脱毛とワクチン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

予防接種後の女性

予防接種後に脱毛はできないの?

サロンや医療クリニックで施術をしてもらうと、完了までに1年以上かかることも少なくありません(全身脱毛の場合など)。
そうなると途中でインフルエンザなどの予防接種を受けることもあるでしょう。

実は予防接種を受けた場合、予約を入れていても施術を断られることが多い、ということを知っていましたか?

有名店に通っていたりすると、自分の都合のいい日に予約を取るだけでも一苦労。ようやく取れた予約が注射一本でパーになってしまう、というのはツラいですよね。

その理由なのですが、予防接種というものは人体に有害なもの(ウイルス、細菌、毒素)をわざと体の中に取り入れ、その有害なものへの免疫力をつける、という目的を持っています。体に注入されるワクチンは毒性を弱めて作られていますが、やはり有害は有害です。体は戦闘モードとなり、何とかそれをやっつけようと必死になります。

その時に喉のハレ、微熱、頭痛といった風邪に似た症状が出てくることがあり、健康とはいえない状態におちいります。

一方、サロンや医療クリニックで行なわれる施術というのは、IPLやレーザーを使います。これらはいずれも毛根にあるメラニン色素に反応し、熱エネルギーに変わることで組織にダメージを与えるというもの。

肌自体は光を照射されても問題ありませんが、毛根が高熱を発するために毛穴の周りの皮膚が影響を受け、軽いやけどの症状を起こします。

予防接種を受けて体が健康とはいえない状態の時に、毛穴がこのようなやけどを負ってしまうと免疫力が働かず、体調がさらに悪化する可能性があります。

ムダ毛処理のために体の調子を損ねては本末転倒です。
予防接種を受けた後は、しばらく施術をひかえた方がいいでしょう。

川口の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*