美しさを磨くためにも顔脱毛を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人間の第一印象は顔によって決まることが多いと言われています。特に女性にはその法則(?)が当てはまるでしょう。

「人間は外見じゃなくて中身」と反論したいところですが、やはり顔の美しさで得をすることが多いのも事実。
それだけに、誰が見ても恥ずかしくないように肌の手入れをするのは当然です。

ところで、お手入れの時に邪魔になるのが、顔一面に生えている産毛——。

鼻の下にある産毛など、ヒゲに見えるので必ず剃ることになりますが、そうやって自己処理をしていると色素沈着などが起こりやすくなります。

また、産毛のせいで化粧のノリも悪くなりがちで、美しさを気にかける女性にとってはとにかく邪魔な存在です。

女性の中には悩みから逃れるため、サロンで脱毛してもらう人もいます。

かつて、サロンの顔脱毛は費用が安いとは言えませんでした。顔は特別な部位とされ、キャンペーンなどでもディスカウントの対象外だったのです。

ところが最近は脱毛がちょっとしたブーム。
技術が進歩したせいもあって顔脱毛の料金も下がり、気軽に施術できるようになっています。

とはいっても、初心者にとって脱毛というのは何となく不安を感じるものです。

そこでこのページではそんな人向けに、顔脱毛の情報やサロンの選び方について紹介してみることにしました。

以下の知識が産毛で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

現在の脱毛の施術について

まず現在、脱毛の施術はどういう形でおこなわれているか、簡単に述べておきましょう。

かつては脱毛といえば、プローブという電気針でムダ毛の毛根を一つ一つ破壊していく「美容電気脱毛」が一般的でした。

これは効果に関しては抜群なのですが、針を刺していくだけにかなりの痛みをともないます。
おかげで、世間の人に「脱毛は痛い」という印象が広まってしまいました。

いまではこの脱毛方法は「時間がかかりすぎる」ということもあって廃れ、レーザー系の光を用いた効率の良い方法が普及しています。

サロンで1番ポピュラーな方式は「IPL脱毛」と呼ばれるもの。肌にインテンスパルスライトという光(フラッシュ)を直接照射します。このライトはメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化するので、毛乳頭や毛母細胞といった部位に大きなダメージを与えてくれます。

IPLは元々美肌ケアのためにエステで用いられていたもので、ニキビ痕、赤ら顔、開いた毛穴、くすみなどに効果があります。
脱毛の施術でもこれらの効果は有効なので、肌の状態も良くなっていくわけです。

ただ最近は、新しい方式(SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法など)を導入するサロンも増え、施術方法もバラエティに富んできました。

それぞれ特徴が違うので、自分の好みに合ったやり方で脱毛しましょう。

施術できる箇所はサロン次第

顔脱毛について注意すべき点のひとつは、店によって施術できる部位が違う、ということ。

あるサロンのとったアンケートによれば、利用者が最も脱毛したい箇所は、眉間、鼻の下、アゴということですが、これら3つの部位も施術できるかできないかは店次第です。

たとえば、有名サロンの場合でも——

ミュゼ……鼻下、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

ジェイエステ……目元、鼻下、頬、口周り、顎、フェイスライン

という具合に、施術できる部位に制限があります。

ということで、宣伝などで「顔脱毛もオーケー」と書かれていても、こちらの希望する箇所が施術できるかどうかは分かりません。

せっかくサロンまで来たのに「そこはできません」と言われると手間とお金がもったいないので、事前に施術可能箇所についてチェックしておきましょう。

顔脱毛の平均費用はいくらくらい?

脱毛を決心し、いざ契約となった時、最も心配になるのは料金でしょう。

有名サロン20社のデータによると、顔脱毛の平均料金は「41,033円」ということです。

これを「高い」と考えるか「安い」と考えるかは、脱毛する女性の気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛はサロンばかりでなく、医療クリニックでも可能です。

こちらも平均価格を出してみたところ「131,325円」という値になりました。

つまり、医療クリニックで施術してもらうと、大体サロンの3倍以上の費用がかかるわけです。

10万円以上となると「ちょっと高い……」と感じる人が多いかも知れません。

ただクリニックには大きなメリットがあり、ムダ毛が一生生えてこない「永久脱毛」が可能です。

サロンかクリニックか、迷っている人も少なくないでしょう。
効果と料金を慎重に見極め、自分の目的に合う方をチョイスして下さい。

初心者にピッタリの「お試しコース」

最近のブームのおかげで脱毛人口は急増。各サロンでは盛んにキャンペーンを行い、より多くの顧客を獲得しようとしのぎを削っています。

多くの店が初心者向けに用意しているのが「お試し」。
サロンに馴染みのない人にはピッタリなので、まずはそれらのコースで脱毛を体験してみましょう。

もちろん、はじめから正規プランを契約してもいいのですが、サービスなどで不満が出てこないとも限りません。やはり、最初は「お試し」から始めるべきです。

なお、申し込みについてですが、店に電話で連絡するよりもネット経由で手続きする方がお得です。
特典がついていて、料金もぐっとディスカウントされる場合もあります。

まず気になる店のサイトをチェック。そして料金や条件を確認した上で申し込みましょう。

その後の手順についてですが、まず手続き時に予約した日にサロンへ行きます。

この時、最初にカウンセリングを受けることになります。費用はいらないので安心して下さい。

内容は、料金プランの内訳や脱毛についての詳しい説明など。ちょうどいい機会ですので、

「脱毛完了までどれくらい日数がかかるの?」
「施術に使われる機器の方式は?」
「永久脱毛は可能なの?」

など、こちらから質問してみましょう。

これだけで初日は終わり。後日、予約した上で施術を受けることになります。

施術の際は——

・スタッフの態度はキッチリしているか?
・痛みの程度は?
・術後に保湿ケアをしてくれるか?

などの点をチェックしましょう。

これで満足ならそのままプランの契約に移ればいいですし、満足できないならそのまま終了。後者の場合は他のサロンをチェックし、また「お試し」を体験することになります。

最近はサロンもどんどん数が増えているので、そのうち自分にピッタリの店に出会えるはずです。

顔脱毛なら「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛で評判を呼んでいるサロンを2つ紹介します。

まずオススメしたいのが「キレイモ」。ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美などのテレビCMでおなじみです。

キレイモの顔脱毛のいいところは、施術可能な部位が多いこと。他のサロンだと部位が制限されているので、わざわざキレイモで脱毛し直す女性もいるようです。

続いて推薦したいのが、「ジェイエステティック」。

ここでは「フェイス6」というプランが一番お得。1回の料金が2,500円というのですから驚きです。「なるべく安上がりに顔脱毛したい」という女性にはピッタリ。

またヒアルロン酸のジェルを用いているので、施術で熱を持ちがちな肌をしっかりとケアしてくれます。

「サロンが多すぎてどこにしたらいいか分からない……」という人は、ぜひこの2つの店をチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本的な情報をお届けしました。

これ以降は、脱毛に関する疑問点や、施術で注意すべきポイントを述べていきましょう。

歯の治療中は施術可能なの?

脱毛というのは意外に日数が必要で、お店に数ヶ月から数年間も通わなければなりません。何しろ長い期間なので、その間に虫歯など歯の治療を受ける人もいるでしょう。

そんな場合、脱毛と歯の治療がバッティングするため「何か問題があるのでは?」と気になります。

実際にサロンに聞いてみたところ、「通常の歯の治療なら問題はない」とのこと。

ただ、歯医者で処方された痛み止めを飲む場合、注意が必要です。

脱毛の施術では、ごくまれに「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こることがあります。
これは光の照射(フラッシュ)によって、かゆみ、むくみ、水ぶくれ等が生じる過敏反応のこと。

実は、痛み止めにはこの症状を誘発するものがあり、うっかり摂ると施術ができません。

トラブルを避けるためにも、痛み止めを飲んだらスタッフに申告するようにして下さい。

ちなみにフラッシュにより、虫歯の痛みが悪化する場合があります。痛みが心配な人は口に近い部位は後回しにしてもらいましょう。

また、脱毛と同時に歯列矯正を行っている人もいるかもしれません。
この場合、矯正器具に光が当たると熱が発生するケースもあるので、やはり口付近の施術は避けた方が無難です。

ただ器具がセラミックやプラスチック製の場合だと、問題なく施術できます。

このように色々な条件が考えられるので、必ず店の人と相談して施術を受けて下さい。

ニキビがあると脱毛できない?

脱毛の施術は高熱が発生するため、人によっては体調に影響がある場合もあります。そのため、施術に関しては様々な条件が課せられています。

例えば、肌が極端に乾いていると施術は不可。
また自己処理ができずにムダ毛が長いと、その部位の施術はできません。

では、ニキビがあるせいで施術できない、ということはあるのでしょうか?

調べてみるとそんなことはなく、サロンの大部分で施術は可能です。

というのも、サロンの光脱毛器はエステの美肌用マシンを改造したものなので、肌に照射しても害を及ぼすことはないからです。

機器で照射されるIPLという光は、メラニン色素にぶつかって熱エネルギーに変わり、毛根に大きなダメージを与えます。ニキビやニキビ跡には反応しないので、高熱が生じることもありません。

ただ炎症が進行していると、IPLによって症状が悪化することがあります。そんな場合、ニキビ付近の施術は後回しになるでしょう。

スムーズに施術を進めるためにも、ニキビはしっかりケアしておきましょう。

脱毛で、シミやそばかすができる?

現在、サロンやクリニックで脱毛に用いられるのは、メラニン色素だけに反応する特別な光です。

「そんな光を肌に照射したら、色素が沈着してシミなどができるのでは?」と不安を覚える人もいるかもしれません。

確かに太陽による日焼けは、肌トラブルの原因のひとつです。サロンのIPLも光として強烈なので、太陽と同じように肌にトラブルを起こすのでは、と勘違いしがちです。

しかし上で述べたように、サロンの脱毛機はエステで美肌ケアのために使われてきたもの。決して、肌に対して大きな損傷を与えるものではありません。

「でもネットでは『顔脱毛をやったせいでシミができた』っていう口コミを見かけるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

この現象については、2つの理由があげられます。

まず、肌の奥に隠れていたシミが、ターンオーバーのせいで表面にあらわれた、というもの。

施術を受けたせいで新陳代謝が促進され、奥にあったシミが表面に出てくることは珍しくありません。

ただ、大部分のシミはターンオーバーがさらに進むことで消えてしまいます。

あと施術によって乾燥した肌に傷がつき、それが痕になって残ってしまう場合。これをシミだと思い込む人がいます。

こんなことを避けるためには、施術後のケアが肝心。しっかりと保湿を行いましょう。

いずれにせよ、脱毛が原因でシミや傷ができるわけではありません。
施術の際も安心です。

施術に行く時は、スッピンでないといけない?

初心者にとって、不安のタネのひとつは、

「顔施術に出かける時は、スッピンでないといけないのか?」

ということ——。

「素顔でも全然大丈夫」という10代の学生ならともかく、普段メイクをバッチリ決めている女性にとって、「自宅・職場からサロンに着くまでスッピンでいろ」というのは結構つらいことです。

結論を先に述べると、メイクをして店に出かけても大丈夫です。

サロンには専用のブースがあり、そこで化粧を落とすことが可能。またサロンによっては、スタッフが無料でメイク落としをしてくれるところもあります。

ただ、いくらサロンでメイクオフができるからといっても、あまりにしっかりと化粧をしていくと、それを落とすだけで時間がかかります。

いつもよりも化粧は抑え、余裕を持って施術に臨みましょう。

以上、顔脱毛についての知識や、おすすめのサロンについて述べてきました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの知識を参考に、自分にピッタリのサロンを見つけて下さい。顔脱毛をすることで、肌の状態も良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*