脱毛する時はピアスを取るの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コンタクトレンズをつけたまま

ピアスやコンタクトレンズをつけたままの施術は?

最近は全身脱毛をしてくれるサロンも増えました。文字通り全身の隅々に渡ってムダ毛を処理してくれるので、当然、耳・へそなどの部位も施術の対象になります。

「耳やへそにピアスをしているけど、つけたままで大丈夫なの?」と心配になる人もいるでしょう。

基本的に脱毛の施術をしてもらう時は、ピアスを外しておいた方が無難です。

というのも、サロンで脱毛に使われているIPL(インテンスパルスライト)という光は複数の波長を含んでいるため、照射範囲が広がってしまう性質を持っているからです。

つまり、IPLを当てる場所とピアスとに距離があったとしても、照射された光が拡散して、無関係なところに影響を及ぼさないとも限りません。そんなリスクを回避するためにも、ピアスをつけたままの施術はやめておくべきです。

なお、ピアスをするため穴を開けたばかりという人は、その部位の施術は避けた方がいいでしょう。対象部位に傷がある場合、IPLによって生じる高熱の影響で炎症が起こる可能性があります。
ピアスの穴も含め、傷がある場合はエステティシャンにそ

あと、ピアスと同様な理由で、コンタクトレンズも施術中は外しておいて下さい。

産毛を処理する時は顔にも光を照射しますから、コンタクトレンズをしていると目を傷めないとも限りません。施術前にエステティシャンから「コンタクトレンズをしていますか?」と聞かれると思いますが、もし聞かれなくても自分から外しましょう。

サロンに行く時は、念のために洗浄液とケースを忘れないようにして下さい。

川口の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*