脱毛コラム

メンズ脱毛サロンを賢く選ぶ方法とは?

欧米では、セクシーな男性を選ぶアンケートで、ラテン系の毛深い俳優がベストテンに選ばれることが少なくありません。「胸毛がすごく色っぽい」「スタミナが抜群な感じがする」などと答える女性もいますが、日本ではこんな意見は少数派。
体毛がボーボーの男性は不潔なイメージがあり、モテるタイプとは思われていません。

中には指に毛が生えているだけで不快だ、という女性もいて、「モテるにはムダ毛を処理しなければ」と男性が考えるのも当たり前かもしれません。

偶然、いまはちょっとした脱毛のブームです。男性の間で施術してもらう人が多くなっているのも、そんなブームの後押しがあるからでしょう。

ただ男性はサロンには縁がないのが普通です。「一度チャレンジしたい」という人は増えているものの、様子がわからないために、二の足を踏んでいるケースも多くなっています。

そこでこのページでは脱毛初心者のために、メンズ脱毛サロンの特集を組んでみることにしました。脱毛技術の詳細、選び方のポイントについて述べていきますので、脱毛にトライしたい男性は、ぜひ参考にして下さい。

光脱毛とはどんなものか?

光脱毛
現在でも脱毛と聞くと、「針に似たツールを毛穴に差し込み、電気で毛根を焼く」という施術場面を想像する人がいるようです。

実はこういうイメージはそれほど間違ってはいません。脱毛士は実際に、使い捨ての針状の電極を毛穴に挿入するという方法で、施術をおこなっていたのです。

ここで脱毛について、ちょっとだけ歴史を紐解いてみましょう。

古代文明とともに脱毛は始まった

人間は文明を築くとすぐにキレイな肌への関心を高め、脱毛をおこなうようになりました。文献によると、紀元前3000〜4000年頃の古代オリエントや地中海地方では、硫黄、石灰などを材料とする脱毛剤をすでに発明していたようです。

そして紀元前1500年ごろになると、油、蓮の葉、カバの脂肪などを使った脱毛剤がエジプトで考案され、あの世紀の美女・クレオパトラも薬を用いてムダ毛の処理をしていました。

以後近代を迎えるまで、脱毛は美意識の高い女性に取って欠かせない美容術でしたが、その方法というと、カミソリ・毛抜のような器具か、その当時の天然由来の薬剤を使うだけで、とりわけ新しいものは見当たりません。

電気を応用した脱毛が始まる

しかし、電気の底知れない力が注目された19世紀末、ようやく脱毛にも新しい技術が取り入れられます。そのスタートとなったのが、アメリカの医師チャールズ・ミッチェルが生み出した「電気分解脱毛法」でした。

1869年、セントルイスの眼科医だったミッチェルは、逆さまつ毛の除去のために電極(プローブ)を使い、毛根に含まれる水酸化ナトリウムの凝固化を試みます。これは幸いうまくいき、逆さまつ毛が伸びなくなりました。

1875年になってミッチェルがこの方法についての論文を発表すると、やはり電極でムダ毛処理をおこなう医師が現れ、「電気分解脱毛法」は合衆国全域に普及していきます。
しかし、この方法はプローブをひとつひとつの毛穴に入れていくため、非常に手間と時間がかかりました。

それでも、ずっとツルツルの肌が維持できるためにこの方法は注目され、改良されたマシンが日本にも輸入されました。そして「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と名付けられ、当時1番人気のある脱毛方法となったのです。

特殊な光線を用いた方法が登場

やがて、この美容電気脱毛の欠点を解消する方法が生み出されます。それが光線を活用した脱毛方法です。

この方法は、毛根に直接触れずに脱毛する、という点が革命的でした。波長をアレンジされた特別な光線は、決まった色だけに作用する特性を持っています。これによって、ムダ毛に含まれるメラニン色素にその光線を吸収させます。
すると光は熱エネルギーへと変化し、その熱で発毛機能がストップするのです。

この光線を使った脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2つに大別できます。

そして大部分の脱毛サロンで使われているのが、光脱毛です。

光脱毛にはどんな種類がある?

ここで光脱毛について、もう少し細かく解説しましょう。

光脱毛にはいくつかの光線が用いられますが、ほとんどの光線は発射されると毛の成分であるメラニン色素に吸収されます(この時、周辺の肌には直接的な影響を与えません)。

この吸収により光線は熱エネルギーに変化。その熱が発毛機能に損傷を与え、毛が産生されなくなるわけです。この熱のせいで毛も抜けていき、施術を日数をかけておこなうことで部位全体の毛が処理されます。

現在、光脱毛の方式には以下の4つがあります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「ハイパースキン法」
「SHR方式」

それぞれの特徴をざっと述べましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで1番導入されている脱毛方法です(店舗によっては「フラッシュ脱毛」とも呼ばれています)。光線は毛を生み出す毛乳頭とその周辺の細胞に影響し、2、3ヶ月に1回施術しているうちに、段々と効果があらわれてきます。

問題は施術時に少し痛みがあること。ただパチンと輪ゴムで叩かれるような感じで、別に強烈な痛みではありません。

次にSSC方式。この方式の特徴は照射される光線にあります。IPL方式では光源としてキセノンランプを使用し、IPL(インテンスパルスライト)を照射します。一方、SSC方式では、クリプトンライトという光を用います。

インテンスパルスライトの場合、単独の脱毛が可能ですが、クリプトンライトはそれだけでは普通の光と変わりません。

では、どうやって発毛をストップさせるのかというと、まず施術したい部位に専用のジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを当てると毛根が損傷を受け、毛の産生が阻害されるのです。

SSC方式の最大の利点は、ライトのパワーが多少制限されていても問題ない、というところ。ジェルの補助として用いるため、高熱でなくてもオーケーです。したがってIPL方式よりもさらに痛みが軽減されます。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」。この2つは新しい発想で生まれた脱毛方法です。両方ともバルジ領域という部位を弱体化するところが、これまでの方法と違っています。

特にハイパースキン法は、メラニン色素と無関係に脱毛できる点がメリットです。ライトの温度が体温とそんなに変わらないため、施術時の痛みがありません。ですから、痛みが苦手な人や子供さんでも施術ができます。

光脱毛はどういう点が医療脱毛と違うのか?

どういう点が違うのか?
これまで、脱毛方法の歴史、及び光脱毛全般について述べてきました。そこで説明した通り、現在では大部分のサロンで光線を使った脱毛がおこなわれています。

ところで、医療脱毛クリニックの方ではもっぱら「レーザー脱毛」という方法が使われています。これは光脱毛とどういう点が違うのでしょうか?

レーザー脱毛というのは、文字通りレーザーライトを照射する脱毛方法です。もともとレーザーは、波長を変えると違う色に作用する特性を持っています。つまり、対象とする物体に色がついているなら、それに合わせて波長をいじることでピンポイント的にダメージを与えられるわけです。
医療現場では、しばらく前からこの現象を利用した手術がおこなわれています。

では、光脱毛とレーザー脱毛の違う点はどこか、というと、発毛器官を損傷する破壊力にあります。

サロンの光よりはるかに波長が長いレーザー光は、皮膚の奥にある毛根部分に確実に届きます。そのため毛乳頭などの発毛器官は100%破壊される場合が多く、施術効果が一生継続する確率が高くなります。

それだけレーザーライトの力は強烈で、医師でないと器械を操作できません。

ただレーザーは照射時の痛みが強く、肌の敏感な人は炎症などの肌トラブルが起こる可能性もあります。

光脱毛の良いところ・悪いところ

良いところ・悪いところ

良いところ

最初に指摘したい光脱毛の利点は、何と言っても費用が安上がりなこと。

クリニックと比べると、パーツによっては1回の料金が半額以下ですむ場合もあります。

また、サロンの脱毛士には特別な資格はいりません。すでに書いたように医療レーザー脱毛の場合は医師でないと施術できませんが、サロンならどんなスタッフでも器械の操作が可能。つまり、より多くの客に施術できるので、医療クリニックのように「契約したのに、中々予約が取れない」という面倒な事態が避けられます。

2番目の利点は、肌への負担が少なく、照射時の痛みがほとんどないこと。そのため、痛みに敏感な人、肌の弱い人には最適です。

レーザー脱毛は、レーザーの威力が強いので施術時の痛みも激しくなります。そのため、部位によっては笑気麻酔などの麻酔を用いることもありますが、光脱毛ではそんな面倒はいりません。

麻酔を用いると追加料金がかかるクリニックが多いので、その点でも安心です。

そして最後の利点ですが、光脱毛には色々なコースとプランがあるため、自分の望みに沿った施術内容にできます。

部分脱毛にするか全身脱毛にするかはもちろん選べますし、サロンによってはエステコースを付加できるところもあります。

悪いところ

光脱毛は「脱毛」という名称ではありますが、実際は「減毛」「抑毛」という方がふさわしく、施術後、部位は一生ツルツルのまま、というわけにはいきません。

ただ、毛がまた伸びるにしても、本数が減ったり細くなったり、毛の産生の勢いが衰えたりするので、施術がムダになることはありません。

また光脱毛は、レーザー脱毛に比べて施術完了までの日数が長くなります。

光脱毛は1回光を照射しただけでは、効果はあまりありません。
継続して施術した結果ようやく効果があらわれ、コースによってはその日数がレーザー脱毛の数倍もかかります。

完了までの日数があまりに長いと、レーザー脱毛よりも施術料が高くなることもあるため注意が必要です。

そしてもうひとつの欠点に、薄い色の毛や産毛は効果が実感しにくい、ということが挙げられます。

これらの毛はメラニンそのものが少なく、光線を吸収しにくくなっています。そのため、施術に効果がないことがあり、他の脱毛方法に頼る必要が出てきます。

サロンを選ぶ時、どんな点に留意する?

どんな点に留意する?

料金システムに注意

サロンは色々な種類の店があるだけに、料金体系も多種多様です。ただ大別すれば、「月額制」と「ローン」の2種類になります。

コストを節約したい場合は「月額&定額制」をチョイスしがちですが、施術が長くなるとかえって総額がはねあがることもあります。

また「月額制、回数無制限」だとお得なイメージがあります。
しかし、回数によってその値打ちは違ってきますし、「1回あたりの時間」も把握すべきポイントです。

たとえば施術が1週間に1度で、1回あたり10分だと仮定すれば、「1ヶ月40分」が施術の合計となります。40分でどれくらい施術できるかによって、そのコストがお値打ちかどうか、判断がつきます。

また、有名サロンは予約が殺到するため、予定通りに施術できないケースが多いようです。

行き始めてからガッカリしないためにも、契約前に情報を調べておきましょう。

希望部位の料金に注意

サロンで「〇〇を施術すると、料金はいくらですか?」と訊くと、「通常は〇円です」とスタッフが返答してくれると思います。ただ女性客ばかりのサロンだと、その答えには注意が必要です。

というのも男性は女性よりも毛が太く、量も多いため、通常料金よりも高額になることが多いのです。

しっかり毛の量と質を調べて、正確な見積もりを出してくれるサロンもあるかもしれませんが、普通は女性より高くなりがち、ということを忘れないでください。

「追加料金」が必要?

ローンや月額制でのコストのほかに、追加料金が要る場合があるのかどうか、しっかり調べておきましょう。

例えばサロンだと、ケア商品を家で使うように勧められることがあります。その料金がコース料金に含まれるのか、知っておくことが大切です。

延長料金はどうなっているか?

契約分、施術してもらったものの、結果に不満足な人は、追加施術を受けられます。

その際、最初から追加施術の料金が決められているサロンがあります。その料金があまりに高いと困るので、あらかじめ聞いておいた方がいいでしょう。

以上、男性の脱毛初心者のために、メンズ脱毛サロンの情報を細かく紹介してみました。

現在、脱毛はポピュラーなものになっています。サロンの競争も激しく、新しい客を獲得しようと懸命です。
キャンペーンもよくおこなわれているので、公式サイトなどを調べて、お得に施術してもらいましょう。

後悔しない医療脱毛クリニックの選び方とは?

昔は「悪質な勧誘がある」「施術が痛い」といったイメージがあった脱毛ですが、近年は行政による規制強化や脱毛技術の向上もあって面目が一新されました。さらに料金の値下げもあって、ブームといいたいほど客層が広がっています。
有名人を起用したテレビコマーシャルや電車内の広告などを見て、「自分も脱毛にチャレンジしたい」と考える人も少なくないでしょう。

脱毛すると決心したら、脱毛サロンか医療クリニックに出かけて契約をし、部位によって数ヶ月から数年、そこに通い続けることになります。
安いという点に惹かれて、以前はサロンと契約する人が多かったのですが、最近は医療クリニックの利点も知られるようになり、どちらにするか迷う人もいるようです。

そこでこのサイトでは、脱毛に挑戦したい人向けに、医療クリニックの情報を紹介することにしました。
そのメリット・デメリット、施術に使われる技術、クリニックを選ぶ際のポイントなどについて、色々と解説していきます。

医療クリニックでの脱毛はどんなもの?

医療脱毛はどんなもの?
上述の通り、脱毛してもらおうと思ったら、サロンか医療クリニックのどちらかに足を向ける必要があります。
両方とも専用機器で施術をおこなう点は同じなのですが、もちろん相違点もずいぶんあります。

では医療クリニックの特徴とは、どんなものなのでしょうか?

1)レーザー光線で脱毛する

医療クリニックの最大の特徴は、レーザー光線で脱毛をおこなう、という点です。

このレーザーを使った脱毛テクノロジーは、ハーバード大教授ロックス・アンダーソンが発表した「選択的光熱凝固理論」に基づくもので、古代オリエントから続くと言われる脱毛の歴史に大きな変化を起こしました。

それまでの脱毛手段は「ニードル脱毛」(または「美容電気脱毛」)というものが中心で、特殊な針(プローブ)を使っていました。これは1875年、アメリカの眼科医チャールズ・E・ミッチェルが逆さまつ毛の処理に用いたのが始まりで、プローブを毛穴に挿入し、微弱な電気を流して発毛をストップします。

この方法は効果抜群なのですが、なにしろ毛穴に手作業でプローブを入れていくために時間が必要で、それだけ費用も高くなってしまいます。
しかも痛みがひどく、施術時にはかなりの忍耐を強いられます。

この状況を革命的に変えたのが、レーザー脱毛の登場でした。

その名前の通り、レーザー脱毛はレーザー光線によってムダ毛を処理する脱毛方法。レーザー光は単一の波長を備えた光子の集まり、つまり単色光です。通常の光のように広がらず、同じ方向にまっすぐ進むために、高いエネルギーを内蔵しています。

さらに重要な特徴は、ほかのモノに吸収され、熱エネルギーに変わる、という点。レーザー光線を特定の色の物質に当てると、その色素だけに反応して破壊することができます。

脱毛においては、黒いメラニン色素に反応するよう、光学素子や媒質によって波長を700nm〜1000nmに合わせます。ムダ毛に発射されたレーザー光線は、毛に含まれるメラニン色素で熱エネルギーに変化。毛の温度は65度から70度まで上がります。

やがて毛包全体にその高熱が広がり、発毛をつかさどる組織である毛母細胞や毛乳頭を破壊し、毛の生成を防止するのです。

この脱毛方法のメリットは、あくまでメラニン色素のみが対象となり、表皮や他の組織に被害を及ぼさないという点。 おかげで施術はレーザー光線を肌に当てれば完了で、スピードの点でニードル脱毛とは比較になりません。

以前はレーザー光線の種類は少なかったのですが、現在はアレキサンドライト、ダイオード、YAGなど波長の異なるレーザー光がそろっており、脱毛パーツや毛の太さに応じて選択できます。

2)永久脱毛がおこなえる

脱毛についてはまだまだ認識不足が多く、「一度脱毛してもらうと、その部位の毛は二度と生えてこない」と勘違いしている人がいます。

しかし、毛球部分は非常に頑丈な組織で、軽いダメージを受けてもその機能は短期間でよみがえります。光を1度照射したくらいでは損傷もさほどではなく、さらに毛には成長サイクルがあるため、それに合わせて照射を継続する必要があります。そうやって丁寧に照射を続けるうちにムダ毛が細くなり、そのパーツが無毛状態になります。

サロンの施術でも医療クリニックと同じように毛根にアプローチする光線を用いますが、そのパワーが弱いために毛母細胞は一時的に弱まるだけです。そのため、数年で発毛機能はよみがえり、毛が再生してしまいます。

その点、医療クリニックでは強烈なレーザー光線をムダ毛に照射するため、毛母細胞が再生する可能性は低くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)レーザーを照射できるのは医師だけ

上でも説明した通り、サロンの器械は光で毛根に作用するものではありますが、レーザー脱毛とは違います。サロンの光とレーザー光線を比べると、パワーの点で銃弾と砲弾ほどの差があります。
「事故の可能性は極めて低い」とされているので、サロンでは施術をおこなうのに特別な資格はいりません。

ところがレーザー光線の場合、体の細胞を徹底的に破壊するパワーを秘めていますから、操作でミスをすると重篤な事故につながりかねません。そのため器械を操作するのは、いざという時にケガに対応できる医師に限られています。もちろん、即座に応急処置ができる設備もそろっているので、その点でも安心できます。

医療脱毛のメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・医師資格を持ったスタッフがマシンを操作するので、問題が生じても即座に対処できる
・効果が確実なので、毛深い体質の人でも部位を完璧にツルツルにできる
・サロンに比べて施術回数が少なく、脱毛が終わるまでの日数も短い

デメリット

・もともと低価格でキャンペーンも多いサロンより、はるかに料金が高い
・レーザーが当たった時の痛みが部位によっては激烈で、施術が怖くなる
・レーザー光のパワーが強すぎて、部位に毛膿炎や炎症が生じることがある

サロンと医療クリニックの違いとは?

上のセクションでも少しだけ脱毛サロンとクリニックの差を紹介しましたが、ここでいくつかの相違点をさらに説明しておきます——

料金

昔から脱毛サロンは女性雑誌に派手な広告を出していますが、そこにはキャンペーンの内容と値下げした料金が大きく書かれています。これで分かる通り、料金の安さがサロンのメリットのひとつです。

一方、医療脱毛クリニックの施術料は、医療機関ということもあってほとんどディスカウントされません。
さらに上の項目の「デメリット」で指摘したように、サロンよりも相当割高になっています。

ここで、脱毛が終わるまでどれほど料金がかかるのか、脱毛サロンと医療クリニックの具体的な数値を一覧で書き出してみましょう。

まず脱毛サロンから。全国に店舗を展開している大手サロン20社の公式サイトから、部位別の平均費用を算出してみたところ——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・VIO…58,633円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円

となりました。

次に医療クリニックです。こちらはネットの検索でよくヒットする20院の平均料金を計算しました——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・VIO…67,975円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円

これでお分かりの通り、脱毛サロンよりも医療クリニックの方が相当料金が高めです。特に顔脱毛はその違いが大きく、クリニックの料金はサロンの3倍以上になります。

効果

上述のように、脱毛サロンと医療クリニックでは施術方法でも違いがあるため、効果にも差が出ます。

現在、ほとんどのサロンで使われている方式は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つに分けられます。

IPL脱毛はサロンで元もポピュラーなもので、フラッシュ脱毛、光脱毛という別名があります。光が分散して照射面積が広くなるため、背中、脚、腕といった部位が効率的に処理できます。しかも光のパワーは強くないので、痛みもたいへん軽微です。

他の方法も各々長所と短所があるのですが、いずれにしてもサロンの脱毛方法では「抑毛」「減毛」しかできません。確かに施術すると部位がツルツルに変わりますが、その状態はせいぜい数年しかもちません。

一方、医療クリニックではレーザー光線で施術をします。

レーザー光線の種類には、アレキサンドラライト、YAG、ダイオードなどがあり、それぞれ別の波長を持っていますが、いずれもサロンの光線とは比較にならないパワーを秘めています。

確実に施術部位を無毛状態にしたいのなら、やはりクリニックでレーザー脱毛を受けるべきです。

保証

保証に関する限り、医療クリニックと脱毛サロンにはほとんど差はない、と言い切っていいでしょう。

満足できるまで、いつまでも施術を続けられる「永久保証」、一定期間、有効期限を延ばせる「期間保証」、中途解約時に未使用の前払い金を返してくれる「返金保証」などは、サロンでもクリニックでも受けられます。

ただ条件や保証種類については、クリニックによって当然差がありますから、公式サイトであらかじめ確認しておいて下さい。

その他

サロンとクリニックの相違を考えた時、案外見落とされがちなのが支店(支院)の数です。

「それのどこが重要なの?」と思われるかもしれませんが、施術は発毛サイクルに合わせて毛の成長期におこなうため、どうしても脱毛完了までに長い期間が必要です。つまり小さな部位でも数ヶ月、さらに大掛かりなコースになると、数年間は脱毛に通わなければなりません。

そうなると施術期間中に生活環境が激変する人も出てきます。引っ越しや転勤がその好例ですが、引っ越し先にそれまで通っていたクリニックの支院がないため、せっかく払った前払い金がムダになってしまうことがあります。

部分脱毛なら数万円にとどまりますが、全身脱毛のプランになると、前払金が20万以上のクリニックもあるでしょう。転居によってそれが活かせなくなるのは悔しいことです。

著名なサロンなどは全国各地に多くの店舗があり、転居後も施術を続けられる可能性が高くなります。ところがクリニックだと経営規模はそれほどでないため、引っ越し先に支院がない場合も多いようです。

そんな事情を考えれば、引っ越し・転勤が多い仕事をしている人は、全国に支店がある有名サロンで施術を受けた方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニック選びで、注意すべき点は?

注意すべき点

施術料はどれくらいか?

クリニックで脱毛したい、と思った時、真っ先に調べたくなるのはやはりその料金です。

すでに述べたように医療クリニックはサロンより料金が高いのが一般的ですが、たとえばコマーシャルで知られた「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛が相当格安です。両脇については、6回分の施術がたった1,000円で受けられます。

その他にも部位によっては格安な価格にしているクリニックがあるので、ぜひサイトなどを調べてみて下さい。

痛みへの対策は?

レーザー脱毛の大きなデメリットのひとつが施術時の痛みです。最近ではそれを何とかしようと、新しく開発された機種を導入しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では部位を冷却しながら施術する「ジェントルレーズプロ」を使っています。しかも麻酔も無料でかけてもらえます。痛みが苦手、という人にはピッタリでしょう。

支院がどれだけあるか?

支院が全国各地にどれだけあるか、というのも大切な情報です。

顧客が多い、ということで信頼が寄せられますし、予約もグッと取りやすくなります。

例えば「リゼクリニック」は全国各地に支院があり、引っ越ししても同じ条件で施術してもらえる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックに関して、色々な情報を詳しく紹介してみました。いかがだったでしょうか。

施術時に痛みがあって、おまけに料金が高い、ということで、クリニックはサロンに比べて敷居が高いかもしれません。
しかし効果を重視する人にとっては、クリニックのレーザー脱毛は最適です。

どうか上記の文章を参考に、自分にふさわしいクリニックを選んでください。

満足のいく家庭用脱毛器を失敗しないで選ぶには?

肌を見せるファッションをする時に気をつけなければならないのが、知らないうちに生えているムダ毛です。
いくら肌が美しくツヤツヤしていても、ムダ毛をしっかり処理していないと、その魅力はガタ落ちです。

最近は脱毛がちょっとしたブームなので、サロンや医療クリニックに行く人も多いでしょうが、契約の上で数ヶ月から数年も通うというのはかなり面倒なものです。

そんな場合にありがたいのが家庭用脱毛器。プロの施術に近い脱毛効果が得られるというので、ムダ毛処理に困っている女性をターゲットに多種に渡る商品が売られています。

ただ安い買い物とは言えませんし、余りに商品が多すぎて「どれを選べばいいのか……」と迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで、家庭用脱毛器の購入を考えている人のために、その特徴、長所・短所、そして選び方の詳細を紹介していこうと思います。

そもそも家庭用脱毛器とは、どういう商品?

家庭用脱毛器
ムダ毛を自己処理するためのツールというのは色々なものがありますが、それらは2つに大きく分けられます。つまり、カミソリ、電気カミソリ、クリームなど除毛を行うものと、毛抜き、ワックス、脱毛テープなど、ムダ毛を毛根部分から引き抜くものです。

これらのうち、除毛タイプはあくまで表面に出てきた毛を除去するもので、「脱毛」とはいえません。
そして引き抜くタイプは一応毛根から除去するので「脱毛」といえば「脱毛」ですが、毛根にダメージはないため、すぐに毛は再生してしまいます。

ムダ毛が数年、数十年、あるいは永久に伸びないようにするには、これまでサロンか医療クリニックで処置してもらうしかありませんでした。

そんな中で発売されたのが家庭用脱毛器です。これは脱毛したい人にとっては朗報でした。

何しろサロンやクリニックの場合、脱毛完了までに数ヶ月〜数年はかかってしまいます。その間わざわざ交通費を出して施術に通うわけですから、途中でうんざりする人も多いですし、その契約費&施術料で10万円以上かかることも当たり前です。

それが家庭用脱毛器なら、ずっと安い値段でプロ並の脱毛効果があげられるのですから、またたく間にベストセラー商品となったのも当然でしょう。

ただ、安いと言っても格安の機種でも2万円はしますから、いざ買うと決めたら商品選びに慎重になってしまいます。

以下の情報や知識をしっかり頭に入れ、自分の目的・予算に見合ったものを選んで下さい。

購入において留意すべきポイントは?

留意すべきポイント
家庭用脱毛器は、効果の有無がハッキリ出る美容器具だと言われています。「デザインがよかったから」「値段が破格だったから」といった理由でうっかり購入すると、後でがっかりするケースが多いようです。

家庭用脱毛器を買う時に失敗しないためにはどうしたらいいのか、そのポイントを紹介してみます——

使い勝手の良さも重要

家庭用脱毛器の悪い口コミをネットでチェックしてみると、

「『脱毛効果がいい』というので購入してみました。でも、持つところがすごく重くて、数分使っているだけで手が疲れてしまいます」

「1度に照射できる範囲が狭すぎて、足などの広い部位には時間がかかります」

「動作音が驚くほど大きく響くので、夜中はとても使えません」

などの意見がありました。このように「使用感が良くない」という理由から、せっかく思い切って購入したのにいつの間にか押し入れに入れっぱなしになった、という人もいるようです。

こんな嫌なことにならないように、照射面積・最大出力レベル・連射機能などに関しては購入前にしっかりと確認するようにしましょう。
また近隣に大型家電店やディスカウントショップがあるなら、欲しい機種を直接触ってみて、その重さを調べた方が無難です。

コストパフォーマンスの良さは?

家庭用脱毛器の購入でよくある失敗は、安いというので本体を買ったものの、カートリッジのコストが思った以上に高く、結局は悔んでしまう、というパターン。

家庭用脱毛器は2万円台という格安なものから、10万円以上の高級タイプまで様々なものが発売されていますが、使うと確実に消耗していくカートリッジの維持費を忘れてはいけません。

購入前には、本体の値段のほかに、カートリッジの交換頻度とその費用がどれくらいか、忘れずに調べておきましょう。

脱毛効果をしっかり理解する

脱毛サロンと医療クリニックではそれぞれ器械と脱毛方式が違いますが、家庭用脱毛器でも各機種でいくつかの違う方式が用いられています。現在、フラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式がメインになっていますが、それぞれ得意なことと不得意なことがあります。

脱毛部位や効果をどれだけあげたいのかは使う人によって異なりますから、各方式の長所・短所を確認しておいた方がいいでしょう。

また、「VIOや顔といったデリケートな部位にも使えるか」「1回の処理でどれくらいの時間と手間がかかるか」といった見落としがちなポイントも、なるべくチェックしておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つは必ず留意しておいてください。

家庭用脱毛器の良い点と悪い点

良い点と悪い点

家庭用脱毛器の良い点

・自分の都合の良い時間やペースでムダ毛を脱毛できる
・交通費をかけてサロンや医療クリニックなどの施術場所に通う必要がなく、お金が節約できる
・人に見せたくない部位(乳首周り、VIOなど)もきっちり脱毛できる
・自分の肌の調子に合わせてパワーレベルを変えられるため、痛みを軽減できる

家庭用脱毛器の悪い点

・家電としては価格が高く、また消耗品であるカートリッジを買い続けないといけない
・海外製には日本人向けでなく、肌トラブルを生じやすいものがある
・サロンや医療クリニックと比べ、短い日数では効果が実感しにくい
・うなじ、背中、お尻など、自分の目では見えない体の裏側は処理しづらい
・炎症、火傷、切り傷といった肌トラブルが生じても、あくまで自己責任となる

家庭用脱毛器による永久脱毛は可能なの?

永久脱毛は可能なの?
ほとんどの家庭用脱毛器は、サロンやクリニックのマシンを小型にしたものです。ただ、家庭用の場合はトラブルを避けるために照射パワーが相当抑えられているので、永久脱毛はできません。

なお、勘違いしている人がかなりいるのですが、サロンでの脱毛は正確にいうと「抑毛」にすぎません。
毛根は破壊されないので、数年経つうちにまたムダ毛が生えてきます。

永久脱毛を考えている人は、レーザー脱毛の可能な医療クリニックに行きましょう。

家庭用脱毛器の脱毛方式にはどんなものがある?

脱毛方式について
家庭用脱毛器の主な脱毛方式を挙げてみましょう——

フラッシュ式

こちらはサロンの器械と同じ方式です。IPLと呼ばれる特殊なライトを当て、毛根部位に損傷を及ぼします。

この方式の1番のメリットは、照射口が大きいところ。
つまりショット1回あたりの照射面積が広いため、ムダ毛処理が素早くできます。
打ち漏れも少ないので、ムラになりにくくなっています。

照射パワーも適度に抑えられていて、肌が熱くなりすぎることもないため、痛みも軽微です。

脱毛完了にかかる日数が多いのがデメリットですが、それでも1年くらい経てば自己処理がいらなくなるほど毛が少なくなります。

レーザー式

狭い部位(指、顔の一部など)のムダ毛を処理したい人には、レーザー式をおすすめします。

レーザー式は医療クリニックも採用している方法で、レーザー光が肌を素通りしてムダ毛のメラニン色素に反応。その結果、毛根に高熱が生じて発毛機能がダメージを受けます。

照射された光がフラッシュ式と違って狭い範囲に集中されるため、脱毛効果がIPLより優れています。

そのため完了までの時間も短くてすみ、2週間に1回のペースだと3ヶ月くらいで効果があらわれてきます。

ただ足、背中のような広いパーツにムダ毛が生えている場合、1回の照射には手間と時間がかかる上、打ち漏れの可能性も増えてきます。

また、デメリットとして大きいのが、痛みが強いこと。ネットでも「汗が出てくるほど痛かった」「照射の前は怖くて目をつぶってしまう」といった口コミが目立ち、痛みに弱い人は大変かもしれません。特に肌が薄くなっている部位(VIOなど)では、あまりパワーを強くしないように注意すべきでしょう。

また、ホクロ、日焼け、シミなど、色の濃い場所にレーザーが当たると火傷になることもあるので、照射する箇所に関しては気をつけて下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はその先端がピンセット状をしていて、そこにムダ毛を挟んで処理します。フラッシュ式やレーザー式と違って光を使わないため、目の周辺を脱毛する際も安心です。

また、高周波の力で脱毛するため、肌や毛穴へ負担なくムダ毛の処理ができます。ただ、脱毛は1本ずつになるため、足、背中などの広いパーツには向いていません。

1回のムダ毛処理をできるだけスピーディに終えたいという人は、フラッシュ式にすべきでしょう。

なお、上で解説した3つの方式とは種類が異なるのですが「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても一応述べておきます。

サーミコン式脱毛器は、ヘッド内蔵の熱線を使ってムダ毛を処理します。肌の表面にある毛を焼き切るだけで、毛根部分へは損傷を及ぼしません。つまり正確には「除毛」に当たります。

ただ毛先を丸く処理できるので、カミソリによるチクチク感がイヤな人にはありがたいでしょう。

最後に「ローラー式」ですが、ローラーヘッドを滑らせてムダ毛を絡ませ、そのまま抜く、という方法を用いています。

方法自体は毛抜と変わらないのですが、広範囲を素早く脱毛できるのが良いところです。
もちろん毛穴・肌への負担は大きいので、あまりおすすめはできません。

主要な家庭用脱毛器の値段は?

値段は?
家庭用脱毛器は、どれくらいの値段なのでしょうか?

公式サイトの記載をもとに、主要な家庭用脱毛器の価格をまとめてみました——

・ノーノーヘア…¥12,800

・エピレタ…¥17,800

・センスエピX…¥29,800

・ラヴィ(lavie)…¥39,800

・トリア…¥54,800

・ローワン…¥54,800

・フィリップス…¥66,880

・2PSクリスタル…¥69,800

・ケノン…¥69,800

・ダブルエピ…¥81,000

・レイボーテグランデ…¥108,000

こうして並べてみると、下は12,800円から上は108,000円まで、様々な価格のものがあります。

脱毛方法はほとんどがフラッシュ式を採用していますが、トリアのみがレーザー式、そしてノーノーヘアがサーミコン式です。

上で解説したように、買う際は消耗品であるカートリッジの費用を考慮する必要があります。本体価格とカートリッジのランニングコストがどれぐらいになるか、自分であらかじめチェックしておきましょう。その数字の比較で、本当の価格の差が初めてハッキリします。

たとえば上の機種のうち、特に人気のある商品について、そのランニングコストを並べてみると——

・ケノン
ワンショットの費用…約0.15円
照射面積…9.25平方センチ

・ラヴィ(lavie)オールインワンセット
ワンショットの費用…約0.2円
照射面積…7.4平方センチ

・トリア
ワンショットの費用…約0.06円
照射面積…1平方センチ

・センスエピX
ワンショットの費用…約0.09円
照射面積…2.7平方センチ

となります。

この結果を見て、「ワンショットの価格差なんて、ほんの少しだ」と考える人がいるかもしれません。しかし脱毛器は、効果をあげるために2週間ごとに照射し続けなければなりません。つまり、1回ならわずかの費用でも、何回も照射することで思った以上に蓄積されていくのです。

また、意外と調べる人が少ないのが「照射範囲」です。1回の照射範囲が広いとその分ショット数は少なくてすみますから、ランニングコストも節約できます。

レーザー式のトリアなど、光を当てられるのは狭い範囲だけです。
そのためフラッシュ式のラヴィやケノンと比べると、照射面積は2分の1以下になっています。

広い部位のムダ毛を脱毛したい場合、各商品のワンショットの費用と照射面積がどれくらいか、よく把握しておきましょう。その上で、なるべくお得な機種を購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の特徴、長所・短所、その選び方などについて色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

上で解説したように、家庭用脱毛器はその機種・方式によって効果や用途が異なります。
また本体の価格だけでなく、消耗品のカートリッジのコストをしっかり確認しておくことも重要です。

ぜひ自分の予算・目的に合致した機種を選び、心地よい脱毛生活を送って下さい。

効果が高くて安い背中脱毛サロン@川口

【2019版】背中脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@川口

川口で背中脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ川口

川口にあるミュゼの店舗情報

川口店 埼玉県川口市栄町3丁目8-18 風月栄町ビル4F

川口のミュゼのイメージ

ミュゼ川口店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ川口店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック川口

川口にあるジェイエステティックの店舗情報

川口店 埼玉県川口市本町4-1-1 川口SIビル 5F

川口のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック川口店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック川口店で無料カウンセリングを受けてみる


脱毛ラボ川口

川口にある脱毛ラボの店舗情報

川口店 埼玉県川口市栄町3-5-1ミツワビル4F

川口の脱毛ラボのイメージ

脱毛ラボ川口店で無料カウンセリングを受けてみる

脱毛ラボ川口店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

sneak vio

背中脱毛をする前に知っておきたい4つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.背中脱毛は施術の効果があがりにくい?
3.背中の毛にも効果が発揮できる方式は?
4.背中脱毛に関するQ&A

1.サロン選びの際の注意点!

脱毛しようかどうか迷った時、まず気になるのはその料金でしょう。

サロンとクリニックとでは脱毛が完了するまでの回数、そして施術方式も異なっているため、それぞれの値段も違ってきます。

まず、有名サロンの費用を紹介しましょう。

・ジェイエステ  ¥97,200(-32,484)
・エピレ  ¥134,424(-116,260)
・銀座カラー(リーズナブルコース)  ¥136,036(+6,352)
・ディオーネ  ¥168,480(+38,796)
・ミュゼ  ¥233,280(+103,596)

(料金はすべて12回分。カッコ内の数字は、平均施術料129,684円との差額)

次に医療クリニックです。

・リゼクリニック  ¥79,800(-45,286)
・アリシアクリニック  ¥110,000(-15,086)
・クレアクリニック  ¥110,592(-14,494)
・レジーナクリニック  ¥116,640(-8,446)
・トイトイトイクリニック  ¥135,648(+10,562)
・表参道スキンクリニック  ¥160,920(+35,834)
・湘南美容クリニック  ¥162,000(+36,914)

(湘南美容クリニックだけが6回で、あとは5回分の費用。カッコ内の数字は、平均施術料125,086円との差額)

以上の例でわかるように、医療クリニックの方がサロンより施術回数が少なく、費用も安くあがります。

2.背中脱毛は施術の効果があがりにくい?

実は背中は、脱毛するのが難しい部位とされています。
それは背中のムダ毛が、他の部位のものより細くて薄いからです。

「なぜ細くて薄いと脱毛するのが難しくなるの?」と思われるでしょうが、それには現行の脱毛方式の特徴が関係しています。

以下、サロンとクリニックで採用されている機器の説明をしながら、その理由を書いていきます。

現在、サロンで最もよく使われているのは、IPL脱毛という方式の機械です。

このマシンは、IPLというレーザー系の光線を肌に当てて、毛根部位を損傷します。もともとは脱毛用の機械ではなく、「フォトフェイシャル」(シミ、くすみなどを治癒する)用にエステで使用されていたものです。

しかし、「フォトフェイシャルをするうちに毛が薄くなった」という顧客が増えてきたため、改めて検証試験をおこなってみたところ、毛根部位に損傷を与えるパワーがあることが分かりました。以後、脱毛マシンとしても流用されることになったのです。

IPLマシンの大きな長所は、比較的照射時間が長いこと。そのせいで広い部位に照射できます。脚、背中などのパーツにはピッタリで、施術が短時間で済むために料金も抑えられます。

ただ、もともと肌トラブル用に作られただけに、毛根にダメージを及ぼす力はそれほど強くはありません。

一方医療クリニックでもっぱら使用されているのは、「レーザー脱毛」の機械です。
これはレーザー光を肌に照射し脱毛効果を発揮します。

実はIPL脱毛にしろレーザー脱毛にしろ、脱毛の原理については同一のものといって構いません。マシンから照射される光線はいずれも、メラニン色素の黒い色に反応して高熱のエネルギーに変わります。

光線は肌には何の影響も与えず素通りします。ただ黒いメラニン色素を含んだ組織(つまり毛&毛根)だけを熱エネルギーで包み込み、大きなダメージを与えます。
特に毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部といった発毛組織のある毛根ではその能力が損なわれてしまい、ムダ毛が生えなくなります。

ただ原理が同一だといっても、照射威力に関しては相当な違いがあります。レーザー光のパワーはすさまじいため、毛根部位は徹底的に破壊されます。そうなるとムダ毛はもう再生せず、その部位は死ぬまで無毛のままです(これがいわゆる「永久脱毛」です)。

「じゃあ、そのすさまじい威力のレーザー光なら、背中脱毛でも効果が実感しやすいのでは」と思われるでしょうが、そう簡単にはいきません。

というのも、背中の細くて薄い毛にはメラニン色素がごくわずかしか含まれておらず、レーザー光を照射しても肝心の熱エネルギー変換が生じにくいからです。

「では、背中の細くて薄い毛に対して脱毛効果を発揮できる方法はなにかないの?」ということになりますが、それは以下のセクションで説明していきます。

3.背中の毛にも効果が発揮できる方式は?

背中のムダ毛を効率的に脱毛する方法は、以下のように3つあります——

・S.S.C.方式の脱毛マシンを使う
・ダイオードレーザーを使う
・美容電気脱毛で施術する

これら3つについて、ひとつずつ解説していきましょう。

まず、S.S.C.方式ですが、これはいくつかの有名サロン(脱毛ラボやミュゼ)が導入しています。S.S.C.とは「スムース・スキン・コントロール」を略したものです。

上で紹介したIPL方式との差は、マシンだけでなく専用ジェルを用いること。このジェルには、オリジナルの配合成分「フィリニーブ」が入っています。

フィリニーブには、いくつもの天然由来成分(尿素、セイヨウシロヤナギのエキス、サルチル酸など)が含まれています。これらがマシンの光線によって毛穴から毛根に浸透し、発毛機能を弱体化。ムダ毛の成長を阻害します。

上のセクションで述べたように、IPLを使った脱毛では背中の毛に対してあまり効果がありません。しかし、光線とジェルをダブルで使うS.S.C.方式なら、メラニン色素のあるなしとは関係なく脱毛できるので、背中のムダ毛にも効果が発揮できます。

次に、ダイオードレーザーによる施術です。

医療クリニックではレーザー光を肌に当てて施術をおこなっていますが、用いられているレーザーには——

・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・ヤグレーザー

の3つがあります。

これらにはそれぞれ特徴があるのですが、ダイオードレーザーの場合、他のレーザーよりも高いパワーで照射できるところが大きな長所となっています。

レーザー光の場合「パルス持続時間」というものがそのパワーの基準のひとつですが、ダイオードレーザーのパルス持続時間は3/1000秒と大変短く、このことで脱毛効果を増大できるのです。

ダイオードレーザーのマシンには「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」の2つがありますから、どちらかを導入しているクリニックを選べばいいでしょう。

次に美容電気脱毛です。昔から使われてきた脱毛方法で、ライトを用いた施術が普及する前はこの方法が主流でした。

「プローブ」(「絶縁針」)という特製の針をひとつひとつの毛穴に刺し込み、電気反応で発毛機能に損傷を与えるため、「絶縁針脱毛」「ニードル脱毛」とも呼ばれています。

直接針を使って毛根に物理的なダメージを与えるので、脱毛効果は他の方法よりはるかに上です。

この方法なら毛の細い太いは無関係なので、背中は完全なツルツルの状態になります。

ただ毛穴とはいえ針を突き刺して電気を流すわけですから、痛みは激烈なものです。痛みに弱い人は、施術を続けられないかもしれません。

また、毛穴ひとつひとつを手作業で処理していくので、脱毛完了までに長い期間が必要ですし、費用の方もとてもお安いとは言えません。それらのデメリットをわかった上でこの方式を選べば、他の方法よりも効率的に脱毛が可能です。

以上、3つの方法について説明しました。

このうち、1番実行が容易なのがS.S.C.方式です。「どれを選ぶべきか迷う」という人は、とりあえずS.S.C.方式にしておくのがいいかもしれません。完璧な無毛状態にはできなかったとしても、減毛効果だけは確実です。

ただ「背中の毛を徹底的に処理したい」と考えているのなら、やはり美容電気脱毛を選ぶべきです。

4.背中脱毛に関するQ&A

背中脱毛について気になるところをQ&A形式でまとめてみました。

Q.施術の後、肌がかゆくなったり赤くなったりするって聞いたけど?

確かに施術時のライトによって毛穴周辺の肌の水分が失われるため、赤みやかゆみが生じることがあります。

こういう症状を事前に防ぐには、とにかくアフターケアを丁寧におこなうこと。保湿ケアサービスに気を使っているサロンや医療クリニックなら安心です。

サロンやクリニックから帰った後も、施術部位の保湿ケアはくれぐれも忘れずに。背中をお手入れするのは難しいのですが、手が届くところにはキチンとクリームを塗りましょう。

Q.脱毛すると背中ニキビが治るの?

脱毛を終えて肌が無毛状態に変わると、確かに背中にあったニキビが完治したりするようです。

これは、ムダ毛が処理されることで毛穴が閉じ、炎症、皮脂の詰まりといった肌トラブルが起こらなくなるためです。

ただ、施術直後は肌をしっかりとケアしなければなりません。光線の熱によって皮膚の乾燥が進み、皮脂の分泌が促進されてしまいます。

そうなるとニキビもできやすいので、クリームや化粧水などを使って十分に潤いを与えましょう。

Q.施術の準備のために部位を自己処理しなければならないって本当?

確かに脱毛では、あらかじめ自分でムダ毛を短く剃っておかなければなりません。

ただ自分で処理するのが難しい部位などは、スタッフがシェービングを代行してくれます。

たとえばキレイモという店だと、うなじ、背中、Oライン、ヒップの4部位は、スタッフが電気シェーバーで処理してくれます。

月額料金プランの契約者なら、その料金は1,000円。複数のパーツを剃ってもらっても、その金額は同じです。

またパックプランを契約すると、シェービングはすべて無料になります。

以上、背中脱毛に関する初心者向けの情報を色々紹介してみました。いかがだったでしょうか?

夏場に入るとプールや海水浴に出かけることもあって、背中を人前にさらす機会が増えてきます。
見苦しいムダ毛をプロの手で脱毛してもらい、その肌をキレイにしておきましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

sneak vio

top

ムダ毛の自己処理はやめてVIO脱毛をしよう

【2019版】VIO脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@川口

川口でVIO脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ川口

川口にあるミュゼの店舗情報

川口店 埼玉県川口市栄町3丁目8-18 風月栄町ビル4F

川口のミュゼのイメージ

ミュゼ川口店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ川口店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック川口

川口にあるジェイエステティックの店舗情報

川口店 埼玉県川口市本町4-1-1 川口SIビル 5F

川口のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック川口店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック川口店で無料カウンセリングを受けてみる


脱毛ラボ川口

川口にある脱毛ラボの店舗情報

川口店 埼玉県川口市栄町3-5-1ミツワビル4F

川口の脱毛ラボのイメージ

脱毛ラボ川口店で無料カウンセリングを受けてみる

脱毛ラボ川口店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

sneak vio

VIO脱毛をする前に知っておきたい6つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.VIO脱毛のメリットとは?
3.Vラインのデザインにはどんなものがあるのか
4.Oライン脱毛にはどんな長所が?
5.サロンとクリニックの違いとは?
6.VIO脱毛の料金はいくらくらい?

1.サロン選びの際の注意点!

「VIO」というとコンピューター関係の単語と思いこむ人がいるかもしれませんが、もちろん違います。実は女性の股間からお尻の辺り、美容業界で「デリケートゾーン」と呼ばれる部位のことです。

V、I、Oはそれぞれ——

Vライン……「ビキニライン」とも呼ばれる股間のデルタ地帯のこと。
Iライン……女性器に沿った細長い部分のこと。
Oライン……肛門周辺の半径2センチくらいの円形部分。別名は「ヒップ奥」。

をあらわします。

つまり、各ラインと形が似ているアルファベットを呼び名としたわけで、別に英単語の頭文字というわけではありません。

ということで「VIO脱毛」は、一言で言えばアンダーヘアの脱毛のことです。

「VIO脱毛」とはいいますが、実はV、I、Oそれぞれ別個に施術可能です。

そして3ヶ所すべてを無毛にしてしまう脱毛には「ハイジニーナ」という別の名前がついています。

最初、日本にVIO脱毛のことが伝えられた時、名称は「ハイジニーナ脱毛」とされていました(広告などで「ハイジニーナ脱毛」と書いているサロンや医療クリニックがありますが、これは具体的にはVIO脱毛と同じことです)。

その時は海外の女優やモデルがおこなう変わった美容法というイメージがあったのですが、現在では日本のサロンやクリニックでも一、二を争う人気プランとなっています。

実際、「施術を希望する部位」のアンケートでは、ワキに続く第2位です。

2.VIO脱毛のメリットとは?

VIO脱毛のメリットはデリケートゾーンがツルツルになるという美容の面にはとどまりません。
以下のような様々な長所が挙げられます。

1.デリケートゾーンが衛生的になる

男性と違い、女性器というのは肉が重なりあって構成が複雑です。さらに他のパーツに比べて太い毛が集まって生えているため、どうしても湿気が多くジクジクしてきます。

そのせいで薄い下着でも雑菌が繁殖しがち。その結果、かゆみやニオイなどの不快な症状が出てきます。

とりわけ問題なのは、女性器に沿ったIラインです。生理の時期など経血や分泌物が付着してしまい、こまめに洗わないと衛生的にはなりません。

ただ家事や仕事で忙しい人など1日に何回もシャワーを浴びるわけにはいかず、どうしても不潔な状態に陥ってしまいます。

そんな状態もVIO脱毛をすることで解消されます。
ツルツルの状態になると雑菌が増えにくいので、デリケートゾーンは生理中でも清潔になるでしょう。

2.肌に刺激の強い自己処理がいらなくなる

デリケートゾーンというのは肌そのものは他の部位より薄くなっています。それなのに濃い剛毛が伸びているため、市販の処理道具で毛を剃ったり抜いたりするのがやりにくいパーツです。また性器がすぐ近くにあるので、カミソリなどの扱いが下手だと、うっかり傷をつけてしまう可能性もあります。

また、自己処理そのものも美容的に勧められる行為ではありません。カミソリにしろ毛抜にしろ、肌のコンディションを悪化させます。使い続けるうちにダメージが蓄積し、見苦しい埋没毛を生じさせることが多いのです。

それに毛穴の傷ついた部分に菌が侵入すると、毛嚢炎になる危険性もあります。

思い切って脱毛すればこれらのトラブルのリスクも減り、肌が美しくなります。

3.きわどい水着や下着を楽しめる

きわどく肌を露出する水着や下着を楽しみたいと思ったら、必ずデリケートゾーンのヘアを処理しないといけません。

でも上述したように自己処理では肌トラブルが生じがち。せっかくツルツルの無毛状態にしているのに、肌に黒ずみなどが生じると本末転倒です。

サロンやクリニックでムダ毛を脱毛すれば、そんな自己処理が不要になってキレイな肌へと導かれることに。

そうすれば肌の状態に自信がつき、きわどい下着を身につけて彼氏とのデートを楽しめます。

3.Vラインのデザインにはどんなものがあるのか

Vラインは、「脱毛希望部位」のアンケートでは毎回必ず上位にランクされる人気パーツ。やはり下着や水着からヘアーがはみ出しやすいからでしょう。

外国ではハイジニーナが盛んなので、Vラインも完全な無毛状態にする女性が結構います。
しかし日本ではやはり脱毛したことを他人に知られたくないのか、ほとんどの人が一部だけ残す方を選びます。

その時頭を悩ますのが、「残った毛をどんな形にするか」ということ。

サロンやクリニックでは、次に示すようにいくつか定番デザインを用意しています——

・逆三角形

非常にナチュラルな形で、選ぶ人が最も多くなっています。「脱毛したことを気づかれたくない」という人はこれにするといいでしょう。

・オーバル型

オーバルは英語で「楕円」を指します。ナチュラルさはそれほどありませんが、角が丸まっていてフェミニンなデザインです。

・Iライン型

ヘアを帯のような形に残します。露出度の高い水着を身につけたいという女性にはピッタリ。縦の線が強調されるため、「足が長く見える」というメリットも。

・Uライン型

「逆三角形」の角を丸くしたデザインで、やはりナチュラルに見えるために人気があります。

・スクエア型

「Iラインは少し大胆すぎて……」という女性がよく選ぶデザイン。ただやはりナチュラルさには欠けるので、好き嫌いは分かれてしまうでしょう。

ちなみに医療クリニックでVライン脱毛を受ける人は、よく考えた上でデザインを選んで下さい。

クリニックは永久脱毛なため、一旦ヘアーを処理するとVラインの形は一生そのままです。
奇抜なデザインだと後悔することもあるので、熟慮の上でチョイスしましょう。

4.Oライン脱毛にはどんな長所が?

VIOの3つの中でも、Vライン、Iラインは特別人気があります。きわどい水着や下着を身につけるなら、これらのラインのヘアーを処理する必要があるからでしょう。

ところがOラインに関してはなぜか脱毛する人が少ないようです。

でもOラインのヘアーを脱毛すれば、部位も清潔になり、ニオイもマシになります。

また、セックスする時も相手がOラインを見ることもあるので、キレイにしておけば安心できます。

施術では、サロンやクリニック備え付けの紙パンツを身に着けます。
それをスタッフがちょっとずつずらしつつ、施術していくわけです。

体勢は、「四つん這い」、あるいは「うつ伏せでの開脚姿勢」のどちらかです。恥ずかしさの点では後者がマシですから、スタッフに「うつ伏せ」と頼みましょう。

最初は慣れないと思いますが、施術を繰り返すうちに平気になってきます。

施術はわずか10〜15分。これだけでニオイなどが改善されるのですから、ぜひOライン脱毛に挑戦してみて下さい。

5.サロンとクリニックの違いとは?

VIO脱毛にあたっては、サロンか医療クリニックに通うことになります。

両者の違いはどこかというと、主に施術方式です。

大抵の脱毛サロンが施術に導入しているのが、IPL脱毛(フラッシュ脱毛)。

「IPL」(intense pulsed light)はレーザー系の光線で、紫外線を取り除いてあります。

毛の伸びた肌に当てると、メラニン色素の黒色に反応。熱エネルギーに変化して、毛根にある毛乳頭、皮脂腺開口部などに大きなダメージを与えます。
そのことで新たなムダ毛が生えるのを防止するわけです。

一方、医療クリニックで採用されているのはレーザー脱毛です。

レーザー光も多種多様ですが(アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど)、いずれもIPLと同様にメラニン色素に反応。高熱で毛根を破壊し、毛の成長を阻害します。

IPLとレーザー光はパルス幅と波長の点で違いがあるのですが、照射威力が強いのは後者です。
数回の照射で全部の毛根が破壊され、うまくいくと無毛状態が一生続きます。
この「永久脱毛」は医療行為なので、医師免許を持ったスタッフが施術をおこないます。

レーザー光の効果は優れていますが、「痛みが強い」のが欠点です。

一方、IPLはパワーが弱いだけに、痛みもレーザーほどではありません。ただ施術日数と照射回数が相当多くなってしまいます。

またIPLだと毛根はただ弱体化するだけなので、脱毛完了からしばらく経つと毛が再び伸びる確率が高くなります。

「多少の痛みなら平気」という人なら、クリニックに行って施術してもらう方が脱毛効果が持続してお得でしょう。

6.VIO脱毛の料金はいくらくらい?

VIO脱毛に際して、まず気になってしまうのはその費用でしょう。

ここではいくつかのケースに関してその料金を紹介してみます(なお、以下の数字は「VIO3つを一緒に脱毛するプラン」のものです。バラバラに施術する場合は料金も違います)。

まず、サロンで施術してもらう場合、有名店の費用は次のようになっています——

減毛程度に抑えるケース

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回=9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回=13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回=8,640円)

完全に無毛にしてしまうケース

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回=9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回=9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回=9,180円)

続いてクリニックで施術してもらう場合、有名医院の料金は以下の通り——

減毛程度に抑えるケース

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回=10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回=12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回=19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回=18,540円)

完全に無毛にしてしまうケース

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回=9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回=11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8回と9回のプランなし)

こうして見ていくと、サロンは施術回数が多い上に料金も高く、医療クリニックの方がリーズナブルになっています。特に湘南美容外科の安さが目を引きます。

VIO脱毛をしてもらうなら、費用の点では湘南美容外科がおすすめです。

以上、初心者向けにVIO脱毛の基本情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし「股間の毛を毛抜やカミソリで処理している」という女性がいたら、1度脱毛してもらうことをオススメします。上記のように自己処理は肌に悪く、黒ずみ等の原因となります。

脱毛でデリケートゾーンも清潔になり、美しさも保たれるでしょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

sneak vio

top

効果が高くて安い足脱毛サロン@川口

【2019版】足脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@川口

川口で足脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ川口

川口にあるミュゼの店舗情報

川口店 埼玉県川口市栄町3丁目8-18 風月栄町ビル4F

川口のミュゼのイメージ

ミュゼ川口店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ川口店で無料カウンセリングを受けてみる


脱毛ラボ川口

川口にある脱毛ラボの店舗情報

川口店 埼玉県川口市栄町3-5-1ミツワビル4F

川口の脱毛ラボのイメージ

脱毛ラボ川口店で無料カウンセリングを受けてみる

脱毛ラボ川口店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック川口

川口にあるジェイエステティックの店舗情報

川口店 埼玉県川口市本町4-1-1 川口SIビル 5F

川口のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック川口店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック川口店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

sneak vio

足脱毛をする前に知っておきたい7つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.1回だけでも脱毛を体験したいなら、ジェイエステへ
3.脱毛完了に必要とされる日数と回数
4.なぜ脱毛には長い時間と手間がかかるのか?
5.毛穴の黒いブツブツは足脱毛をすることで治る?
6.足脱毛に関するQ&A
7.施術後はアフターケアが重要

1.サロン選びの際の注意点!

脱毛のターゲットとなる部位は、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指といった具合に細かく分類されています。

それらの施術料もサロン・医療クリニックごとに大きく異なっているので、料金を安く上げたかったら各ホームページなどをチェックし、細かくその数字を比較検討することが大切です。

参考のために、値段がリーズナブルなサロンやクリニックをあげていきましょう。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……(6回)18,000円
・ひざ下……(6回)18,000円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(8回)12,000円
・足全体……(8回)48,000円(ひざ上・ひざ下は6回)

銀座カラー

・ひざ上……(8回)42,000円
・ひざ下……(8回)42,000円
・ひざ……(8回)21,000円
・足の甲・指……(8回)21,000円
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……(8回)31,200円
・ひざ下……(8回)31,200円
・ひざ……(8回)14,400円
・足の甲・指……(8回)14,400円
・足全体……(8回)91,200円

脱毛ラボ

・ひざ上……(8回)47,840円
・ひざ下……(8回)31,840円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(8回)15,840円
・足全体……(8回)95,520円

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……(5回)55,000円
・ひざ下……(5回)41,250円
・ひざ……(5回)13,750円
・足の甲・指……(5回)13,750円
・足全体……(5回)92,900円

リゼクリニック

・ひざ上……(5回)79,800円
・ひざ下……(5回)89,800円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(5回)19,800円
・足全体……(5回)119,800円

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……(6回)81,000円
・ひざ下……(6回)81,000円
・ひざ……(6回)28,750円
・足の甲・指……(6回)28,750円
・足全体……(6回)219,500円

KM新宿クリニック

・ひざ上……(5回)60,000円
・ひざ下……(5回)60,000円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(5回)20,000円
・足全体……(5回)100,000円

となっています。

サロンの中で最も値段が安いのは、ミュゼです。ひざ上・ひざ下を施術しても6回36,000円ですから、他のサロンと比べると数万円以上も安くすみます。

ただ足全体のコースだと銀座カラーがおすすめ。足の指・甲まで含んだプランが151,152円で通い放題です。足のすべての肌をツルツルにしたいという女性はこちらの方がいいでしょう。

クリニックだとアリシアクリニックが最もリーズナブルで、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指がすべて脱毛できる足全体プランが92,900円です。

クリニックでも高級なところになると40万円以上の料金をとるので、10万円以下というのは本当に驚きの値段です。

2.1回だけでも脱毛を体験したいなら、ジェイエステへ

足脱毛は部分脱毛とはいいながら、決して安いものではありません。

全くの未経験者は不安でしょうから、まずはジェイエステの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」で施術を体験してみてはどうでしょう?

これは両ワキ、そして全身の18パーツから3つを選んで1回だけ施術が受けられるというもので、料金がたった300円です。

これで施術がどんなものか知った上で、行くべきサロンやクリニックを検討するのもいいでしょう。

3.脱毛完了に必要とされる日数と回数

上のセクションで足脱毛の費用についてはお分かり頂けたと思います。

では脱毛に必要な回数と期間はどうなのでしょうか?

大体の目安は次の通りになります——

脱毛サロン

回数……8回から12回
期間……1年から2年
施術のペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回から6回
期間……約1年
施術のペース……3ヶ月に1回

いかがでしょうか? 「予想以上に日数と回数が多い」と感じられるかもしれません。

実は、足というのは体のパーツの中でも脱毛の効果が出やすい、と言われています。それでもこれほどの時間と手間が必要なのです。

なぜかというと、それは現在主流となっている脱毛方法と、毛の生え変わりのサイクルが関わっているからです。

それを以下のセクションで紹介しましょう。

4.なぜ脱毛には長い時間と手間がかかるのか?

脱毛方法から説明しましょう。

現在サロンとクリニックで導入されている脱毛マシンは、いずれもレーザー系の光を肌に当てて脱毛効果をあげます。

それらの光は、黒いメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化する特別な性質を持っています。ですから肌にあたっても表皮には影響を与えず、黒い色をした毛だけにダメージを及ぼすわけです。

熱エネルギーは毛を燃焼させるだけでなく、毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部といった発毛組織にも損傷を与えます。
このことで発毛が阻害され、ムダ毛のない肌が得られます。

それなら1回照射すれば脱毛は完了するのでは、と思われるでしょうが、そういうわけにはいきません。というのも、毛というのは表面上は全部同じように見えますが、実は成長サイクルにしたがってその状態が異なっているからです。

毛は3つの時期を繰り返しながら古いものが抜け落ち、新しいものへ変わっていきます。この「成長期」「退行期」「休止期」という3時期のサイクルを「毛周期」と呼びます。

「成長期」は毛が伸びて肌の表面に顔を出す時期。「退行期」は毛が伸びなくなり、毛乳頭から離れそうになっている時期。
そして「休止期」は毛が毛乳頭から離れ、毛穴から抜けるのを待っているだけの時期です。

施術の効果があるのは、毛根とつながっている成長期の毛だけ。毛根へ熱が伝わらない退行期や休止期に施術しても意味がありません。

光の照射後、1〜2週間で成長期のムダ毛は抜け落ちてしまい、1〜2ヶ月の間はツルツルの状態になります。

やがて毛がまた伸びるので光を照射。これを続けていくと、毛が細くなっていき、本数も徐々に減っていきます。

このようにしてたっぷりと時間をかけながら全部のムダ毛の毛根部分に損傷を与え、ようやく脱毛完了へとたどり着くわけです。

そのため、どうしても施術ペースはのろくなり、1〜2ヶ月に1回という頻度になります。

以上、脱毛に時間と手間が必要な理由がお分かりになったでしょうか?

毛が生え変わる体のシステムと関わりがあるため、これだけはスピードアップすることが困難です。脱毛するとなったら覚悟を決め、長い時間をかけて施術を受けましょう。

5.毛穴の黒いブツブツは足脱毛をすることで治る?

ムダ毛を目立たなくするために自己処理を定期的に続けていると、黒いブツブツが足の表面にあらわれることがあります。

これはカミソリの刺激で肌の状態が悪くなっている証拠です。

確かにカミソリは手軽ですが、使う度に肌に多少の傷が付きます。傷が付くと、その部分を回復させようと新しい皮が再生されてきます。

それがうまくいけばいいのですが、その皮が運悪くフタのように毛穴にかぶさってしまうことがあります。

そうなると、毛は表皮の中で長くなり、それがみっともないブツブツに見えてしまうのです。

またカミソリ負けの症状を起こした時は、赤いブツブツが出てくることもあります。

サロンやクリニックで施術してもらえば、自己処理の回数が減るためにそれらのブツブツも治っていきます。

さらに術後の保湿トリートメントで潤いがキープされ、ケア効果も高まりますから、足の肌は施術前より美しくなるでしょう。

肌のトラブルに関しては、施術のついでに相談に乗ってくれるサロンやクリニックも多いので、スタッフに色々と質問してみましょう。

6.足脱毛に関するQ&A

Q.施術のためにサロンやクリニックに出かける時、服装はどんなものがベスト?

服装については、各サロンやクリニックによって違いがあります。施術用にガウンを貸し出すところなら、もちろんどんな服装で行っても問題はありません。

着替えがなく、そのままの服装で施術がおこなわれる場合は、下半身はショーツのみになります。
ですからワンピースは避けた方がいいでしょう。

なお、施術の際に専用ジェルを併用するサロンやクリニックでは、そのジェルがショーツなどについてしまうことがあります。
貸出用のショーツが用意されていないところなら、自分で替えを持参すべきです。

Q.色素沈着している部位は施術はできない?

4つのサロンと2つのクリニックに聞いてみたところ、そのほとんどが「色素沈着があると施術はできません」という返事でした。

上で記したように脱毛で用いられるレーザー系の光は、メラニン色素に反応して熱エネルギーに変化します。
そのため、メラニンを含む色素沈着があると光が熱に変わり、皮膚が熱くなる可能性があります。

ただ、リゼクリニックだけは「施術スタッフが目で判断し、安全を確認しながら施術する」ということです。

7.施術後はアフターケアが重要

サロンやクリニックで光を照射した後の肌は、刺激などに無防備な状態におちいっています。その点を考慮し、アフターケアにしっかりと気を配ることが重要です。

まず欠かせないのは、その日の入浴を控えること。どうしても汗や汚れを落としたい場合は、ぬるいシャワーを浴びるようにしましょう。
湯船につかることは絶対にダメです。

シャワーを浴びて汚れを取る時も、刺激を与えないように手のひらで優しく洗って下さい。ボディタオルなどを使うと、炎症などのトラブルを引き起こすことがあります。

入浴後はタオルを押し当てる感じで水気を取りましょう。強く拭きとってはいけません。

また、脱毛後の肌は毛穴に熱がこもっているため、炎症を起こしやすくなっています。炎症を防ぐには、脱毛部位の保湿が非常に大切です。施術の翌日もしっかりと保湿に努め、潤いを与え続けましょう。

さらに柔らかい皮膚をキープすれば、表皮の奥に潜んでいたムダ毛が表面に伸びやすくなって脱毛効果が倍増します。

保湿に用いるのは手持ちのクリームやローションでもいいのですが、敏感肌向けローションや乳液だと最適です。
化粧水を塗った後にミルクローションを使うと、さらに効果があがるでしょう。

以上、足脱毛に関する基本的な情報を紹介してきました。いかがだったでしょうか?

何度も言うように、ムダ毛の自己処理は肌の状態を悪くします。
美しい肌を保つためにも、自分の好みに合ったサロンや医療クリニックを見つけて脱毛してもらいましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

sneak vio

top

効果が高くて安い腕脱毛サロン@川口

【2019版】腕脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@川口

川口で腕脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ川口

川口にあるミュゼの店舗情報

川口店 埼玉県川口市栄町3丁目8-18 風月栄町ビル4F

川口のミュゼのイメージ

ミュゼ川口店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ川口店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック川口

川口にあるジェイエステティックの店舗情報

川口店 埼玉県川口市本町4-1-1 川口SIビル 5F

川口のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック川口店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック川口店で無料カウンセリングを受けてみる


脱毛ラボ川口

川口にある脱毛ラボの店舗情報

川口店 埼玉県川口市栄町3-5-1ミツワビル4F

川口の脱毛ラボのイメージ

脱毛ラボ川口店で無料カウンセリングを受けてみる

脱毛ラボ川口店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

sneak vio

腕脱毛をする前に知っておきたい9つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.腕脱毛の料金って平均するといくらくらい?
3.現在の施術はどのような方法を取っているのか?
4.完了までの回数と期間について
5.脱毛するなら、サロンとクリニックのどっち?
6.施術1回あたりに必要な時間は?
7.腕脱毛をするなら月額プランがベスト
8.「通い放題」を選ぶのがオススメ
9.脱毛をより早く終わらせるには?
10.サロンとクリニックはどこがいいのか?

1.サロン選びの際の注意点!

専門クリニックやサロンでの腕脱毛には、色々なメリットがあります。

まず、美しくなめらかな肌が手に入ること。

「そんなの自己処理でも同じでは?」と反論されるかもしれませんが、自分でムダ毛を剃ったり抜いたりすると、仕上がりがどうしても汚くなります。
特に体毛が濃い人の場合、毛穴が目立つことが多いようです。

サロンやクリニックでプロによって脱毛してもらうとそんなこともなく、驚くほどツルツルでなめらかな肌になります。
そうなると半袖で外出しても他人の目が平気になります。
むしろ、あえて腕を見せびらかしたくなるでしょう。

そして次のメリットは、自由な時間が増える、ということ。

体毛の濃い女性の中には「ムダ毛を毎日のように処理している」という方もいるでしょう。脱毛が完了すれば新たなムダ毛は生えません。そうなると剃ったり抜いたりする必要もなく、これまで自己処理に要していた時間を他のことに使えるわけです。

また、上で述べたようにムダ毛処理は肌へ大きな負担をかけ、肌トラブルが生じやすいという欠点もあります。

「潤いとツヤのある肌の状態を維持する」という点でも、脱毛の施術で自己処理を不要にすることには大きな意味があります。

2.腕脱毛の料金って平均するといくらくらい?

脱毛のことを考えた時に、どうしても気になってしまうのはその料金でしょう。

専門クリニックや有名サロンの公式サイトから腕脱毛の料金をチェックし、その平均を計算してみたところ、サロンの場合は——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

医療クリニックの場合は——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という金額になりました。

こうして比較してみるとサロンに通う方がずっとリーズナブルなわけですが、クリニックにも料金が高額なだけの価値があります。

サロンとクリニックの違いについてはこの後の文章で紹介しているので、それを参考にして下さい。

3.現在の施術はどのような方法を取っているのか?

昔、脱毛というと特殊な電子針を用いた「ニードル脱毛」がメインとなっていました。
ただこれは手間ヒマがかかる上に痛みが激しいため、今では一部のクリニックでおこなわれているだけです。

現在ではレーザー技術を応用した特別な光を使います。肌の奥で熱エネルギーに変化させて発毛の阻害をおこない、毛根からムダ毛を処理するわけです。

サロンでは、フラッシュ脱毛という方式が多くおこなわれています。
IPLという光(フラッシュ)を肌に当て、メラニン色素を含む毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部などに損傷を与えます。

こちらは威力が弱めで、施術完了には長い期間が必要です。ただ、その分費用がリーズナブルで、痛みも少ない、という長所があります。

一方、クリニックではレーザー脱毛が主流となっています。ダイオード、YAG、アレキサンドラライトといったレーザー光が使われますが、いずれもパワーはサロンでのIPLとは比較にならないほど強烈で、毛根部位を完全に破壊します。

威力が強いだけにフラッシュ脱毛よりも痛みが激しいのですが、サロンよりはるかに早く脱毛が終わるのが大きなメリットです。

4.完了までの回数と期間について

腕脱毛完了までに必要な照射回数・期間は以下のようになっています——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

思ったよりも回数が多く、期間が長いと感じるかも知れません。

なぜこんなに長期にわたるかというと、毛にはそれぞれ「毛周期」と呼ばれる成長サイクルを持っており、施術の効果が上がるのはその成長期の毛だけだからです。

成長期に合わせると、施術はどうしても2〜3ヶ月に1回というペースになってしまいます。

5.脱毛するなら、サロンとクリニックのどっち?

脱毛するなら、サロンとクリニック、どちらにすべきでしょうか?

サロンのメリットは、何と言っても料金がリーズナブルなことでしょう。

それに施術に用いられる光もパワーが弱目なので、痛みが軽微ですみます。

一方、クリニックはサロンよりずっと料金が高いのですが、照射の威力は強烈で、完了までの期間も短くなっています。

またクリニックは医療機関なので麻酔が使用できます。
「痛い目にはあいたくない」という女性にとっては大きな長所といえるでしょう。

6.施術1回あたりに必要な時間は?

ヒジ上やヒジ下だけの場合

腕は形が単純で施術の際も光が照射しやすくなっています。
そのため、他の部位よりも施術は短くてすみます。ヒジ下やヒジ上のように部分的な脱毛なら、30分で終わるでしょう。

もし連射可能なマシンなら、たった15分で完了、という場合もあります。

腕全体の場合

腕全体を施術するなら、かかる時間は50分〜1時間くらいです。

これだけ時間が必要なのは面積が広いということもありますが、ヒジを処理するのに手間がかかるためです。ヒジは球状で肌も柔らかく、光を照射するのが大変です。

これは連射式のマシンでも同じですから、腕全体を脱毛する時は時間に余裕を持ちましょう。

7.腕脱毛をするなら月額プランがベスト

腕という部位は他の箇所と比べると施術する面積が大きく、脱毛の完了まで時間がかかる、と言われています。

また毛の量が多かったり髪質が特殊だったりすると、施術回数も多くなることがあります。

というわけで、最初に回数制のプランを契約すると追加で施術を受けることになり、予算以上の料金がかかることも珍しくないようです。

「毛の量が多い」あるいは「毛が硬い」と自覚している人は、最初から月額制のプランを選んだ方がいいでしょう。
料金が高いのでちゅうちょするかもしれませんが、結果的に回数制よりリーズナブルだった、という人が多いのです。

幸い、最近は完全月額制のサロンが増えてきています。そんな店を選んでお得に施術を受けるようにしましょう。

8.「通い放題」を選ぶのがオススメ

脱毛を完了するにはクリニックなら平均5回、サロンの場合なら12回以上も施術を受ける必要があります。

なぜこんなに回数が必要かと言うと、施術というのは毛の「成長期」にしか効果を発揮しないからです(腕だと、成長期の毛はその時々で全体の5分の1しかありません)。

このように完了には時間が必要なのですが、では「脱毛が完了したら安心か」というと、そうとも言い切れません。

まずサロンを利用した場合、使われるフラッシュ脱毛は発毛組織を死滅させるのではなく弱体化するだけです。

そのため時間が経つと、ムダ毛がまた伸びてくることがあります。

一方、クリニックのレーザー脱毛は「永久脱毛」ということなので、「一生ムダ毛は生えてこない」と誤解してしまいますが、実はそうでもないのです。

“永久”というのは「脱毛後から1ヶ月たっても毛の再生率が20%以下」という意味にすぎません。つまり「再生する確率が低い」というだけで、毛がずっと生えないと保証されたわけではないのです。

ということで、客側としては終了後も毛が生えてきた場合、それを再び施術できるプランを選ぶ必要があります。

その点で一番ベストなのは「通い放題」。これなら店が営業していれば半永久的に通うことができます。

効果を活かすためにも、ずっと通えるプランにしましょう。

9.脱毛をより早く終わらせるには?

脱毛をより早く終わらせたいなら、以下の点に注意して下さい。

予約が取りやすいところを選ぶ

サロンやクリニックを選ぶ際、「予約が取りやすいか」という点は非常に大事です。

施術の効果というのは「成長期」の毛だけにあらわれますから、予約が困難な店の場合はその成長期を逃がす可能性があり、完了が大幅に遅れてしまいます。

通いにくい場所にあるサロンやクリニックは避ける

サロンやクリニックの所在地が駅から離れていると、施術に出かけるのもついつい面倒になります。

施術は続けなければ無意味です。通いにくい場所にあるサロンや医療クリニックはなるべく避けましょう。

健康的な生活を保つ

健康的な生活を保つのも、脱毛には大事なことです。

「脱毛と健康にどんな関係が?」と不思議に思う人もいるかもしれませんが、施術というのは体調が整っていないとできません(例えば異常に肌が乾燥していると施術は不可です)。

「たっぷりの睡眠」「栄養バランスの整った食事」「軽い運動」の3つに気をつけ、早く脱毛を完了させましょう。

10.サロンとクリニックはどこがいいのか?

腕脱毛で評価の高いサロンとクリニックを、それぞれ3つあげてみます。

まずはサロンから——

銀座カラー

「予約が取りやすくて完了が早い」「施術がスピーディ」「脱毛効果がすぐに実感できる」など、銀座カラーはネットの口コミでも高評価のサロンです。

何といっても通い放題プランが単独の部位に用意されている点が最大のメリット。

全身脱毛コースなら珍しくありませんが、腕だけでも通い放題というのはここだけかもしれません。

また「のりかえ割」「学割」「祝割(誕生日・成人・結婚)」などの割引も豊富で、リーズナブルに脱毛できます。

レイビス

四半世紀以上の実績を誇り、脱毛業界でも老舗として知られるレイビス。以前は「TOKYO BDC」という名前で営業していました。

オススメなのは「腕全部セット 脱毛し放題」というプラン。制限なしに「ヒジ下」「ヒジ上」「ヒジ」「手甲指」の4つを脱毛できます。

また完全月額制なので、通えば通うほどお得になるのも助かります。

ミュゼ

ミュゼは顧客数、店舗数、売上、それに満足度のそれぞれが脱毛業界でトップ。
顧客数など300万人を越えていて、「脱毛」で検索すると、必ずその名前がトップ近くに出てきます。

プランも色々と用意されていて、部分的に脱毛したい人に最適。

また、イタリアのDEKA社によるSSC脱毛を採用していて、痛みが軽微なのもありがたいところです。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

「し放題コース」という通い放題プランがあるところが、クリニックとしては貴重です。

利用者の8割がこのプランを申し込んでおり、腕脱毛希望の人にもオススメ。

湘南美容クリニック

脱毛に興味がなくても、テレビのCMで「湘南美容クリニック」の名前を知っている人は多いでしょう。分院が全国にあって、地方に住んでいる人には通いやすいクリニックです。

リゼクリニック

リーズナブルな腕セットが用意されているので、腕脱毛希望者にはピッタリ。

またコース終了後も通常の半額で施術ができるため、毛が濃くてムダ毛が復活しやすい人には助かります。

以上、腕脱毛について色々な情報を提供してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、自分に合ったサロンやクリニックを見つけて下さい。
腕脱毛を受ければ自己処理が不要となり、肌の状態も段々と改善されていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

sneak vio

top

効果が高くて安い顔脱毛サロン@川口

おすすめの顔脱毛サロン@川口

【2019版】顔脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@川口

kao

川口で顔脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステティック川口

川口にあるジェイエステティックの店舗情報

川口店 埼玉県川口市本町4-1-1 川口SIビル 5F

川口のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック川口店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック川口店で無料カウンセリングを受けてみる


脱毛ラボ川口

川口にある脱毛ラボの店舗情報

川口店 埼玉県川口市栄町3-5-1ミツワビル4F

川口の脱毛ラボのイメージ

脱毛ラボ川口店で無料カウンセリングを受けてみる

脱毛ラボ川口店で無料カウンセリングを受けてみる


ミュゼ川口

川口にあるミュゼの店舗情報

川口店 埼玉県川口市栄町3丁目8-18 風月栄町ビル4F

川口のミュゼのイメージ

ミュゼ川口店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ川口店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

sneak vio

顔脱毛をする前に知っておきたい9つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.施術できる箇所はサロン次第
3.顔脱毛の平均費用はいくらくらい?
4.初心者にピッタリの「お試しコース」
5.どのサロンがオススメなのか?
6.歯の治療中は施術可能なの?
7.ニキビがあると脱毛できない?
8.脱毛で、シミやそばかすができる?
9.施術に行く時は、スッピンでないといけない?

1.サロン選びの際の注意点!

サロン選び
まず現在、脱毛の施術はどういう形でおこなわれているか、簡単に述べておきましょう。

かつては脱毛といえば、プローブという電気針でムダ毛の毛根を一つ一つ破壊していく「美容電気脱毛」が一般的でした。

これは効果に関しては抜群なのですが、針を刺していくだけにかなりの痛みをともないます。
おかげで、世間の人に「脱毛は痛い」という印象が広まってしまいました。

いまではこの脱毛方法は「時間がかかりすぎる」ということもあって廃れ、レーザー系の光を用いた効率の良い方法が普及しています。

サロンで1番ポピュラーな方式は「IPL脱毛」と呼ばれるもの。肌にインテンスパルスライトという光(フラッシュ)を直接照射します。このライトはメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化するので、毛乳頭や毛母細胞といった部位に大きなダメージを与えてくれます。

IPLは元々美肌ケアのためにエステで用いられていたもので、ニキビ痕、赤ら顔、開いた毛穴、くすみなどに効果があります。
脱毛の施術でもこれらの効果は有効なので、肌の状態も良くなっていくわけです。

ただ最近は、新しい方式(SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法など)を導入するサロンも増え、施術方法もバラエティに富んできました。

それぞれ特徴が違うので、自分の好みに合ったやり方で脱毛しましょう。

2.施術できる箇所はサロン次第

施術できる箇所
顔脱毛について注意すべき点のひとつは、店によって施術できる部位が違う、ということ。

あるサロンのとったアンケートによれば、利用者が最も脱毛したい箇所は、眉間、鼻の下、アゴということですが、これら3つの部位も施術できるかできないかは店次第です。

たとえば、有名サロンの場合でも——

ミュゼ……鼻下、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

ジェイエステ……目元、鼻下、頬、口周り、顎、フェイスライン

という具合に、施術できる部位に制限があります。

ということで、宣伝などで「顔脱毛もオーケー」と書かれていても、こちらの希望する箇所が施術できるかどうかは分かりません。

せっかくサロンまで来たのに「そこはできません」と言われると手間とお金がもったいないので、事前に施術可能箇所についてチェックしておきましょう。

3.顔脱毛の平均費用はいくらくらい?

顔脱毛の平均費用
脱毛を決心し、いざ契約となった時、最も心配になるのは料金でしょう。

有名サロン20社のデータによると、顔脱毛の平均料金は「41,033円」ということです。

これを「高い」と考えるか「安い」と考えるかは、脱毛する女性の気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛はサロンばかりでなく、医療クリニックでも可能です。

こちらも平均価格を出してみたところ「131,325円」という値になりました。

つまり、医療クリニックで施術してもらうと、大体サロンの3倍以上の費用がかかるわけです。

10万円以上となると「ちょっと高い……」と感じる人が多いかも知れません。

ただクリニックには大きなメリットがあり、ムダ毛が一生生えてこない「永久脱毛」が可能です。

サロンかクリニックか、迷っている人も少なくないでしょう。
効果と料金を慎重に見極め、自分の目的に合う方をチョイスして下さい。

4.初心者にピッタリの「お試しコース」

初心者にピッタリ
最近のブームのおかげで脱毛人口は急増。各サロンでは盛んにキャンペーンを行い、より多くの顧客を獲得しようとしのぎを削っています。

多くの店が初心者向けに用意しているのが「お試し」。
サロンに馴染みのない人にはピッタリなので、まずはそれらのコースで脱毛を体験してみましょう。

もちろん、はじめから正規プランを契約してもいいのですが、サービスなどで不満が出てこないとも限りません。やはり、最初は「お試し」から始めるべきです。

なお、申し込みについてですが、店に電話で連絡するよりもネット経由で手続きする方がお得です。
特典がついていて、料金もぐっとディスカウントされる場合もあります。

まず気になる店のサイトをチェック。そして料金や条件を確認した上で申し込みましょう。

その後の手順についてですが、まず手続き時に予約した日にサロンへ行きます。

この時、最初にカウンセリングを受けることになります。費用はいらないので安心して下さい。

内容は、料金プランの内訳や脱毛についての詳しい説明など。ちょうどいい機会ですので、

「脱毛完了までどれくらい日数がかかるの?」
「施術に使われる機器の方式は?」
「永久脱毛は可能なの?」

など、こちらから質問してみましょう。

これだけで初日は終わり。後日、予約した上で施術を受けることになります。

施術の際は——

・スタッフの態度はキッチリしているか?
・痛みの程度は?
・術後に保湿ケアをしてくれるか?

などの点をチェックしましょう。

これで満足ならそのままプランの契約に移ればいいですし、満足できないならそのまま終了。後者の場合は他のサロンをチェックし、また「お試し」を体験することになります。

最近はサロンもどんどん数が増えているので、そのうち自分にピッタリの店に出会えるはずです。

5.どのサロンがオススメなのか?

オススメサロン?
顔脱毛で評判を呼んでいるサロンを2つ紹介します。

まずオススメしたいのが「キレイモ」。ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美などのテレビCMでおなじみです。

キレイモの顔脱毛のいいところは、施術可能な部位が多いこと。他のサロンだと部位が制限されているので、わざわざキレイモで脱毛し直す女性もいるようです。

続いて推薦したいのが、「ジェイエステティック」。

ここでは「フェイス6」というプランが一番お得。1回の料金が2,500円というのですから驚きです。「なるべく安上がりに顔脱毛したい」という女性にはピッタリ。

またヒアルロン酸のジェルを用いているので、施術で熱を持ちがちな肌をしっかりとケアしてくれます。

「サロンが多すぎてどこにしたらいいか分からない……」という人は、ぜひこの2つの店をチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本的な情報をお届けしました。

これ以降は、脱毛に関する疑問点や、施術で注意すべきポイントを述べていきましょう。

6.歯の治療中は施術可能なの?

歯の治療中
脱毛というのは意外に日数が必要で、お店に数ヶ月から数年間も通わなければなりません。何しろ長い期間なので、その間に虫歯など歯の治療を受ける人もいるでしょう。

そんな場合、脱毛と歯の治療がバッティングするため「何か問題があるのでは?」と気になります。

実際にサロンに聞いてみたところ、「通常の歯の治療なら問題はない」とのこと。

ただ、歯医者で処方された痛み止めを飲む場合、注意が必要です。

脱毛の施術では、ごくまれに「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こることがあります。
これは光の照射(フラッシュ)によって、かゆみ、むくみ、水ぶくれ等が生じる過敏反応のこと。

実は、痛み止めにはこの症状を誘発するものがあり、うっかり摂ると施術ができません。

トラブルを避けるためにも、痛み止めを飲んだらスタッフに申告するようにして下さい。

ちなみにフラッシュにより、虫歯の痛みが悪化する場合があります。痛みが心配な人は口に近い部位は後回しにしてもらいましょう。

また、脱毛と同時に歯列矯正を行っている人もいるかもしれません。
この場合、矯正器具に光が当たると熱が発生するケースもあるので、やはり口付近の施術は避けた方が無難です。

ただ器具がセラミックやプラスチック製の場合だと、問題なく施術できます。

このように色々な条件が考えられるので、必ず店の人と相談して施術を受けて下さい。

7.ニキビがあると脱毛できない?

ニキビがある
脱毛の施術は高熱が発生するため、人によっては体調に影響がある場合もあります。そのため、施術に関しては様々な条件が課せられています。

例えば、肌が極端に乾いていると施術は不可。
また自己処理ができずにムダ毛が長いと、その部位の施術はできません。

では、ニキビがあるせいで施術できない、ということはあるのでしょうか?

調べてみるとそんなことはなく、サロンの大部分で施術は可能です。

というのも、サロンの光脱毛器はエステの美肌用マシンを改造したものなので、肌に照射しても害を及ぼすことはないからです。

機器で照射されるIPLという光は、メラニン色素にぶつかって熱エネルギーに変わり、毛根に大きなダメージを与えます。ニキビやニキビ跡には反応しないので、高熱が生じることもありません。

ただ炎症が進行していると、IPLによって症状が悪化することがあります。そんな場合、ニキビ付近の施術は後回しになるでしょう。

スムーズに施術を進めるためにも、ニキビはしっかりケアしておきましょう。

8.脱毛で、シミやそばかすができる?

シミやそばかす
現在、サロンやクリニックで脱毛に用いられるのは、メラニン色素だけに反応する特別な光です。

「そんな光を肌に照射したら、色素が沈着してシミなどができるのでは?」と不安を覚える人もいるかもしれません。

確かに太陽による日焼けは、肌トラブルの原因のひとつです。サロンのIPLも光として強烈なので、太陽と同じように肌にトラブルを起こすのでは、と勘違いしがちです。

しかし上で述べたように、サロンの脱毛機はエステで美肌ケアのために使われてきたもの。決して、肌に対して大きな損傷を与えるものではありません。

「でもネットでは『顔脱毛をやったせいでシミができた』っていう口コミを見かけるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

この現象については、2つの理由があげられます。

まず、肌の奥に隠れていたシミが、ターンオーバーのせいで表面にあらわれた、というもの。

施術を受けたせいで新陳代謝が促進され、奥にあったシミが表面に出てくることは珍しくありません。

ただ、大部分のシミはターンオーバーがさらに進むことで消えてしまいます。

あと施術によって乾燥した肌に傷がつき、それが痕になって残ってしまう場合。これをシミだと思い込む人がいます。

こんなことを避けるためには、施術後のケアが肝心。しっかりと保湿を行いましょう。

いずれにせよ、脱毛が原因でシミや傷ができるわけではありません。
施術の際も安心です。

9.施術に行く時は、スッピンでないといけない?

スッピン
初心者にとって、不安のタネのひとつは、

「顔施術に出かける時は、スッピンでないといけないのか?」

ということ——。

「素顔でも全然大丈夫」という10代の学生ならともかく、普段メイクをバッチリ決めている女性にとって、「自宅・職場からサロンに着くまでスッピンでいろ」というのは結構つらいことです。

結論を先に述べると、メイクをして店に出かけても大丈夫です。

サロンには専用のブースがあり、そこで化粧を落とすことが可能。またサロンによっては、スタッフが無料でメイク落としをしてくれるところもあります。

ただ、いくらサロンでメイクオフができるからといっても、あまりにしっかりと化粧をしていくと、それを落とすだけで時間がかかります。

いつもよりも化粧は抑え、余裕を持って施術に臨みましょう。

以上、顔脱毛についての知識や、おすすめのサロンについて述べてきました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの知識を参考に、自分にピッタリのサロンを見つけて下さい。顔脱毛をすることで、肌の状態も良くなっていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

sneak vio

top

効果が高くて安い脇脱毛サロン@川口

おすすめの脇脱毛サロン@川口

【2019版】脇脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@川口

川口で脇脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ川口

川口にあるミュゼの店舗情報

川口店 埼玉県川口市栄町3丁目8-18 風月栄町ビル4F

川口のミュゼのイメージ

ミュゼ川口店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ川口店で無料カウンセリングを受けてみる


脱毛ラボ川口

川口にある脱毛ラボの店舗情報

川口店 埼玉県川口市栄町3-5-1ミツワビル4F

川口の脱毛ラボのイメージ

脱毛ラボ川口店で無料カウンセリングを受けてみる

脱毛ラボ川口店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック川口

川口にあるジェイエステティックの店舗情報

川口店 埼玉県川口市本町4-1-1 川口SIビル 5F

川口のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック川口店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック川口店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

sneak vio

脇脱毛をする前に知っておきたい8つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.そもそも「脱毛」って?
3.ワキ脱毛の詳細 施術回数、料金、痛みについて
4.ワキ脱毛で失敗を避けるために
5.脱毛サロンと医療クリニックの違いについて
6.ワキ脱毛の料金はなぜリーズナブルなのか?
7.脱毛完了後、効果に満足できない時は?
8.脱毛の結果、ワキ汗が増えるって本当なの?

1.サロン選びの際の注意点!

最近の日本の夏は熱帯並みの暑さ。
容赦なく照りつける強烈な太陽の下では、「ノースリーブではないとやっていられない」という女性も少なくないでしょう。

ただ、その時に注意が必要なのがワキのムダ毛です。

処理がキッチリできていないと、腕をうっかり上げた時に他人にのぞかれてしまい、赤っ恥をかく羽目になります。

ただ、毎日のワキ毛の処理というのは結構面倒です。カミソリを使っているとすぐにブツブツが目立ってきますし、毛抜だと痛みがあり、処理自体がイヤになります。

「自己処理をやめるためにサロンで脱毛しようか」

そう思案している女性も少なくないでしょう。でも脱毛初心者にとって、サロンに通うというのは結構勇気がいるものです。

「脱毛が終わるまでに何回施術する必要があるの?」
「痛みがあるという噂だけど本当?」
「全部の料金はいくらくらいかかる?」

結局、これらの疑問が障害になり、サロンとは無縁なまま自己処理をやっている、という女性が多くなっています。

そこで、このページではワキ脱毛の特徴・料金、そしてサロンの選び方について紹介し、初心者の疑問を解決してみることにしました。

以下の情報が、ワキ毛で悩んでいる人の一助になれば、と思います。

2.そもそも「脱毛」って?

ワキ脱毛について色々紹介する前に、「脱毛とはそもそもどういうものか?」ということを説明します。

サロンや医療クリニックでの「脱毛」というどういうイメージを持たれるでしょうか?

「特殊な器具を使って、1本1本毛を抜いていくやつ?」と答える方もいるかもしれません。

実際、昔はそんな方法を取っていましたが、今ではもっと効率的になっています。

あと大事なポイントは、施術のターゲットとなるのがムダ毛そのものではなく、皮膚の中の毛根部分だということ。

サロンやクリニックでは特殊な機器が設置されており、それで光を照射することで毛根に影響を与える、という方法をとっています。

その光とは、IPLやレーザー。
いずれもメラニン色素だけに反応し、そこで熱に変わるという特徴を持っています。

具体的にいうと、ムダ毛のある肌に光を照射。
すると毛根部分が高熱に包まれ、毛乳頭や毛母細胞などの発毛組織が大きなダメージを被るのです。

これは画期的な発明でした。
おかげで脱毛は一気に手軽なものとなり、脱毛人口も急増。
最近ではVIOなどの特殊な脱毛を行う人も多くなっています。

その中でもワキは最も人気のある部位。やはり、夏になると露出する機会が増えるので、「処理をするならまずワキ」と思う女性が多いのでしょう。

また、ワキは汗腺が集まっている部位でもあります。そのために老廃物などが他の部位よりも蓄積しやすく、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎といった厄介な症状が起こりやすいと言われています。

ワキ肌の良好な状態を保ちたいなら、一刻も早くムダ毛を脱毛し、肌に悪い自己処理はキッパリやめてしまう方が無難です。

3.ワキ脱毛の詳細 施術回数、料金、痛みについて

上記の文章で、ワキ脱毛の長所がお分かりになったと思います。

「サロンで施術をしてもらいたくなった」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンに行くとなると、以下のような点が気にかかるかと思います——

・施術完了まで、どれくらいの回数が必要?
・最終的な料金の総額は?
・施術時の痛みはあるのかないのか?

以上のポイントについて、順番に説明していきましょう。

まず最初に施術回数です。脱毛というのは1回や2回くらいでは終了しません。何年にも渡ってムダ毛が生えてこないようにするには予想以上に長い時間がかかります。

特にワキは集中的に太い毛が生えているうえに、他の部位よりも毛根部分が深く、顔や脚よりも施術の回数が増えてしまいます。

もちろん個人差は大きいのですが、完了まで12回から18回は最低限必要でしょう。

続いて料金についてです。これはサロンによって様々としか言えません。歴史のある高級サロンの中には、少しの施術でとんでもない料金をとるところもあります。

ただ、ワキ脱毛に関しては普通のサロンなら値段は安め。驚くほどの高額ではありません。

「その中でも特にリーズナブルな店はないだろうか」と考えてネットでチェックしてみると、ぜひおすすめしたい店が見つかりました。

それは「ミュゼ」。全国にチェーン展開をしているサロンです。

おすすめは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。料金はたったの100円というから驚きです。

これだけの安価で施術してくれるところは他にはありません。脱毛が初めて、という人には最適と言えます。

さらにミュゼのメリットは、料金だけに限りません。

実は、サロンでの脱毛というのはフラッシュによって高熱が発生するため、どうしても多少の痛みがあります。ミュゼはそれが軽減するように努力しているのです。

具体的に述べると、他のサロンの多くがIPL方式の脱毛機を使用しているのに対し、ミュゼはSSC方式の機器を採用しています。

IPL方式はキセノンランプというものを使い、肌にインテンスパルスライトを当てます。

一方、SSC方式で使うのはクリプトンライト。

キセノンランプはそれ単独で脱毛効果があるのですが、クリプトンライトにはその効果がありません。

ではどうやって脱毛するのかというと、照射の前に専用のジェルを塗ります。

ここにクリプトンライトを照射すると毛根部分が損傷され、発毛が抑制されるのです。

SSC方式の最大の長所は、光そのもののパワーは弱くても大丈夫、という点。
ジェルとの組み合わせで脱毛効果を発揮するため、高熱にする必要がありません。
したがって痛みも軽くなります。

「痛みがあるので脱毛はイヤ」という女性もいるようですが、ミュゼならば痛みを感じずに施術してもらえます。

4.ワキ脱毛で失敗を避けるために

「ワキ脱毛なら色々な点でミュゼがおすすめ」と説明しましたが、お住まいの場所によっては支店がない場合もあるでしょう。そんな時は、他の店舗と契約しなければなりません。

ただ、近年は脱毛ブームのせいでサロンの数が増えています。初心者は目移りしてしまい、どこを選べばいいのか判断に困ります。

料金に関しても各サロンが毎月キャンペーンを行っているのですが、プラン設定が複雑で、どれがお得なのかいまいちよく分かりません。

そこでサロンを選ぶ際、注意すべきところを3つほどあげてみます。

施術可能回数が一桁のサロンは避ける

脱毛については誤ったイメージが流布していて、たとえば1回施術を行えばその部位のムダ毛はずっと生えてこない、と勘違いしている人がいます。

実際は1、2回くらいでは、脱毛の効果などほとんどありません。確かに施術後10日くらい経つとツルツルの状態にはなりますが、そのうちに新しい毛がドンドン生えてきてしまいます。

発毛を阻害するには、IPLやレーザーといった特殊な光を長い期間(数ヶ月から数年)に渡って照射し続けなければなりません。

しかもワキのように毛が密集しているところだと、上述したように12回から18回ほどの施術がどうしても欠かせないのです。

ですから「料金が安い」という単純な理由で施術回数が少ないプランを選んでしまうと、結局は脱毛が契約内に終わらず、さらに別料金を出して追加施術をしなければならない、ということもあり得ます。

最終的に安価に脱毛するためには、あまりに回数の少ないプランには惑わされず、施術回数に余裕のあるコースを選びましょう。

返金制度や施術期限には要注意

ワキのムダ毛を処理するには、最低3年間は施術を受ける必要があります。

しかし一旦サロンに通いだしても、何らかの都合から中途解約する場合もあると思います。

その場合、店側は当然嫌がります。契約の条項をタテに、返金額をなるべく抑えようとするでしょう。

ただ中には「1年以内なら全額を返金します」という良心的なサロンもあるようです。

「ひょっとしたらサロン通いをやめるかもしれない」という人は、契約前に必ずその条件について聞いておきましょう。

またサロンの中には、施術期間にリミットを設けているところがあります。その場合、契約から何年か経つと施術が不可となります。

「全額払ったのに施術ができない」となると泣くに泣けませんから、リミットがあるかどうか、事前にチェックしておくことが大事です。

いずれにしても「ワキ脱毛は時間がかかる」ことを理解し、なるべく回数や施術期間に制限のないコースを選んで下さい。

施術後のケアがあるかどうか

夏になるとワキの露出も多くなるため、見栄えをなるべくよくしたいもの。ムダ毛だけではなく、黒ずみなどの肌トラブルも改善した方が安心です。

肌の状態を良くするには、しっかりと潤いを保つことが欠かせません。

脱毛サロンの中にはそれを考慮し、施術後の保湿サービスをやってくれるところもあります。

こうした店なら、ムダ毛処理だけでなく美肌効果も行えますので、一石二鳥。

施術後の毛穴はどうしても熱を持つため、肌は乾きがちに。
肌トラブルで悩まないためにも、保湿サービスに力を入れているサロンを選んだ方がいいでしょう。

5.脱毛サロンと医療クリニックの違いについて

脱毛はサロンだけが行っているわけではありません。料金は高めになりますが、医療クリニックでも脱毛は可能です。

サロンでのメインの施術方法が光脱毛(フラッシュ脱毛)なのに対し、クリニックで主に行われているのはレーザー脱毛。

「メラニン色素に反応する光を肌に当て、ムダ毛の毛根部分にダメージを与える」という点で、脱毛の原理自体は全く同じです。

ではどういう差があるのかというと、毛根部分に与えるダメージの大きさです。

レーザーの光は波長が長く、そのパワーは強烈。毛根の組織は徹底的に破壊され、いわゆる「永久脱毛」も可能です。その点でIPLとは比べ物になりません。

また施術回数においても、サロンだと10回以上かかるところ、クリニックでは数回くらいで完了してしまいます。

もし「短期間で脱毛を終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛を行う方がいいでしょう。

6.ワキ脱毛の料金はなぜリーズナブルなのか?

ワキ脱毛というのは、他の部位と比べてぐっと料金がリーズナブルです。それだけ気軽に契約でき、初心者は最初の脱毛部位をワキにすることが多くなっています。

では、なぜ料金が安いのでしょうか?

最初の理由としては「ワキの面積が狭い」ということがあげられます。

サロンでは面積によって料金が決められることが多いので、元々ワキは安価なパーツなのです。

そして第2にあげられるのは、サロン側の”戦略”。

初心者はまずワキを脱毛する傾向があるため、「その価格を下げることで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしても、ワキというのは人気のある部位です。サロンの技術も分かるので、脱毛するならまずワキを選びましょう。

7.脱毛完了後、効果に満足できない時は?

サロン通いの末、脱毛がようやく完了。ところがその結果に満足できない——。

こんな時はそのサロンで施術を続けることもできます。
ただ追加料金がかかるので、出費が結構な額になります。

また、その店で継続せずに、他のサロンへ改めて行き直すという手もあります。しかしこの場合はカウンセリングからやり直す必要があるので、時間と手間がムダに……。

とにかく肝心なのは、施術回数、及び期間に余裕を持つこと。
上記のような事態を避けるためには、まず最初に12回以上のプランを選ぶのが無難な方法です。

8.脱毛の結果、ワキ汗が増えるって本当なの?

最後に、ワキ毛処理後の”ある噂”について、書いておきます。

実は口コミサイトをチェックしていると「ムダ毛をサロンで脱毛してから、ワキ汗が増えてしまった」という感想がいくつか投稿されています。

こんなことが本当にあるのでしょうか?

答えを先に述べてしまうと、そんなことはありえません。

ではなぜ「ワキ汗の量が増えた」と思ってしまう人がいるのでしょうか?

ネットで調べてみると、その理由というのは——

「汗をせき止めていたワキ毛がなくなることで、汗の流れを肌で感じる機会が増えたから」

ということのようです。

つまりこれは単なる感覚の問題で、出る汗の量自体は脱毛前と変わりません。汗が流れる感覚もそのうち当たり前になり、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、色々な観点から、ワキ脱毛の特徴、そのメリット、あるいはサロンの選び方について紹介してきました。いかがだったでしょうか?

説明してきたことを参照しながら、ぜひお気に入りのサロンを見つけ、ワキ脱毛に挑戦してみて下さい。
ワキへの他人の視線が気にならなくなり、肌の状態まで良くなっていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

sneak vio

top

「脱毛」と「除毛」

「脱毛」と「除毛」

「脱毛」と「除毛」の違いとは?

ムダ毛処理について、よく「脱毛」といわれたり、「除毛」という言葉が使われたりします。

その時々によって適当に口にする場合が多いのですが、厳密には違う意味だということを知っていましたか?

まず脱毛ですが、これは毛根から毛を取り除くこと。つまり、毛抜きで毛を抜いたり、サロンや医療クリニックで施術してもらうのが「脱毛」です。

一方、除毛というのは肌の表面に出ている毛を処理すること。男性がヒゲを剃ったり、女性が足などの産毛をカミソリで処理するのはこちらに当たるわけです。

ムダ毛処理用のクリームを「脱毛クリーム」と呼ぶ人もいますが、これは厳密にいうと間違い。
あくまで肌の表面に出ている毛を溶かすだけですから、「除毛クリーム」という方が正確です。

脱毛と除毛、どちらがいいの?

「脱毛」は毛根も含めて毛を取り除くこと、そして「除毛」は肌の表面の毛を除去することです。

では、ムダ毛を処理する時は一体どちらがいいのでしょうか?

答えを先にいってしまうと、おすすめは「脱毛」です。

除毛に使われる器具はカミソリや除毛クリームですが、これらは手軽に使えるものの、どうしても肌に大きな負担をかけてしまいます。

一方脱毛の方は、専門のサロンやクリニックで処理してもらえば肌への負担が少ない上、その後の除毛作業が不要になるため、肌のコンディションがそれだけ良くなります。

確かにお金と手間はかかりますが、肌の美容を考えるなら脱毛がおすすめです。

川口の人気脱毛サロンランキングTOPへ