痔だとOラインの脱毛ができないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近流行っている

痔だとOラインの脱毛ができない?

以前はサロンや医療クリニックでの脱毛はワキや足が中心でしたが、最近流行っているのがVIO脱毛。
デリケートゾーン、つまりアンダーヘアの脱毛のことです。

VIOというのは3つの部分を指し、Vは「ビキニライン」、Iは「大陰唇や小陰唇の周辺」、Oは「肛門の周辺」。

実は、デリケートゾーンは普段下着でおおわれているために蒸れやすく、衛生状態がよいとはいえません。アンダーヘアをなくせばその蒸れも改善されるため、清潔さも保ちやすくなります。そのためにわざわざ施術してもらう女性も多いのです。

サロンで施術体験を受けた時、説明を聞いてVIO脱毛の契約をする人もいるようですが、ネットでVIO脱毛を検索してみると、「痔の症状があって、Oラインの施術を断られた」という体験談が載っていました。

これは本当のことなのでしょうか?

色々と調べてみると、どうやら事実のようです。

痔というのは日本人の3人に1人がかかっているそうです。軽い症状の人がほとんどなので甘く見がちですが、肛門という部位が炎症や出血を起こしているわけですから、立派な病気です。

脱毛の施術に使われるのは、サロンではIPL(インテンスパルスライト)脱毛が一般的です。これはメラニン色素に働きかけ、毛根を弱らせて脱毛効果を得ます。この時熱エネルギーで組織にダメージを与えるので、どうしても毛穴やその周辺が軽いやけど症状におちいります。

炎症を起こしている痔の近くがそのようなやけど状態になると、当然悪い影響を与えることになります。下手をすると重篤な症状につながりかねません。

痔の症状がある場合はOラインの施術ができない、というのも、その点で当たり前のことなのです。

川口の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*