脱毛 蕁麻疹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

肌トラブル

脱毛後に発生する肌トラブルとは?

脱毛というとどうしても痛みがともなったり、日焼け肌だと施術が不可能だったりしました。

ところが最近では、低温で処理する「ハイパースキンカレン脱毛」、毛乳頭ではなくバルジという部位にダメージを与える「SHR脱毛」などの新しい脱毛機器が開発され、以前よりもはるかに利用する人が増えています。

それにつれて多くなってきたのが、施術後の肌トラブルです。

最も多いのが、脱毛器で処理してもらった後、肌が赤くなり、かゆみが生じるというもの。

脱毛サロンで一般に使われているIPL(インテンスパルスライト)脱毛、それに医療クリニックで使用されるアレキサンドライト、ダイオードなどのレーザー脱毛は、どちらも同じ原理で脱毛を行います。

光エネルギーによって黒色素のメラニンに働きかけ、毛根を弱らせたり死滅させたりするのですが、その時高熱が発生するため、どうしても毛穴やその周辺が軽いやけど状態になってしまいます。肌が赤くなるのはこのためです。

またしばらく熱がこもってしまうため、肌は水分を失って乾燥します。
そのためにかゆみが生じるというわけです。

これらの症状はすぐに治まりますが、施術後すぐに入浴したり、激しい運動で汗をかいたりすると菌が毛穴に入り込み、毛嚢炎(もうのうえん)やジンマシンが起こることもあるので注意が必要です。
くれぐれも、施術後は肌のケアを怠らないようにしましょう。

もし肌に赤みやかゆみが生じるのが嫌だったら、IPLやレーザーによる脱毛は避け、上述のハイパースキンカレン脱毛器やSHR脱毛器を使っているサロンを選ぶべきです。

川口の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*