後悔しない医療脱毛クリニックの選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昔は「悪質な勧誘がある」「施術が痛い」といったイメージがあった脱毛ですが、近年は行政による規制強化や脱毛技術の向上もあって面目が一新されました。さらに料金の値下げもあって、ブームといいたいほど客層が広がっています。
有名人を起用したテレビコマーシャルや電車内の広告などを見て、「自分も脱毛にチャレンジしたい」と考える人も少なくないでしょう。

脱毛すると決心したら、脱毛サロンか医療クリニックに出かけて契約をし、部位によって数ヶ月から数年、そこに通い続けることになります。
安いという点に惹かれて、以前はサロンと契約する人が多かったのですが、最近は医療クリニックの利点も知られるようになり、どちらにするか迷う人もいるようです。

そこでこのサイトでは、脱毛に挑戦したい人向けに、医療クリニックの情報を紹介することにしました。
そのメリット・デメリット、施術に使われる技術、クリニックを選ぶ際のポイントなどについて、色々と解説していきます。

医療クリニックでの脱毛はどんなもの?

医療脱毛はどんなもの?
上述の通り、脱毛してもらおうと思ったら、サロンか医療クリニックのどちらかに足を向ける必要があります。
両方とも専用機器で施術をおこなう点は同じなのですが、もちろん相違点もずいぶんあります。

では医療クリニックの特徴とは、どんなものなのでしょうか?

1)レーザー光線で脱毛する

医療クリニックの最大の特徴は、レーザー光線で脱毛をおこなう、という点です。

このレーザーを使った脱毛テクノロジーは、ハーバード大教授ロックス・アンダーソンが発表した「選択的光熱凝固理論」に基づくもので、古代オリエントから続くと言われる脱毛の歴史に大きな変化を起こしました。

それまでの脱毛手段は「ニードル脱毛」(または「美容電気脱毛」)というものが中心で、特殊な針(プローブ)を使っていました。これは1875年、アメリカの眼科医チャールズ・E・ミッチェルが逆さまつ毛の処理に用いたのが始まりで、プローブを毛穴に挿入し、微弱な電気を流して発毛をストップします。

この方法は効果抜群なのですが、なにしろ毛穴に手作業でプローブを入れていくために時間が必要で、それだけ費用も高くなってしまいます。
しかも痛みがひどく、施術時にはかなりの忍耐を強いられます。

この状況を革命的に変えたのが、レーザー脱毛の登場でした。

その名前の通り、レーザー脱毛はレーザー光線によってムダ毛を処理する脱毛方法。レーザー光は単一の波長を備えた光子の集まり、つまり単色光です。通常の光のように広がらず、同じ方向にまっすぐ進むために、高いエネルギーを内蔵しています。

さらに重要な特徴は、ほかのモノに吸収され、熱エネルギーに変わる、という点。レーザー光線を特定の色の物質に当てると、その色素だけに反応して破壊することができます。

脱毛においては、黒いメラニン色素に反応するよう、光学素子や媒質によって波長を700nm〜1000nmに合わせます。ムダ毛に発射されたレーザー光線は、毛に含まれるメラニン色素で熱エネルギーに変化。毛の温度は65度から70度まで上がります。

やがて毛包全体にその高熱が広がり、発毛をつかさどる組織である毛母細胞や毛乳頭を破壊し、毛の生成を防止するのです。

この脱毛方法のメリットは、あくまでメラニン色素のみが対象となり、表皮や他の組織に被害を及ぼさないという点。 おかげで施術はレーザー光線を肌に当てれば完了で、スピードの点でニードル脱毛とは比較になりません。

以前はレーザー光線の種類は少なかったのですが、現在はアレキサンドライト、ダイオード、YAGなど波長の異なるレーザー光がそろっており、脱毛パーツや毛の太さに応じて選択できます。

2)永久脱毛がおこなえる

脱毛についてはまだまだ認識不足が多く、「一度脱毛してもらうと、その部位の毛は二度と生えてこない」と勘違いしている人がいます。

しかし、毛球部分は非常に頑丈な組織で、軽いダメージを受けてもその機能は短期間でよみがえります。光を1度照射したくらいでは損傷もさほどではなく、さらに毛には成長サイクルがあるため、それに合わせて照射を継続する必要があります。そうやって丁寧に照射を続けるうちにムダ毛が細くなり、そのパーツが無毛状態になります。

サロンの施術でも医療クリニックと同じように毛根にアプローチする光線を用いますが、そのパワーが弱いために毛母細胞は一時的に弱まるだけです。そのため、数年で発毛機能はよみがえり、毛が再生してしまいます。

その点、医療クリニックでは強烈なレーザー光線をムダ毛に照射するため、毛母細胞が再生する可能性は低くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)レーザーを照射できるのは医師だけ

上でも説明した通り、サロンの器械は光で毛根に作用するものではありますが、レーザー脱毛とは違います。サロンの光とレーザー光線を比べると、パワーの点で銃弾と砲弾ほどの差があります。
「事故の可能性は極めて低い」とされているので、サロンでは施術をおこなうのに特別な資格はいりません。

ところがレーザー光線の場合、体の細胞を徹底的に破壊するパワーを秘めていますから、操作でミスをすると重篤な事故につながりかねません。そのため器械を操作するのは、いざという時にケガに対応できる医師に限られています。もちろん、即座に応急処置ができる設備もそろっているので、その点でも安心できます。

医療脱毛のメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・医師資格を持ったスタッフがマシンを操作するので、問題が生じても即座に対処できる
・効果が確実なので、毛深い体質の人でも部位を完璧にツルツルにできる
・サロンに比べて施術回数が少なく、脱毛が終わるまでの日数も短い

デメリット

・もともと低価格でキャンペーンも多いサロンより、はるかに料金が高い
・レーザーが当たった時の痛みが部位によっては激烈で、施術が怖くなる
・レーザー光のパワーが強すぎて、部位に毛膿炎や炎症が生じることがある

サロンと医療クリニックの違いとは?

上のセクションでも少しだけ脱毛サロンとクリニックの差を紹介しましたが、ここでいくつかの相違点をさらに説明しておきます——

料金

昔から脱毛サロンは女性雑誌に派手な広告を出していますが、そこにはキャンペーンの内容と値下げした料金が大きく書かれています。これで分かる通り、料金の安さがサロンのメリットのひとつです。

一方、医療脱毛クリニックの施術料は、医療機関ということもあってほとんどディスカウントされません。
さらに上の項目の「デメリット」で指摘したように、サロンよりも相当割高になっています。

ここで、脱毛が終わるまでどれほど料金がかかるのか、脱毛サロンと医療クリニックの具体的な数値を一覧で書き出してみましょう。

まず脱毛サロンから。全国に店舗を展開している大手サロン20社の公式サイトから、部位別の平均費用を算出してみたところ——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・VIO…58,633円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円

となりました。

次に医療クリニックです。こちらはネットの検索でよくヒットする20院の平均料金を計算しました——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・VIO…67,975円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円

これでお分かりの通り、脱毛サロンよりも医療クリニックの方が相当料金が高めです。特に顔脱毛はその違いが大きく、クリニックの料金はサロンの3倍以上になります。

効果

上述のように、脱毛サロンと医療クリニックでは施術方法でも違いがあるため、効果にも差が出ます。

現在、ほとんどのサロンで使われている方式は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つに分けられます。

IPL脱毛はサロンで元もポピュラーなもので、フラッシュ脱毛、光脱毛という別名があります。光が分散して照射面積が広くなるため、背中、脚、腕といった部位が効率的に処理できます。しかも光のパワーは強くないので、痛みもたいへん軽微です。

他の方法も各々長所と短所があるのですが、いずれにしてもサロンの脱毛方法では「抑毛」「減毛」しかできません。確かに施術すると部位がツルツルに変わりますが、その状態はせいぜい数年しかもちません。

一方、医療クリニックではレーザー光線で施術をします。

レーザー光線の種類には、アレキサンドラライト、YAG、ダイオードなどがあり、それぞれ別の波長を持っていますが、いずれもサロンの光線とは比較にならないパワーを秘めています。

確実に施術部位を無毛状態にしたいのなら、やはりクリニックでレーザー脱毛を受けるべきです。

保証

保証に関する限り、医療クリニックと脱毛サロンにはほとんど差はない、と言い切っていいでしょう。

満足できるまで、いつまでも施術を続けられる「永久保証」、一定期間、有効期限を延ばせる「期間保証」、中途解約時に未使用の前払い金を返してくれる「返金保証」などは、サロンでもクリニックでも受けられます。

ただ条件や保証種類については、クリニックによって当然差がありますから、公式サイトであらかじめ確認しておいて下さい。

その他

サロンとクリニックの相違を考えた時、案外見落とされがちなのが支店(支院)の数です。

「それのどこが重要なの?」と思われるかもしれませんが、施術は発毛サイクルに合わせて毛の成長期におこなうため、どうしても脱毛完了までに長い期間が必要です。つまり小さな部位でも数ヶ月、さらに大掛かりなコースになると、数年間は脱毛に通わなければなりません。

そうなると施術期間中に生活環境が激変する人も出てきます。引っ越しや転勤がその好例ですが、引っ越し先にそれまで通っていたクリニックの支院がないため、せっかく払った前払い金がムダになってしまうことがあります。

部分脱毛なら数万円にとどまりますが、全身脱毛のプランになると、前払金が20万以上のクリニックもあるでしょう。転居によってそれが活かせなくなるのは悔しいことです。

著名なサロンなどは全国各地に多くの店舗があり、転居後も施術を続けられる可能性が高くなります。ところがクリニックだと経営規模はそれほどでないため、引っ越し先に支院がない場合も多いようです。

そんな事情を考えれば、引っ越し・転勤が多い仕事をしている人は、全国に支店がある有名サロンで施術を受けた方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニック選びで、注意すべき点は?

注意すべき点

施術料はどれくらいか?

クリニックで脱毛したい、と思った時、真っ先に調べたくなるのはやはりその料金です。

すでに述べたように医療クリニックはサロンより料金が高いのが一般的ですが、たとえばコマーシャルで知られた「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛が相当格安です。両脇については、6回分の施術がたった1,000円で受けられます。

その他にも部位によっては格安な価格にしているクリニックがあるので、ぜひサイトなどを調べてみて下さい。

痛みへの対策は?

レーザー脱毛の大きなデメリットのひとつが施術時の痛みです。最近ではそれを何とかしようと、新しく開発された機種を導入しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では部位を冷却しながら施術する「ジェントルレーズプロ」を使っています。しかも麻酔も無料でかけてもらえます。痛みが苦手、という人にはピッタリでしょう。

支院がどれだけあるか?

支院が全国各地にどれだけあるか、というのも大切な情報です。

顧客が多い、ということで信頼が寄せられますし、予約もグッと取りやすくなります。

例えば「リゼクリニック」は全国各地に支院があり、引っ越ししても同じ条件で施術してもらえる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックに関して、色々な情報を詳しく紹介してみました。いかがだったでしょうか。

施術時に痛みがあって、おまけに料金が高い、ということで、クリニックはサロンに比べて敷居が高いかもしれません。
しかし効果を重視する人にとっては、クリニックのレーザー脱毛は最適です。

どうか上記の文章を参考に、自分にふさわしいクリニックを選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*