しがち。その結果、かゆみやニオイなどの不快な症状が出てきます。

とりわけ問題なのは、女性器に沿ったIラインです。生理の時期など経血や分泌物が付着してしまい、こまめに洗わないと衛生的にはなりません。

ただ家事や仕事で忙しい人など1日に何回もシャワーを浴びるわけにはいかず、どうしても不潔な状態に陥ってしまいます。

そんな状態もVIO脱毛をすることで解消されます。
ツルツルの状態になると雑菌が増えにくいので、デリケートゾーンは生理中でも清潔になるでしょう。

2.肌に刺激の強い自己処理がいらなくなる

デリケートゾーンというのは肌そのものは他の部位より薄くなっています。それなのに濃い剛毛が伸びているため、市販の処理道具で毛を剃ったり抜いたりするのがやりにくいパーツです。また性器がすぐ近くにあるので、カミソリなどの扱いが下手だと、うっかり傷をつけてしまう可能性もあります。

また、自己処理そのものも美容的に勧められる行為ではありません。カミソリにしろ毛抜にしろ、肌のコンディションを悪化させます。使い続けるうちにダメージが蓄積し、見苦しい埋没毛を生じさせることが多いのです。

それに毛穴の傷ついた部分に菌が侵入すると、毛嚢炎になる危険性もあります。

思い切って脱毛すればこれらのトラブルのリスクも減り、肌が美しくなります。

3.きわどい水着や下着を楽しめる

きわどく肌を露出する水着や下着を楽しみたいと思ったら、必ずデリケートゾーンのヘアを処理しないといけません。

でも上述したように自己処理では肌トラブルが生じがち。せっかくツルツルの無毛状態にしているのに、肌に黒ずみなどが生じると本末転倒です。

サロンやクリニックでムダ毛を脱毛すれば、そんな自己処理が不要になってキレイな肌へと導かれることに。

そうすれば肌の状態に自信がつき、きわどい下着を身につけて彼氏とのデートを楽しめます。

Vラインのデザインにはどんなものがあるのか

Vラインは、「脱毛希望部位」のアンケートでは毎回必ず上位にランクされる人気パーツ。やはり下着や水着からヘアーがはみ出しやすいからでしょう。

外国ではハイジニーナが盛んなので、Vラインも完全な無毛状態にする女性が結構います。
しかし日本ではやはり脱毛したことを他人に知られたくないのか、ほとんどの人が一部だけ残す方を選びます。

その時頭を悩ますのが、「残った毛をどんな形にするか」ということ。

サロンやクリニックでは、次に示すようにいくつか定番デザインを用意しています——

・逆三角形

非常にナチュラルな形で、選ぶ人が最も多くなっています。「脱毛したことを気づかれたくない」という人はこれにするといいでしょう。

・オーバル型

オーバルは英語で「楕円」を指します。ナチュラルさはそれほどありませんが、角が丸まっていてフェミニンなデザインです。

・Iライン型

ヘアを帯のような形に残します。露出度の高い水着を身につけたいという女性にはピッタリ。縦の線が強調されるため、「足が長く見える」というメリットも。

・Uライン型

「逆三角形」の角を丸くしたデザインで、やはりナチュラルに見えるために人気があります。

・スクエア型

「Iラインは少し大胆すぎて……」という女性がよく選ぶデザイン。ただやはりナチュラルさには欠けるので、好き嫌いは分かれてしまうでしょう。

ちなみに医療クリニックでVライン脱毛を受ける人は、よく考えた上でデザインを選んで下さい。

クリニックは永久脱毛なため、一旦ヘアーを処理するとVラインの形は一生そのままです。
奇抜なデザインだと後悔することもあるので、熟慮の上でチョイスしましょう。

Oライン脱毛にはどんな長所が?

VIOの3つの中でも、Vライン、Iラインは特別人気があります。きわどい水着や下着を身につけるなら、これらのラインのヘアーを処理する必要があるからでしょう。

ところがOラインに関してはなぜか脱毛する人が少ないようです。

でもOラインのヘアーを脱毛すれば、部位も清潔になり、ニオイもマシになります。

また、セックスする時も相手がOラインを見ることもあるので、キレイにしておけば安心できます。

施術では、サロンやクリニック備え付けの紙パンツを身に着けます。
それをスタッフがちょっとずつずらしつつ、施術していくわけです。

体勢は、「四つん這い」、あるいは「うつ伏せでの開脚姿勢」のどちらかです。恥ずかしさの点では後者がマシですから、スタッフに「うつ伏せ」と頼みましょう。

最初は慣れないと思いますが、施術を繰り返すうちに平気になってきます。

施術はわずか10〜15分。これだけでニオイなどが改善されるのですから、ぜひOライン脱毛に挑戦してみて下さい。

サロンとクリニックの違いとは?

VIO脱毛にあたっては、サロンか医療クリニックに通うことになります。

両者の違いはどこかというと、主に施術方式です。

大抵の脱毛サロンが施術に導入しているのが、IPL脱毛(フラッシュ脱毛)。

「IPL」(intense pulsed light)はレーザー系の光線で、紫外線を取り除いてあります。

毛の伸びた肌に当てると、メラニン色素の黒色に反応。熱エネルギーに変化して、毛根にある毛乳頭、皮脂腺開口部などに大きなダメージを与えます。
そのことで新たなムダ毛が生えるのを防止するわけです。

一方、医療クリニックで採用されているのはレーザー脱毛です。

レーザー光も多種多様ですが(アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど)、いずれもIPLと同様にメラニン色素に反応。高熱で毛根を破壊し、毛の成長を阻害します。

IPLとレーザー光はパルス幅と波長の点で違いがあるのですが、照射威力が強いのは後者です。
数回の照射で全部の毛根が破壊され、うまくいくと無毛状態が一生続きます。
この「永久脱毛」は医療行為なので、医師免許を持ったスタッフが施術をおこないます。

レーザー光の効果は優れていますが、「痛みが強い」のが欠点です。

一方、IPLはパワーが弱いだけに、痛みもレーザーほどではありません。ただ施術日数と照射回数が相当多くなってしまいます。

またIPLだと毛根はただ弱体化するだけなので、脱毛完了からしばらく経つと毛が再び伸びる確率が高くなります。

「多少の痛みなら平気」という人なら、クリニックに行って施術してもらう方が脱毛効果が持続してお得でしょう。

VIO脱毛の料金はいくらくらい?

VIO脱毛に際して、まず気になってしまうのはその費用でしょう。

ここではいくつかのケースに関してその料金を紹介してみます(なお、以下の数字は「VIO3つを一緒に脱毛するプラン」のものです。バラバラに施術する場合は料金も違います)。

まず、サロンで施術してもらう場合、有名店の費用は次のようになっています——

減毛程度に抑えるケース

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回=9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回=13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回=8,640円)

完全に無毛にしてしまうケース

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回=9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回=9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回=9,180円)

続いてクリニックで施術してもらう場合、有名医院の料金は以下の通り——

減毛程度に抑えるケース

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回=10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回=12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回=19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回=18,540円)

完全に無毛にしてしまうケース

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回=9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回=11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8回と9回のプランなし)

こうして見ていくと、サロンは施術回数が多い上に料金も高く、医療クリニックの方がリーズナブルになっています。特に湘南美容外科の安さが目を引きます。

VIO脱毛をしてもらうなら、費用の点では湘南美容外科がおすすめです。

以上、初心者向けにVIO脱毛の基本情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし「股間の毛を毛抜やカミソリで処理している」という女性がいたら、1度脱毛してもらうことをオススメします。上記のように自己処理は肌に悪く、黒ずみ等の原因となります。

脱毛でデリケートゾーンも清潔になり、美しさも保たれるでしょう。

美しさを磨くためにも足脱毛を

女性にとって足は自分の魅力をアピールする大事なパーツ。
その美しさに自信のある人は、夏であろうと冬であろうと季節を問わず、露出度の高いファッションで街へ出かけていくことでしょう。

ただ長く伸びた足を見せびらかすのはいいのですが、そのシルエットや肌合いの美しさにそぐわないのが足に生えているムダ毛です。

うまく処理をしていないと、見せびらかしているだけに「だらしがない女性」として軽蔑的な視線を向けられることになります。

そんな侮辱を受けないためには定期的に自己処理することが欠かせないのですが、足は肌面積が広い部位だけに、月二回程度処理するにしてもかなり面倒です。

おまけにカミソリ、毛抜き、あるいは除毛クリームといった市販の処理製品は肌への刺激が強く、せっかくのみずみずしい足に黒ずみなどを起こす可能性があります。

キレイにするために自己処理しているのに、肌にダメージを与えては本末転倒です。

「トラブルばかりの自己処理なんてやめて、サロンや医療クリニックで脱毛したい……」

そういう考えが頭をよぎる女性も少なくないでしょう。

でも脱毛未経験者にとって、契約した上でわざわざ施術に通うというのは、他人が考える以上にハードルが高い行為です。

「どれくらいの期間、施術に通う必要があるの?」
「何回施術すればツルツルになる?」
「痛みがひどいってよく聞くけど、なんとかならない?」
「料金は結局いくらぐらい?」

これらの疑問がネックとなって結局はサロンやクリニックには行かず、相変わらず肌に良くない自己処理を続けている、という人も結構います。

そこでこのページでは、足脱毛の料金、おすすめのサロンとクリニック、脱毛にかかる回数と期間、そして脱毛に関する疑問などについて紹介し、初心者の不安を解消してみることにしました。

このページが、足脱毛を考えている女性の一助になれば幸いです。

リーズナブルな脱毛サロンと医療クリニックの料金一覧

上述したように足は面積の広いパーツです。そのため、脱毛のターゲットとなる部位は、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指といった具合に細かく分類されています。

それらの施術料もサロン・医療クリニックごとに大きく異なっているので、料金を安く上げたかったら各ホームページなどをチェックし、細かくその数字を比較検討することが大切です。

参考のために、値段がリーズナブルなサロンやクリニックをあげていきましょう。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……(6回)18,000円
・ひざ下……(6回)18,000円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(8回)12,000円
・足全体……(8回)48,000円(ひざ上・ひざ下は6回)

銀座カラー

・ひざ上……(8回)42,000円
・ひざ下……(8回)42,000円
・ひざ……(8回)21,000円
・足の甲・指……(8回)21,000円
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……(8回)31,200円
・ひざ下……(8回)31,200円
・ひざ……(8回)14,400円
・足の甲・指……(8回)14,400円
・足全体……(8回)91,200円

脱毛ラボ

・ひざ上……(8回)47,840円
・ひざ下……(8回)31,840円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(8回)15,840円
・足全体……(8回)95,520円

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……(5回)55,000円
・ひざ下……(5回)41,250円
・ひざ……(5回)13,750円
・足の甲・指……(5回)13,750円
・足全体……(5回)92,900円

リゼクリニック

・ひざ上……(5回)79,800円
・ひざ下……(5回)89,800円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(5回)19,800円
・足全体……(5回)119,800円

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……(6回)81,000円
・ひざ下……(6回)81,000円
・ひざ……(6回)28,750円
・足の甲・指……(6回)28,750円
・足全体……(6回)219,500円

KM新宿クリニック

・ひざ上……(5回)60,000円
・ひざ下……(5回)60,000円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(5回)20,000円
・足全体……(5回)100,000円

となっています。

サロンの中で最も値段が安いのは、ミュゼです。ひざ上・ひざ下を施術しても6回36,000円ですから、他のサロンと比べると数万円以上も安くすみます。

ただ足全体のコースだと銀座カラーがおすすめ。足の指・甲まで含んだプランが151,152円で通い放題です。足のすべての肌をツルツルにしたいという女性はこちらの方がいいでしょう。

クリニックだとアリシアクリニックが最もリーズナブルで、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指がすべて脱毛できる足全体プランが92,900円です。

クリニックでも高級なところになると40万円以上の料金をとるので、10万円以下というのは本当に驚きの値段です。

1回だけでも脱毛を体験したいなら、ジェイエステへ

足脱毛は部分脱毛とはいいながら、決して安いものではありません。

全くの未経験者は不安でしょうから、まずはジェイエステの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」で施術を体験してみてはどうでしょう?

これは両ワキ、そして全身の18パーツから3つを選んで1回だけ施術が受けられるというもので、料金がたった300円です。

これで施術がどんなものか知った上で、行くべきサロンやクリニックを検討するのもいいでしょう。

脱毛完了に必要とされる日数と回数

上のセクションで足脱毛の費用についてはお分かり頂けたと思います。

では脱毛に必要な回数と期間はどうなのでしょうか?

大体の目安は次の通りになります——

脱毛サロン

回数……8回から12回
期間……1年から2年
施術のペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回から6回
期間……約1年
施術のペース……3ヶ月に1回

いかがでしょうか? 「予想以上に日数と回数が多い」と感じられるかもしれません。

実は、足というのは体のパーツの中でも脱毛の効果が出やすい、と言われています。それでもこれほどの時間と手間が必要なのです。

なぜかというと、それは現在主流となっている脱毛方法と、毛の生え変わりのサイクルが関わっているからです。

それを以下のセクションで紹介しましょう。

なぜ脱毛には長い時間と手間がかかるのか?

脱毛方法から説明しましょう。

現在サロンとクリニックで導入されている脱毛マシンは、いずれもレーザー系の光を肌に当てて脱毛効果をあげます。

それらの光は、黒いメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化する特別な性質を持っています。ですから肌にあたっても表皮には影響を与えず、黒い色をした毛だけにダメージを及ぼすわけです。

熱エネルギーは毛を燃焼させるだけでなく、毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部といった発毛組織にも損傷を与えます。
このことで発毛が阻害され、ムダ毛のない肌が得られます。

それなら1回照射すれば脱毛は完了するのでは、と思われるでしょうが、そういうわけにはいきません。というのも、毛というのは表面上は全部同じように見えますが、実は成長サイクルにしたがってその状態が異なっているからです。

毛は3つの時期を繰り返しながら古いものが抜け落ち、新しいものへ変わっていきます。この「成長期」「退行期」「休止期」という3時期のサイクルを「毛周期」と呼びます。

「成長期」は毛が伸びて肌の表面に顔を出す時期。「退行期」は毛が伸びなくなり、毛乳頭から離れそうになっている時期。
そして「休止期」は毛が毛乳頭から離れ、毛穴から抜けるのを待っているだけの時期です。

施術の効果があるのは、毛根とつながっている成長期の毛だけ。毛根へ熱が伝わらない退行期や休止期に施術しても意味がありません。

光の照射後、1〜2週間で成長期のムダ毛は抜け落ちてしまい、1〜2ヶ月の間はツルツルの状態になります。

やがて毛がまた伸びるので光を照射。これを続けていくと、毛が細くなっていき、本数も徐々に減っていきます。

このようにしてたっぷりと時間をかけながら全部のムダ毛の毛根部分に損傷を与え、ようやく脱毛完了へとたどり着くわけです。

そのため、どうしても施術ペースはのろくなり、1〜2ヶ月に1回という頻度になります。

以上、脱毛に時間と手間が必要な理由がお分かりになったでしょうか?

毛が生え変わる体のシステムと関わりがあるため、これだけはスピードアップすることが困難です。脱毛するとなったら覚悟を決め、長い時間をかけて施術を受けましょう。

毛穴の黒いブツブツは足脱毛をすることで治る?

ムダ毛を目立たなくするために自己処理を定期的に続けていると、黒いブツブツが足の表面にあらわれることがあります。

これはカミソリの刺激で肌の状態が悪くなっている証拠です。

確かにカミソリは手軽ですが、使う度に肌に多少の傷が付きます。傷が付くと、その部分を回復させようと新しい皮が再生されてきます。

それがうまくいけばいいのですが、その皮が運悪くフタのように毛穴にかぶさってしまうことがあります。

そうなると、毛は表皮の中で長くなり、それがみっともないブツブツに見えてしまうのです。

またカミソリ負けの症状を起こした時は、赤いブツブツが出てくることもあります。

サロンやクリニックで施術してもらえば、自己処理の回数が減るためにそれらのブツブツも治っていきます。

さらに術後の保湿トリートメントで潤いがキープされ、ケア効果も高まりますから、足の肌は施術前より美しくなるでしょう。

肌のトラブルに関しては、施術のついでに相談に乗ってくれるサロンやクリニックも多いので、スタッフに色々と質問してみましょう。

足脱毛に関するQ&A

Q.施術のためにサロンやクリニックに出かける時、服装はどんなものがベスト?

服装については、各サロンやクリニックによって違いがあります。施術用にガウンを貸し出すところなら、もちろんどんな服装で行っても問題はありません。

着替えがなく、そのままの服装で施術がおこなわれる場合は、下半身はショーツのみになります。
ですからワンピースは避けた方がいいでしょう。

なお、施術の際に専用ジェルを併用するサロンやクリニックでは、そのジェルがショーツなどについてしまうことがあります。
貸出用のショーツが用意されていないところなら、自分で替えを持参すべきです。

Q.色素沈着している部位は施術はできない?

4つのサロンと2つのクリニックに聞いてみたところ、そのほとんどが「色素沈着があると施術はできません」という返事でした。

上で記したように脱毛で用いられるレーザー系の光は、メラニン色素に反応して熱エネルギーに変化します。
そのため、メラニンを含む色素沈着があると光が熱に変わり、皮膚が熱くなる可能性があります。

ただ、リゼクリニックだけは「施術スタッフが目で判断し、安全を確認しながら施術する」ということです。

施術後はアフターケアが重要

サロンやクリニックで光を照射した後の肌は、刺激などに無防備な状態におちいっています。その点を考慮し、アフターケアにしっかりと気を配ることが重要です。

まず欠かせないのは、その日の入浴を控えること。どうしても汗や汚れを落としたい場合は、ぬるいシャワーを浴びるようにしましょう。
湯船につかることは絶対にダメです。

シャワーを浴びて汚れを取る時も、刺激を与えないように手のひらで優しく洗って下さい。ボディタオルなどを使うと、炎症などのトラブルを引き起こすことがあります。

入浴後はタオルを押し当てる感じで水気を取りましょう。強く拭きとってはいけません。

また、脱毛後の肌は毛穴に熱がこもっているため、炎症を起こしやすくなっています。炎症を防ぐには、脱毛部位の保湿が非常に大切です。施術の翌日もしっかりと保湿に努め、潤いを与え続けましょう。

さらに柔らかい皮膚をキープすれば、表皮の奥に潜んでいたムダ毛が表面に伸びやすくなって脱毛効果が倍増します。

保湿に用いるのは手持ちのクリームやローションでもいいのですが、敏感肌向けローションや乳液だと最適です。
化粧水を塗った後にミルクローションを使うと、さらに効果があがるでしょう。

以上、足脱毛に関する基本的な情報を紹介してきました。いかがだったでしょうか?

何度も言うように、ムダ毛の自己処理は肌の状態を悪くします。
美しい肌を保つためにも、自分の好みに合ったサロンや医療クリニックを見つけて脱毛してもらいましょう。

自己処理をやめるために腕脱毛を

最近、夏になると熱帯並みの暑さです。強烈に照りつける太陽の下では、「半袖やノースリーブではないとやっていられない」という女性も少なくないでしょう。

ただ、その時に注意が必要なのが腕のムダ毛です。腕は視界にも入りやすいパーツですから、キッチリと処理ができていないと、他人から「だらしがない」と思われかねません。

「毎日のように剃ったり抜いたりしている」という女性も多いでしょうが、その時に気をつけないといけないのが、自己処理が要因となる肌トラブル——。

カミソリや毛抜きはもちろん、クリームなどの市販の除毛商品でムダ毛を処理していると、その刺激のために段々肌のコンディションが悪化していきます。それが余りにもひどくなると、埋没毛、黒ずみといった厄介な症状を招いてしまうのです。

vそんな事態にならないためにオススメしたいのが、プロの手による脱毛です。

以前は脱毛の施術というのは料金の高いものでしたが、最近になって新しい技術が発明されたこともあって、かなりリーズナブルになっています。そのために現在はちょっとした脱毛ブームを呈していて、サロンなどに通って施術を受ける女性が増えているようです。

ただこれまで専門クリニックやサロンと無縁の生活を送ってきた女性は、脱毛に関してボンヤリした印象しか抱けず、施術を受けるのに二の足を踏むかもしれません。

そこでこのページでは、腕脱毛について色々な面から情報を提供。そして、数多くあるサロンと医療クリニックの中でもどこがオススメなのか、紹介してみることにしました。

以下の知識や情報が、腕脱毛しようか迷っている女性の助けになれば、と思います。

腕脱毛をおすすめする理由について

専門クリニックやサロンでの腕脱毛には、色々なメリットがあります。

まず、美しくなめらかな肌が手に入ること。

「そんなの自己処理でも同じでは?」と反論されるかもしれませんが、自分でムダ毛を剃ったり抜いたりすると、仕上がりがどうしても汚くなります。
特に体毛が濃い人の場合、毛穴が目立つことが多いようです。

サロンやクリニックでプロによって脱毛してもらうとそんなこともなく、驚くほどツルツルでなめらかな肌になります。
そうなると半袖で外出しても他人の目が平気になります。
むしろ、あえて腕を見せびらかしたくなるでしょう。

そして次のメリットは、自由な時間が増える、ということ。

体毛の濃い女性の中には「ムダ毛を毎日のように処理している」という方もいるでしょう。脱毛が完了すれば新たなムダ毛は生えません。そうなると剃ったり抜いたりする必要もなく、これまで自己処理に要していた時間を他のことに使えるわけです。

また、上で述べたようにムダ毛処理は肌へ大きな負担をかけ、肌トラブルが生じやすいという欠点もあります。

「潤いとツヤのある肌の状態を維持する」という点でも、脱毛の施術で自己処理を不要にすることには大きな意味があります。

腕脱毛の料金って平均するといくらくらい?

脱毛のことを考えた時に、どうしても気になってしまうのはその料金でしょう。

専門クリニックや有名サロンの公式サイトから腕脱毛の料金をチェックし、その平均を計算してみたところ、サロンの場合は——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

医療クリニックの場合は——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という金額になりました。

こうして比較してみるとサロンに通う方がずっとリーズナブルなわけですが、クリニックにも料金が高額なだけの価値があります。

サロンとクリニックの違いについてはこの後の文章で紹介しているので、それを参考にして下さい。

現在の施術はどのような方法を取っているのか?

昔、脱毛というと特殊な電子針を用いた「ニードル脱毛」がメインとなっていました。
ただこれは手間ヒマがかかる上に痛みが激しいため、今では一部のクリニックでおこなわれているだけです。

現在ではレーザー技術を応用した特別な光を使います。肌の奥で熱エネルギーに変化させて発毛の阻害をおこない、毛根からムダ毛を処理するわけです。

サロンでは、フラッシュ脱毛という方式が多くおこなわれています。
IPLという光(フラッシュ)を肌に当て、メラニン色素を含む毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部などに損傷を与えます。

こちらは威力が弱めで、施術完了には長い期間が必要です。ただ、その分費用がリーズナブルで、痛みも少ない、という長所があります。

一方、クリニックではレーザー脱毛が主流となっています。ダイオード、YAG、アレキサンドラライトといったレーザー光が使われますが、いずれもパワーはサロンでのIPLとは比較にならないほど強烈で、毛根部位を完全に破壊します。

威力が強いだけにフラッシュ脱毛よりも痛みが激しいのですが、サロンよりはるかに早く脱毛が終わるのが大きなメリットです。

完了までの回数と期間について

腕脱毛完了までに必要な照射回数・期間は以下のようになっています——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

思ったよりも回数が多く、期間が長いと感じるかも知れません。

なぜこんなに長期にわたるかというと、毛にはそれぞれ「毛周期」と呼ばれる成長サイクルを持っており、施術の効果が上がるのはその成長期の毛だけだからです。

成長期に合わせると、施術はどうしても2〜3ヶ月に1回というペースになってしまいます。

脱毛するなら、サロンとクリニックのどっち?

脱毛するなら、サロンとクリニック、どちらにすべきでしょうか?

サロンのメリットは、何と言っても料金がリーズナブルなことでしょう。

それに施術に用いられる光もパワーが弱目なので、痛みが軽微ですみます。

一方、クリニックはサロンよりずっと料金が高いのですが、照射の威力は強烈で、完了までの期間も短くなっています。

またクリニックは医療機関なので麻酔が使用できます。
「痛い目にはあいたくない」という女性にとっては大きな長所といえるでしょう。

施術1回あたりに必要な時間は?

ヒジ上やヒジ下だけの場合

腕は形が単純で施術の際も光が照射しやすくなっています。
そのため、他の部位よりも施術は短くてすみます。ヒジ下やヒジ上のように部分的な脱毛なら、30分で終わるでしょう。

もし連射可能なマシンなら、たった15分で完了、という場合もあります。

腕全体の場合

腕全体を施術するなら、かかる時間は50分〜1時間くらいです。

これだけ時間が必要なのは面積が広いということもありますが、ヒジを処理するのに手間がかかるためです。ヒジは球状で肌も柔らかく、光を照射するのが大変です。

これは連射式のマシンでも同じですから、腕全体を脱毛する時は時間に余裕を持ちましょう。

腕脱毛をするなら月額プランがベスト

腕という部位は他の箇所と比べると施術する面積が大きく、脱毛の完了まで時間がかかる、と言われています。

また毛の量が多かったり髪質が特殊だったりすると、施術回数も多くなることがあります。

というわけで、最初に回数制のプランを契約すると追加で施術を受けることになり、予算以上の料金がかかることも珍しくないようです。

「毛の量が多い」あるいは「毛が硬い」と自覚している人は、最初から月額制のプランを選んだ方がいいでしょう。
料金が高いのでちゅうちょするかもしれませんが、結果的に回数制よりリーズナブルだった、という人が多いのです。

幸い、最近は完全月額制のサロンが増えてきています。そんな店を選んでお得に施術を受けるようにしましょう。

「通い放題」を選ぶのがオススメ

脱毛を完了するにはクリニックなら平均5回、サロンの場合なら12回以上も施術を受ける必要があります。

なぜこんなに回数が必要かと言うと、施術というのは毛の「成長期」にしか効果を発揮しないからです(腕だと、成長期の毛はその時々で全体の5分の1しかありません)。

このように完了には時間が必要なのですが、では「脱毛が完了したら安心か」というと、そうとも言い切れません。

まずサロンを利用した場合、使われるフラッシュ脱毛は発毛組織を死滅させるのではなく弱体化するだけです。

そのため時間が経つと、ムダ毛がまた伸びてくることがあります。

一方、クリニックのレーザー脱毛は「永久脱毛」ということなので、「一生ムダ毛は生えてこない」と誤解してしまいますが、実はそうでもないのです。

“永久”というのは「脱毛後から1ヶ月たっても毛の再生率が20%以下」という意味にすぎません。つまり「再生する確率が低い」というだけで、毛がずっと生えないと保証されたわけではないのです。

ということで、客側としては終了後も毛が生えてきた場合、それを再び施術できるプランを選ぶ必要があります。

その点で一番ベストなのは「通い放題」。これなら店が営業していれば半永久的に通うことができます。

効果を活かすためにも、ずっと通えるプランにしましょう。

脱毛をより早く終わらせるには?

脱毛をより早く終わらせたいなら、以下の点に注意して下さい。

予約が取りやすいところを選ぶ

サロンやクリニックを選ぶ際、「予約が取りやすいか」という点は非常に大事です。

施術の効果というのは「成長期」の毛だけにあらわれますから、予約が困難な店の場合はその成長期を逃がす可能性があり、完了が大幅に遅れてしまいます。

通いにくい場所にあるサロンやクリニックは避ける

サロンやクリニックの所在地が駅から離れていると、施術に出かけるのもついつい面倒になります。

施術は続けなければ無意味です。通いにくい場所にあるサロンや医療クリニックはなるべく避けましょう。

健康的な生活を保つ

健康的な生活を保つのも、脱毛には大事なことです。

「脱毛と健康にどんな関係が?」と不思議に思う人もいるかもしれませんが、施術というのは体調が整っていないとできません(例えば異常に肌が乾燥していると施術は不可です)。

「たっぷりの睡眠」「栄養バランスの整った食事」「軽い運動」の3つに気をつけ、早く脱毛を完了させましょう。

サロンとクリニックはどこがいいのか?

腕脱毛で評価の高いサロンとクリニックを、それぞれ3つあげてみます。

まずはサロンから——

銀座カラー

「予約が取りやすくて完了が早い」「施術がスピーディ」「脱毛効果がすぐに実感できる」など、銀座カラーはネットの口コミでも高評価のサロンです。

何といっても通い放題プランが単独の部位に用意されている点が最大のメリット。

全身脱毛コースなら珍しくありませんが、腕だけでも通い放題というのはここだけかもしれません。

また「のりかえ割」「学割」「祝割(誕生日・成人・結婚)」などの割引も豊富で、リーズナブルに脱毛できます。

レイビス

四半世紀以上の実績を誇り、脱毛業界でも老舗として知られるレイビス。以前は「TOKYO BDC」という名前で営業していました。

オススメなのは「腕全部セット 脱毛し放題」というプラン。制限なしに「ヒジ下」「ヒジ上」「ヒジ」「手甲指」の4つを脱毛できます。

また完全月額制なので、通えば通うほどお得になるのも助かります。

ミュゼ

ミュゼは顧客数、店舗数、売上、それに満足度のそれぞれが脱毛業界でトップ。
顧客数など300万人を越えていて、「脱毛」で検索すると、必ずその名前がトップ近くに出てきます。

プランも色々と用意されていて、部分的に脱毛したい人に最適。

また、イタリアのDEKA社によるSSC脱毛を採用していて、痛みが軽微なのもありがたいところです。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

「し放題コース」という通い放題プランがあるところが、クリニックとしては貴重です。

利用者の8割がこのプランを申し込んでおり、腕脱毛希望の人にもオススメ。

湘南美容クリニック

脱毛に興味がなくても、テレビのCMで「湘南美容クリニック」の名前を知っている人は多いでしょう。分院が全国にあって、地方に住んでいる人には通いやすいクリニックです。

リゼクリニック

リーズナブルな腕セットが用意されているので、腕脱毛希望者にはピッタリ。

またコース終了後も通常の半額で施術ができるため、毛が濃くてムダ毛が復活しやすい人には助かります。

以上、腕脱毛について色々な情報を提供してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、自分に合ったサロンやクリニックを見つけて下さい。
腕脱毛を受ければ自己処理が不要となり、肌の状態も段々と改善されていくはずです。

美しさを磨くためにも顔脱毛を

人間の第一印象は顔によって決まることが多いと言われています。特に女性にはその法則(?)が当てはまるでしょう。

「人間は外見じゃなくて中身」と反論したいところですが、やはり顔の美しさで得をすることが多いのも事実。
それだけに、誰が見ても恥ずかしくないように肌の手入れをするのは当然です。

ところで、お手入れの時に邪魔になるのが、顔一面に生えている産毛——。

鼻の下にある産毛など、ヒゲに見えるので必ず剃ることになりますが、そうやって自己処理をしていると色素沈着などが起こりやすくなります。

また、産毛のせいで化粧のノリも悪くなりがちで、美しさを気にかける女性にとってはとにかく邪魔な存在です。

女性の中には悩みから逃れるため、サロンで脱毛してもらう人もいます。

かつて、サロンの顔脱毛は費用が安いとは言えませんでした。顔は特別な部位とされ、キャンペーンなどでもディスカウントの対象外だったのです。

ところが最近は脱毛がちょっとしたブーム。
技術が進歩したせいもあって顔脱毛の料金も下がり、気軽に施術できるようになっています。

とはいっても、初心者にとって脱毛というのは何となく不安を感じるものです。

そこでこのページではそんな人向けに、顔脱毛の情報やサロンの選び方について紹介してみることにしました。

以下の知識が産毛で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

現在の脱毛の施術について

まず現在、脱毛の施術はどういう形でおこなわれているか、簡単に述べておきましょう。

かつては脱毛といえば、プローブという電気針でムダ毛の毛根を一つ一つ破壊していく「美容電気脱毛」が一般的でした。

これは効果に関しては抜群なのですが、針を刺していくだけにかなりの痛みをともないます。
おかげで、世間の人に「脱毛は痛い」という印象が広まってしまいました。

いまではこの脱毛方法は「時間がかかりすぎる」ということもあって廃れ、レーザー系の光を用いた効率の良い方法が普及しています。

サロンで1番ポピュラーな方式は「IPL脱毛」と呼ばれるもの。肌にインテンスパルスライトという光(フラッシュ)を直接照射します。このライトはメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化するので、毛乳頭や毛母細胞といった部位に大きなダメージを与えてくれます。

IPLは元々美肌ケアのためにエステで用いられていたもので、ニキビ痕、赤ら顔、開いた毛穴、くすみなどに効果があります。
脱毛の施術でもこれらの効果は有効なので、肌の状態も良くなっていくわけです。

ただ最近は、新しい方式(SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法など)を導入するサロンも増え、施術方法もバラエティに富んできました。

それぞれ特徴が違うので、自分の好みに合ったやり方で脱毛しましょう。

施術できる箇所はサロン次第

顔脱毛について注意すべき点のひとつは、店によって施術できる部位が違う、ということ。

あるサロンのとったアンケートによれば、利用者が最も脱毛したい箇所は、眉間、鼻の下、アゴということですが、これら3つの部位も施術できるかできないかは店次第です。

たとえば、有名サロンの場合でも——

ミュゼ……鼻下、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

ジェイエステ……目元、鼻下、頬、口周り、顎、フェイスライン

という具合に、施術できる部位に制限があります。

ということで、宣伝などで「顔脱毛もオーケー」と書かれていても、こちらの希望する箇所が施術できるかどうかは分かりません。

せっかくサロンまで来たのに「そこはできません」と言われると手間とお金がもったいないので、事前に施術可能箇所についてチェックしておきましょう。

顔脱毛の平均費用はいくらくらい?

脱毛を決心し、いざ契約となった時、最も心配になるのは料金でしょう。

有名サロン20社のデータによると、顔脱毛の平均料金は「41,033円」ということです。

これを「高い」と考えるか「安い」と考えるかは、脱毛する女性の気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛はサロンばかりでなく、医療クリニックでも可能です。

こちらも平均価格を出してみたところ「131,325円」という値になりました。

つまり、医療クリニックで施術してもらうと、大体サロンの3倍以上の費用がかかるわけです。

10万円以上となると「ちょっと高い……」と感じる人が多いかも知れません。

ただクリニックには大きなメリットがあり、ムダ毛が一生生えてこない「永久脱毛」が可能です。

サロンかクリニックか、迷っている人も少なくないでしょう。
効果と料金を慎重に見極め、自分の目的に合う方をチョイスして下さい。

初心者にピッタリの「お試しコース」

最近のブームのおかげで脱毛人口は急増。各サロンでは盛んにキャンペーンを行い、より多くの顧客を獲得しようとしのぎを削っています。

多くの店が初心者向けに用意しているのが「お試し」。
サロンに馴染みのない人にはピッタリなので、まずはそれらのコースで脱毛を体験してみましょう。

もちろん、はじめから正規プランを契約してもいいのですが、サービスなどで不満が出てこないとも限りません。やはり、最初は「お試し」から始めるべきです。

なお、申し込みについてですが、店に電話で連絡するよりもネット経由で手続きする方がお得です。
特典がついていて、料金もぐっとディスカウントされる場合もあります。

まず気になる店のサイトをチェック。そして料金や条件を確認した上で申し込みましょう。

その後の手順についてですが、まず手続き時に予約した日にサロンへ行きます。

この時、最初にカウンセリングを受けることになります。費用はいらないので安心して下さい。

内容は、料金プランの内訳や脱毛についての詳しい説明など。ちょうどいい機会ですので、

「脱毛完了までどれくらい日数がかかるの?」
「施術に使われる機器の方式は?」
「永久脱毛は可能なの?」

など、こちらから質問してみましょう。

これだけで初日は終わり。後日、予約した上で施術を受けることになります。

施術の際は——

・スタッフの態度はキッチリしているか?
・痛みの程度は?
・術後に保湿ケアをしてくれるか?

などの点をチェックしましょう。

これで満足ならそのままプランの契約に移ればいいですし、満足できないならそのまま終了。後者の場合は他のサロンをチェックし、また「お試し」を体験することになります。

最近はサロンもどんどん数が増えているので、そのうち自分にピッタリの店に出会えるはずです。

顔脱毛なら「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛で評判を呼んでいるサロンを2つ紹介します。

まずオススメしたいのが「キレイモ」。ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美などのテレビCMでおなじみです。

キレイモの顔脱毛のいいところは、施術可能な部位が多いこと。他のサロンだと部位が制限されているので、わざわざキレイモで脱毛し直す女性もいるようです。

続いて推薦したいのが、「ジェイエステティック」。

ここでは「フェイス6」というプランが一番お得。1回の料金が2,500円というのですから驚きです。「なるべく安上がりに顔脱毛したい」という女性にはピッタリ。

またヒアルロン酸のジェルを用いているので、施術で熱を持ちがちな肌をしっかりとケアしてくれます。

「サロンが多すぎてどこにしたらいいか分からない……」という人は、ぜひこの2つの店をチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本的な情報をお届けしました。

これ以降は、脱毛に関する疑問点や、施術で注意すべきポイントを述べていきましょう。

歯の治療中は施術可能なの?

脱毛というのは意外に日数が必要で、お店に数ヶ月から数年間も通わなければなりません。何しろ長い期間なので、その間に虫歯など歯の治療を受ける人もいるでしょう。

そんな場合、脱毛と歯の治療がバッティングするため「何か問題があるのでは?」と気になります。

実際にサロンに聞いてみたところ、「通常の歯の治療なら問題はない」とのこと。

ただ、歯医者で処方された痛み止めを飲む場合、注意が必要です。

脱毛の施術では、ごくまれに「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こることがあります。
これは光の照射(フラッシュ)によって、かゆみ、むくみ、水ぶくれ等が生じる過敏反応のこと。

実は、痛み止めにはこの症状を誘発するものがあり、うっかり摂ると施術ができません。

トラブルを避けるためにも、痛み止めを飲んだらスタッフに申告するようにして下さい。

ちなみにフラッシュにより、虫歯の痛みが悪化する場合があります。痛みが心配な人は口に近い部位は後回しにしてもらいましょう。

また、脱毛と同時に歯列矯正を行っている人もいるかもしれません。
この場合、矯正器具に光が当たると熱が発生するケースもあるので、やはり口付近の施術は避けた方が無難です。

ただ器具がセラミックやプラスチック製の場合だと、問題なく施術できます。

このように色々な条件が考えられるので、必ず店の人と相談して施術を受けて下さい。

ニキビがあると脱毛できない?

脱毛の施術は高熱が発生するため、人によっては体調に影響がある場合もあります。そのため、施術に関しては様々な条件が課せられています。

例えば、肌が極端に乾いていると施術は不可。
また自己処理ができずにムダ毛が長いと、その部位の施術はできません。

では、ニキビがあるせいで施術できない、ということはあるのでしょうか?

調べてみるとそんなことはなく、サロンの大部分で施術は可能です。

というのも、サロンの光脱毛器はエステの美肌用マシンを改造したものなので、肌に照射しても害を及ぼすことはないからです。

機器で照射されるIPLという光は、メラニン色素にぶつかって熱エネルギーに変わり、毛根に大きなダメージを与えます。ニキビやニキビ跡には反応しないので、高熱が生じることもありません。

ただ炎症が進行していると、IPLによって症状が悪化することがあります。そんな場合、ニキビ付近の施術は後回しになるでしょう。

スムーズに施術を進めるためにも、ニキビはしっかりケアしておきましょう。

脱毛で、シミやそばかすができる?

現在、サロンやクリニックで脱毛に用いられるのは、メラニン色素だけに反応する特別な光です。

「そんな光を肌に照射したら、色素が沈着してシミなどができるのでは?」と不安を覚える人もいるかもしれません。

確かに太陽による日焼けは、肌トラブルの原因のひとつです。サロンのIPLも光として強烈なので、太陽と同じように肌にトラブルを起こすのでは、と勘違いしがちです。

しかし上で述べたように、サロンの脱毛機はエステで美肌ケアのために使われてきたもの。決して、肌に対して大きな損傷を与えるものではありません。

「でもネットでは『顔脱毛をやったせいでシミができた』っていう口コミを見かけるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

この現象については、2つの理由があげられます。

まず、肌の奥に隠れていたシミが、ターンオーバーのせいで表面にあらわれた、というもの。

施術を受けたせいで新陳代謝が促進され、奥にあったシミが表面に出てくることは珍しくありません。

ただ、大部分のシミはターンオーバーがさらに進むことで消えてしまいます。

あと施術によって乾燥した肌に傷がつき、それが痕になって残ってしまう場合。これをシミだと思い込む人がいます。

こんなことを避けるためには、施術後のケアが肝心。しっかりと保湿を行いましょう。

いずれにせよ、脱毛が原因でシミや傷ができるわけではありません。
施術の際も安心です。

施術に行く時は、スッピンでないといけない?

初心者にとって、不安のタネのひとつは、

「顔施術に出かける時は、スッピンでないといけないのか?」

ということ——。

「素顔でも全然大丈夫」という10代の学生ならともかく、普段メイクをバッチリ決めている女性にとって、「自宅・職場からサロンに着くまでスッピンでいろ」というのは結構つらいことです。

結論を先に述べると、メイクをして店に出かけても大丈夫です。

サロンには専用のブースがあり、そこで化粧を落とすことが可能。またサロンによっては、スタッフが無料でメイク落としをしてくれるところもあります。

ただ、いくらサロンでメイクオフができるからといっても、あまりにしっかりと化粧をしていくと、それを落とすだけで時間がかかります。

いつもよりも化粧は抑え、余裕を持って施術に臨みましょう。

以上、顔脱毛についての知識や、おすすめのサロンについて述べてきました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの知識を参考に、自分にピッタリのサロンを見つけて下さい。顔脱毛をすることで、肌の状態も良くなっていくはずです。

ワキ脱毛をやめるために

自己処理をやめるためにワキ脱毛を

最近の日本の夏は熱帯並みの暑さ。
容赦なく照りつける強烈な太陽の下では、「ノースリーブではないとやっていられない」という女性も少なくないでしょう。

ただ、その時に注意が必要なのがワキのムダ毛です。

処理がキッチリできていないと、腕をうっかり上げた時に他人にのぞかれてしまい、赤っ恥をかく羽目になります。

ただ、毎日のワキ毛の処理というのは結構面倒です。カミソリを使っているとすぐにブツブツが目立ってきますし、毛抜だと痛みがあり、処理自体がイヤになります。

「自己処理をやめるためにサロンで脱毛しようか」

そう思案している女性も少なくないでしょう。でも脱毛初心者にとって、サロンに通うというのは結構勇気がいるものです。

「脱毛が終わるまでに何回施術する必要があるの?」
「痛みがあるという噂だけど本当?」
「全部の料金はいくらくらいかかる?」

結局、これらの疑問が障害になり、サロンとは無縁なまま自己処理をやっている、という女性が多くなっています。

そこで、このページではワキ脱毛の特徴・料金、そしてサロンの選び方について紹介し、初心者の疑問を解決してみることにしました。

以下の情報が、ワキ毛で悩んでいる人の一助になれば、と思います。

そもそも「脱毛」はどんなもの?

ワキ脱毛について色々紹介する前に、「脱毛とはそもそもどういうものか?」ということを説明します。

サロンや医療クリニックでの「脱毛」というどういうイメージを持たれるでしょうか?

「特殊な器具を使って、1本1本毛を抜いていくやつ?」と答える方もいるかもしれません。

実際、昔はそんな方法を取っていましたが、今ではもっと効率的になっています。

あと大事なポイントは、施術のターゲットとなるのがムダ毛そのものではなく、皮膚の中の毛根部分だということ。

サロンやクリニックでは特殊な機器が設置されており、それで光を照射することで毛根に影響を与える、という方法をとっています。

その光とは、IPLやレーザー。
いずれもメラニン色素だけに反応し、そこで熱に変わるという特徴を持っています。

具体的にいうと、ムダ毛のある肌に光を照射。
すると毛根部分が高熱に包まれ、毛乳頭や毛母細胞などの発毛組織が大きなダメージを被るのです。

これは画期的な発明でした。
おかげで脱毛は一気に手軽なものとなり、脱毛人口も急増。
最近ではVIOなどの特殊な脱毛を行う人も多くなっています。

その中でもワキは最も人気のある部位。やはり、夏になると露出する機会が増えるので、「処理をするならまずワキ」と思う女性が多いのでしょう。

また、ワキは汗腺が集まっている部位でもあります。そのために老廃物などが他の部位よりも蓄積しやすく、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎といった厄介な症状が起こりやすいと言われています。

ワキ肌の良好な状態を保ちたいなら、一刻も早くムダ毛を脱毛し、肌に悪い自己処理はキッパリやめてしまう方が無難です。

ワキ脱毛の詳細 施術回数、料金、痛みについて

上記の文章で、ワキ脱毛の長所がお分かりになったと思います。

「サロンで施術をしてもらいたくなった」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンに行くとなると、以下のような点が気にかかるかと思います——

・施術完了まで、どれくらいの回数が必要?
・最終的な料金の総額は?
・施術時の痛みはあるのかないのか?

以上のポイントについて、順番に説明していきましょう。

まず最初に施術回数です。脱毛というのは1回や2回くらいでは終了しません。何年にも渡ってムダ毛が生えてこないようにするには予想以上に長い時間がかかります。

特にワキは集中的に太い毛が生えているうえに、他の部位よりも毛根部分が深く、顔や脚よりも施術の回数が増えてしまいます。

もちろん個人差は大きいのですが、完了まで12回から18回は最低限必要でしょう。

続いて料金についてです。これはサロンによって様々としか言えません。歴史のある高級サロンの中には、少しの施術でとんでもない料金をとるところもあります。

ただ、ワキ脱毛に関しては普通のサロンなら値段は安め。驚くほどの高額ではありません。

「その中でも特にリーズナブルな店はないだろうか」と考えてネットでチェックしてみると、ぜひおすすめしたい店が見つかりました。

それは「ミュゼ」。全国にチェーン展開をしているサロンです。

おすすめは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。料金はたったの100円というから驚きです。

これだけの安価で施術してくれるところは他にはありません。脱毛が初めて、という人には最適と言えます。

さらにミュゼのメリットは、料金だけに限りません。

実は、サロンでの脱毛というのはフラッシュによって高熱が発生するため、どうしても多少の痛みがあります。ミュゼはそれが軽減するように努力しているのです。

具体的に述べると、他のサロンの多くがIPL方式の脱毛機を使用しているのに対し、ミュゼはSSC方式の機器を採用しています。

IPL方式はキセノンランプというものを使い、肌にインテンスパルスライトを当てます。

一方、SSC方式で使うのはクリプトンライト。

キセノンランプはそれ単独で脱毛効果があるのですが、クリプトンライトにはその効果がありません。

ではどうやって脱毛するのかというと、照射の前に専用のジェルを塗ります。

ここにクリプトンライトを照射すると毛根部分が損傷され、発毛が抑制されるのです。

SSC方式の最大の長所は、光そのもののパワーは弱くても大丈夫、という点。
ジェルとの組み合わせで脱毛効果を発揮するため、高熱にする必要がありません。
したがって痛みも軽くなります。

「痛みがあるので脱毛はイヤ」という女性もいるようですが、ミュゼならば痛みを感じずに施術してもらえます。

ワキ脱毛で失敗しないためには?

「ワキ脱毛なら色々な点でミュゼがおすすめ」と説明しましたが、お住まいの場所によっては支店がない場合もあるでしょう。そんな時は、他の店舗と契約しなければなりません。

ただ、近年は脱毛ブームのせいでサロンの数が増えています。初心者は目移りしてしまい、どこを選べばいいのか判断に困ります。

料金に関しても各サロンが毎月キャンペーンを行っているのですが、プラン設定が複雑で、どれがお得なのかいまいちよく分かりません。

そこでサロンを選ぶ際、注意すべきところを3つほどあげてみます。

施術可能回数が一桁のサロンは避ける

脱毛については誤ったイメージが流布していて、たとえば1回施術を行えばその部位のムダ毛はずっと生えてこない、と勘違いしている人がいます。

実際は1、2回くらいでは、脱毛の効果などほとんどありません。確かに施術後10日くらい経つとツルツルの状態にはなりますが、そのうちに新しい毛がドンドン生えてきてしまいます。

発毛を阻害するには、IPLやレーザーといった特殊な光を長い期間(数ヶ月から数年)に渡って照射し続けなければなりません。

しかもワキのように毛が密集しているところだと、上述したように12回から18回ほどの施術がどうしても欠かせないのです。

ですから「料金が安い」という単純な理由で施術回数が少ないプランを選んでしまうと、結局は脱毛が契約内に終わらず、さらに別料金を出して追加施術をしなければならない、ということもあり得ます。

最終的に安価に脱毛するためには、あまりに回数の少ないプランには惑わされず、施術回数に余裕のあるコースを選びましょう。

返金制度や施術期限には要注意

ワキのムダ毛を処理するには、最低3年間は施術を受ける必要があります。

しかし一旦サロンに通いだしても、何らかの都合から中途解約する場合もあると思います。

その場合、店側は当然嫌がります。契約の条項をタテに、返金額をなるべく抑えようとするでしょう。

ただ中には「1年以内なら全額を返金します」という良心的なサロンもあるようです。

「ひょっとしたらサロン通いをやめるかもしれない」という人は、契約前に必ずその条件について聞いておきましょう。

またサロンの中には、施術期間にリミットを設けているところがあります。その場合、契約から何年か経つと施術が不可となります。

「全額払ったのに施術ができない」となると泣くに泣けませんから、リミットがあるかどうか、事前にチェックしておくことが大事です。

いずれにしても「ワキ脱毛は時間がかかる」ことを理解し、なるべく回数や施術期間に制限のないコースを選んで下さい。

施術後のケアがあるかどうか

夏になるとワキの露出も多くなるため、見栄えをなるべくよくしたいもの。ムダ毛だけではなく、黒ずみなどの肌トラブルも改善した方が安心です。

肌の状態を良くするには、しっかりと潤いを保つことが欠かせません。

脱毛サロンの中にはそれを考慮し、施術後の保湿サービスをやってくれるところもあります。

こうした店なら、ムダ毛処理だけでなく美肌効果も行えますので、一石二鳥。

施術後の毛穴はどうしても熱を持つため、肌は乾きがちに。
肌トラブルで悩まないためにも、保湿サービスに力を入れているサロンを選んだ方がいいでしょう。

脱毛サロンと医療クリニックの違いについて

脱毛はサロンだけが行っているわけではありません。料金は高めになりますが、医療クリニックでも脱毛は可能です。

サロンでのメインの施術方法が光脱毛(フラッシュ脱毛)なのに対し、クリニックで主に行われているのはレーザー脱毛。

「メラニン色素に反応する光を肌に当て、ムダ毛の毛根部分にダメージを与える」という点で、脱毛の原理自体は全く同じです。

ではどういう差があるのかというと、毛根部分に与えるダメージの大きさです。

レーザーの光は波長が長く、そのパワーは強烈。毛根の組織は徹底的に破壊され、いわゆる「永久脱毛」も可能です。その点でIPLとは比べ物になりません。

また施術回数においても、サロンだと10回以上かかるところ、クリニックでは数回くらいで完了してしまいます。

もし「短期間で脱毛を終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛を行う方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛は料金がリーズナブルなの?

ワキ脱毛というのは、他の部位と比べてぐっと料金がリーズナブルです。それだけ気軽に契約でき、初心者は最初の脱毛部位をワキにすることが多くなっています。

では、なぜ料金が安いのでしょうか?

最初の理由としては「ワキの面積が狭い」ということがあげられます。

サロンでは面積によって料金が決められることが多いので、元々ワキは安価なパーツなのです。

そして第2にあげられるのは、サロン側の”戦略”。

初心者はまずワキを脱毛する傾向があるため、「その価格を下げることで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしても、ワキというのは人気のある部位です。サロンの技術も分かるので、脱毛するならまずワキを選びましょう。

脱毛完了後、効果に満足できない時は?

サロン通いの末、脱毛がようやく完了。ところがその結果に満足できない——。

こんな時はそのサロンで施術を続けることもできます。
ただ追加料金がかかるので、出費が結構な額になります。

また、その店で継続せずに、他のサロンへ改めて行き直すという手もあります。しかしこの場合はカウンセリングからやり直す必要があるので、時間と手間がムダに……。

とにかく肝心なのは、施術回数、及び期間に余裕を持つこと。
上記のような事態を避けるためには、まず最初に12回以上のプランを選ぶのが無難な方法です。

脱毛の結果、ワキ汗が増えるって本当なの?

最後に、ワキ毛処理後の”ある噂”について、書いておきます。

実は口コミサイトをチェックしていると「ムダ毛をサロンで脱毛してから、ワキ汗が増えてしまった」という感想がいくつか投稿されています。

こんなことが本当にあるのでしょうか?

答えを先に述べてしまうと、そんなことはありえません。

ではなぜ「ワキ汗の量が増えた」と思ってしまう人がいるのでしょうか?

ネットで調べてみると、その理由というのは——

「汗をせき止めていたワキ毛がなくなることで、汗の流れを肌で感じる機会が増えたから」

ということのようです。

つまりこれは単なる感覚の問題で、出る汗の量自体は脱毛前と変わりません。汗が流れる感覚もそのうち当たり前になり、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、色々な観点から、ワキ脱毛の特徴、そのメリット、あるいはサロンの選び方について紹介してきました。いかがだったでしょうか?

説明してきたことを参照しながら、ぜひお気に入りのサロンを見つけ、ワキ脱毛に挑戦してみて下さい。
ワキへの他人の視線が気にならなくなり、肌の状態まで良くなっていくはずです。

「脱毛」と「除毛」

「脱毛」と「除毛」

「脱毛」と「除毛」の違いとは?

ムダ毛処理について、よく「脱毛」といわれたり、「除毛」という言葉が使われたりします。

その時々によって適当に口にする場合が多いのですが、厳密には違う意味だということを知っていましたか?

まず脱毛ですが、これは毛根から毛を取り除くこと。つまり、毛抜きで毛を抜いたり、サロンや医療クリニックで施術してもらうのが「脱毛」です。

一方、除毛というのは肌の表面に出ている毛を処理すること。男性がヒゲを剃ったり、女性が足などの産毛をカミソリで処理するのはこちらに当たるわけです。

ムダ毛処理用のクリームを「脱毛クリーム」と呼ぶ人もいますが、これは厳密にいうと間違い。
あくまで肌の表面に出ている毛を溶かすだけですから、「除毛クリーム」という方が正確です。

脱毛と除毛、どちらがいいの?

「脱毛」は毛根も含めて毛を取り除くこと、そして「除毛」は肌の表面の毛を除去することです。

では、ムダ毛を処理する時は一体どちらがいいのでしょうか?

答えを先にいってしまうと、おすすめは「脱毛」です。

除毛に使われる器具はカミソリや除毛クリームですが、これらは手軽に使えるものの、どうしても肌に大きな負担をかけてしまいます。

一方脱毛の方は、専門のサロンやクリニックで処理してもらえば肌への負担が少ない上、その後の除毛作業が不要になるため、肌のコンディションがそれだけ良くなります。

確かにお金と手間はかかりますが、肌の美容を考えるなら脱毛がおすすめです。

川口の人気脱毛サロンランキングTOPへ

痔だとOラインの脱毛ができないの?

最近流行っている

痔だとOラインの脱毛ができない?

以前はサロンや医療クリニックでの脱毛はワキや足が中心でしたが、最近流行っているのがVIO脱毛。
デリケートゾーン、つまりアンダーヘアの脱毛のことです。

VIOというのは3つの部分を指し、Vは「ビキニライン」、Iは「大陰唇や小陰唇の周辺」、Oは「肛門の周辺」。

実は、デリケートゾーンは普段下着でおおわれているために蒸れやすく、衛生状態がよいとはいえません。アンダーヘアをなくせばその蒸れも改善されるため、清潔さも保ちやすくなります。そのためにわざわざ施術してもらう女性も多いのです。

サロンで施術体験を受けた時、説明を聞いてVIO脱毛の契約をする人もいるようですが、ネットでVIO脱毛を検索してみると、「痔の症状があって、Oラインの施術を断られた」という体験談が載っていました。

これは本当のことなのでしょうか?

色々と調べてみると、どうやら事実のようです。

痔というのは日本人の3人に1人がかかっているそうです。軽い症状の人がほとんどなので甘く見がちですが、肛門という部位が炎症や出血を起こしているわけですから、立派な病気です。

脱毛の施術に使われるのは、サロンではIPL(インテンスパルスライト)脱毛が一般的です。これはメラニン色素に働きかけ、毛根を弱らせて脱毛効果を得ます。この時熱エネルギーで組織にダメージを与えるので、どうしても毛穴やその周辺が軽いやけど症状におちいります。

炎症を起こしている痔の近くがそのようなやけど状態になると、当然悪い影響を与えることになります。下手をすると重篤な症状につながりかねません。

痔の症状がある場合はOラインの施術ができない、というのも、その点で当たり前のことなのです。

川口の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛 蕁麻疹

肌トラブル

脱毛後に発生する肌トラブルとは?

脱毛というとどうしても痛みがともなったり、日焼け肌だと施術が不可能だったりしました。

ところが最近では、低温で処理する「ハイパースキンカレン脱毛」、毛乳頭ではなくバルジという部位にダメージを与える「SHR脱毛」などの新しい脱毛機器が開発され、以前よりもはるかに利用する人が増えています。

それにつれて多くなってきたのが、施術後の肌トラブルです。

最も多いのが、脱毛器で処理してもらった後、肌が赤くなり、かゆみが生じるというもの。

脱毛サロンで一般に使われているIPL(インテンスパルスライト)脱毛、それに医療クリニックで使用されるアレキサンドライト、ダイオードなどのレーザー脱毛は、どちらも同じ原理で脱毛を行います。

光エネルギーによって黒色素のメラニンに働きかけ、毛根を弱らせたり死滅させたりするのですが、その時高熱が発生するため、どうしても毛穴やその周辺が軽いやけど状態になってしまいます。肌が赤くなるのはこのためです。

またしばらく熱がこもってしまうため、肌は水分を失って乾燥します。
そのためにかゆみが生じるというわけです。

これらの症状はすぐに治まりますが、施術後すぐに入浴したり、激しい運動で汗をかいたりすると菌が毛穴に入り込み、毛嚢炎(もうのうえん)やジンマシンが起こることもあるので注意が必要です。
くれぐれも、施術後は肌のケアを怠らないようにしましょう。

もし肌に赤みやかゆみが生じるのが嫌だったら、IPLやレーザーによる脱毛は避け、上述のハイパースキンカレン脱毛器やSHR脱毛器を使っているサロンを選ぶべきです。

川口の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛中学生

サロンで脱毛

サロンで脱毛する中学生が増えている

小学校高学年から中学生頃になると思春期に入り、男女とも体に大きな変化が現れてきます。

なかでも見た目で変化がわかるのが毛の生育です。腕や足の毛が濃くなるだけでなく、脇毛や陰毛も生え始めて、徐々に大人の兆候を見せていきます。

ただ、恋愛への憧れが高まり、自分のルックスに敏感になる時期だけに、これらの毛が本人にとって悩みとなる場合もあります。

特に成長の早い子は毛のことを友達や異性にからかわれることもあり、それがコンプレックスとなるケースが多いようです。

実はそのコンプレックスを解消するために、現在脱毛サロンに通っている中学生が増えています。

「中学生がサロンに?」と驚く人も多いでしょうが、最近はサロン通いをする母親も多いため、自然に「自分もサロンで脱毛したい」と思ってしまうようです。

実際、ミュゼプラチナ、ビー・エスコート、エピレ、RINRINといったサロンでは、中学生の脱毛を受け付けています。

もちろん施術にあたっては必ず親権者の同意・同伴が必要なのですが、ミュゼプラチナやKIREIMOといった店は同意書だけでオーケー。ビー・エスコート、レイビスといったところは、初回だけ親が同伴すれば後は一人でもオーケー、としています。

こうして選択肢も広がっていますので、中学生の脱毛サロンの利用はさらに増えていくかもしれません。

確かに脱毛の施術料金は安くありませんし、お金の余裕があっても「中学生には早すぎる」というので、頭から許可しない親御さんも多いでしょう。

ただそれでお子さんがムダ毛のコンプレックスから解放されるのなら、必ずしも無駄にはなりません。考慮してみるのも良いことだと思います。

川口の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロン c3

脱毛する女性

今注目の脱毛専門店・全身脱毛のC3(シースリー)について

脱毛する女性が増えるに従って、施術してくれるサロンの数も増えてきました。
様々な人気店がしのぎを削っていますが、最近特に注目を浴びているのがシースリーという脱毛専門店です。

シースリーの最大の特徴は、何といっても値段が安いこと。

料金プランは——

・月額制
・回数制
・プレミアム脱毛コース

の3つなのですが、最初の月額制の料金はわずか5,800円です。

サロンというと月額1万円前後というのが普通でしょう。その半額ほどの5,800円というのは、圧倒的にリーズナブルです。

しかもシースリーの月額制プランは、「永久メンテナンス無制限脱毛し放題コース」と名付けられていて、回数無制限で施術を受けることが可能。

これはどういうことかというと、料金を全額支払ったあとは一生涯脱毛のメンテナンスを受けることができるのです。もちろん追加料金は一切なし。

実はサロン脱毛というのは、医療クリニックと違って永久脱毛の施術が許されていません。脱毛するといってもあくまで効果は限定されており、2年から5年経つと必ずムダ毛は復活してしまいます。

ですから、サロンで脱毛したとしても、その状態を維持したいなら再び施術を受ける必要があり、普通の店ではその度に料金がかかってしまいます。

ところがシースリーなら「脱毛品質保証書」という証明書を発行してくれるので、支払いが終わった後もそれを見せれば無料で施術が可能。これならずっとムダ毛で悩むことはなくなります。

安価で脱毛処理をしたい人は、ぜひシースリーの公式サイトをチェックしてみて下さい。

川口の人気脱毛サロンランキングTOPへ