ムダ毛の自己処理はやめてVIO脱毛をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

若い時にしかできないことのひとつが、大胆に肌を露出したオシャレです。
とりわけ10代から20代にかけては、脚にしろ腕にしろ、みずみずしい肌を見せびらかしたい、という女の子が多いでしょう。

ピチピチした肌というのは男性だけでなく女性でもつい視線を向けてしまいます。ただ、得意になって見せびらかすのはいいのですが、肌に生えたムダ毛には注意しなければなりません。

しっかり処理していないとみっともないですし、視線を向けた人からも「だらしない」と思われがち。

毛深い女性にとってありがたい援軍となるのが、プロがムダ毛を処理してくれるサロンやクリニック。雑誌の広告やテレビのCMなどで、それらの名前を連日見かけます。

実は脱毛がこれほどポピュラーになったのは近年のこと。以前は毛穴に針を突き刺すという乱暴な方法を取っていたこともあって、その費用も決して安くはありませんでした。
しかも痛みも相当なもので、あくまで年配の女性が若作りのためにやるもの、というイメージがあったのです。

しかし最近ではレーザー技術を応用した効率の良い脱毛マシンが開発され、脱毛する人も驚くほど増加。さらに初心者を呼び込もうと、ディスカウントを売りにしたキャンペーンも盛んにおこなわれています。

また、脱毛できる部位も多くなりました。以前はワキや足ばかりだったのですが、いまでは腕、顔はもちろん、「VIO」という新たな部分が脚光を浴びています。

これを聞いて「え、VIOってどこの部位?」と思う人もいるでしょう。確かに脱毛人口は増えましたが、まだまだサロンとは縁のない女性も少なくありません。

そこでこのページを立ち上げ、VIO脱毛についての初歩的な情報を紹介し、あわせてサロンやクリニックで用いられている脱毛方法についても説明してみることにしました。

「VIO」って体のどの部分?

「VIO」というとコンピューター関係の単語と思いこむ人がいるかもしれませんが、もちろん違います。実は女性の股間からお尻の辺り、美容業界で「デリケートゾーン」と呼ばれる部位のことです。

V、I、Oはそれぞれ——

Vライン……「ビキニライン」とも呼ばれる股間のデルタ地帯のこと。
Iライン……女性器に沿った細長い部分のこと。
Oライン……肛門周辺の半径2センチくらいの円形部分。別名は「ヒップ奥」。

をあらわします。

つまり、各ラインと形が似ているアルファベットを呼び名としたわけで、別に英単語の頭文字というわけではありません。

ということで「VIO脱毛」は、一言で言えばアンダーヘアの脱毛のことです。

「VIO脱毛」とはいいますが、実はV、I、Oそれぞれ別個に施術可能です。

そして3ヶ所すべてを無毛にしてしまう脱毛には「ハイジニーナ」という別の名前がついています。

最初、日本にVIO脱毛のことが伝えられた時、名称は「ハイジニーナ脱毛」とされていました(広告などで「ハイジニーナ脱毛」と書いているサロンや医療クリニックがありますが、これは具体的にはVIO脱毛と同じことです)。

その時は海外の女優やモデルがおこなう変わった美容法というイメージがあったのですが、現在では日本のサロンやクリニックでも一、二を争う人気プランとなっています。

実際、「施術を希望する部位」のアンケートでは、ワキに続く第2位です。

VIO脱毛のメリットとは?

VIO脱毛のメリットはデリケートゾーンがツルツルになるという美容の面にはとどまりません。
以下のような様々な長所が挙げられます。

1.デリケートゾーンが衛生的になる

男性と違い、女性器というのは肉が重なりあって構成が複雑です。さらに他のパーツに比べて太い毛が集まって生えているため、どうしても湿気が多くジクジクしてきます。

そのせいで薄い下着でも雑菌が繁殖しがち。その結果、かゆみやニオイなどの不快な症状が出てきます。

とりわけ問題なのは、女性器に沿ったIラインです。生理の時期など経血や分泌物が付着してしまい、こまめに洗わないと衛生的にはなりません。

ただ家事や仕事で忙しい人など1日に何回もシャワーを浴びるわけにはいかず、どうしても不潔な状態に陥ってしまいます。

そんな状態もVIO脱毛をすることで解消されます。
ツルツルの状態になると雑菌が増えにくいので、デリケートゾーンは生理中でも清潔になるでしょう。

2.肌に刺激の強い自己処理がいらなくなる

デリケートゾーンというのは肌そのものは他の部位より薄くなっています。それなのに濃い剛毛が伸びているため、市販の処理道具で毛を剃ったり抜いたりするのがやりにくいパーツです。また性器がすぐ近くにあるので、カミソリなどの扱いが下手だと、うっかり傷をつけてしまう可能性もあります。

また、自己処理そのものも美容的に勧められる行為ではありません。カミソリにしろ毛抜にしろ、肌のコンディションを悪化させます。使い続けるうちにダメージが蓄積し、見苦しい埋没毛を生じさせることが多いのです。

それに毛穴の傷ついた部分に菌が侵入すると、毛嚢炎になる危険性もあります。

思い切って脱毛すればこれらのトラブルのリスクも減り、肌が美しくなります。

3.きわどい水着や下着を楽しめる

きわどく肌を露出する水着や下着を楽しみたいと思ったら、必ずデリケートゾーンのヘアを処理しないといけません。

でも上述したように自己処理では肌トラブルが生じがち。せっかくツルツルの無毛状態にしているのに、肌に黒ずみなどが生じると本末転倒です。

サロンやクリニックでムダ毛を脱毛すれば、そんな自己処理が不要になってキレイな肌へと導かれることに。

そうすれば肌の状態に自信がつき、きわどい下着を身につけて彼氏とのデートを楽しめます。

Vラインのデザインにはどんなものがあるのか

Vラインは、「脱毛希望部位」のアンケートでは毎回必ず上位にランクされる人気パーツ。やはり下着や水着からヘアーがはみ出しやすいからでしょう。

外国ではハイジニーナが盛んなので、Vラインも完全な無毛状態にする女性が結構います。
しかし日本ではやはり脱毛したことを他人に知られたくないのか、ほとんどの人が一部だけ残す方を選びます。

その時頭を悩ますのが、「残った毛をどんな形にするか」ということ。

サロンやクリニックでは、次に示すようにいくつか定番デザインを用意しています——

・逆三角形

非常にナチュラルな形で、選ぶ人が最も多くなっています。「脱毛したことを気づかれたくない」という人はこれにするといいでしょう。

・オーバル型

オーバルは英語で「楕円」を指します。ナチュラルさはそれほどありませんが、角が丸まっていてフェミニンなデザインです。

・Iライン型

ヘアを帯のような形に残します。露出度の高い水着を身につけたいという女性にはピッタリ。縦の線が強調されるため、「足が長く見える」というメリットも。

・Uライン型

「逆三角形」の角を丸くしたデザインで、やはりナチュラルに見えるために人気があります。

・スクエア型

「Iラインは少し大胆すぎて……」という女性がよく選ぶデザイン。ただやはりナチュラルさには欠けるので、好き嫌いは分かれてしまうでしょう。

ちなみに医療クリニックでVライン脱毛を受ける人は、よく考えた上でデザインを選んで下さい。

クリニックは永久脱毛なため、一旦ヘアーを処理するとVラインの形は一生そのままです。
奇抜なデザインだと後悔することもあるので、熟慮の上でチョイスしましょう。

Oライン脱毛にはどんな長所が?

VIOの3つの中でも、Vライン、Iラインは特別人気があります。きわどい水着や下着を身につけるなら、これらのラインのヘアーを処理する必要があるからでしょう。

ところがOラインに関してはなぜか脱毛する人が少ないようです。

でもOラインのヘアーを脱毛すれば、部位も清潔になり、ニオイもマシになります。

また、セックスする時も相手がOラインを見ることもあるので、キレイにしておけば安心できます。

施術では、サロンやクリニック備え付けの紙パンツを身に着けます。
それをスタッフがちょっとずつずらしつつ、施術していくわけです。

体勢は、「四つん這い」、あるいは「うつ伏せでの開脚姿勢」のどちらかです。恥ずかしさの点では後者がマシですから、スタッフに「うつ伏せ」と頼みましょう。

最初は慣れないと思いますが、施術を繰り返すうちに平気になってきます。

施術はわずか10〜15分。これだけでニオイなどが改善されるのですから、ぜひOライン脱毛に挑戦してみて下さい。

サロンとクリニックの違いとは?

VIO脱毛にあたっては、サロンか医療クリニックに通うことになります。

両者の違いはどこかというと、主に施術方式です。

大抵の脱毛サロンが施術に導入しているのが、IPL脱毛(フラッシュ脱毛)。

「IPL」(intense pulsed light)はレーザー系の光線で、紫外線を取り除いてあります。

毛の伸びた肌に当てると、メラニン色素の黒色に反応。熱エネルギーに変化して、毛根にある毛乳頭、皮脂腺開口部などに大きなダメージを与えます。
そのことで新たなムダ毛が生えるのを防止するわけです。

一方、医療クリニックで採用されているのはレーザー脱毛です。

レーザー光も多種多様ですが(アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど)、いずれもIPLと同様にメラニン色素に反応。高熱で毛根を破壊し、毛の成長を阻害します。

IPLとレーザー光はパルス幅と波長の点で違いがあるのですが、照射威力が強いのは後者です。
数回の照射で全部の毛根が破壊され、うまくいくと無毛状態が一生続きます。
この「永久脱毛」は医療行為なので、医師免許を持ったスタッフが施術をおこないます。

レーザー光の効果は優れていますが、「痛みが強い」のが欠点です。

一方、IPLはパワーが弱いだけに、痛みもレーザーほどではありません。ただ施術日数と照射回数が相当多くなってしまいます。

またIPLだと毛根はただ弱体化するだけなので、脱毛完了からしばらく経つと毛が再び伸びる確率が高くなります。

「多少の痛みなら平気」という人なら、クリニックに行って施術してもらう方が脱毛効果が持続してお得でしょう。

VIO脱毛の料金はいくらくらい?

VIO脱毛に際して、まず気になってしまうのはその費用でしょう。

ここではいくつかのケースに関してその料金を紹介してみます(なお、以下の数字は「VIO3つを一緒に脱毛するプラン」のものです。バラバラに施術する場合は料金も違います)。

まず、サロンで施術してもらう場合、有名店の費用は次のようになっています——

減毛程度に抑えるケース

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回=9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回=13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回=8,640円)

完全に無毛にしてしまうケース

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回=9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回=9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回=9,180円)

続いてクリニックで施術してもらう場合、有名医院の料金は以下の通り——

減毛程度に抑えるケース

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回=10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回=12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回=19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回=18,540円)

完全に無毛にしてしまうケース

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回=9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回=11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8回と9回のプランなし)

こうして見ていくと、サロンは施術回数が多い上に料金も高く、医療クリニックの方がリーズナブルになっています。特に湘南美容外科の安さが目を引きます。

VIO脱毛をしてもらうなら、費用の点では湘南美容外科がおすすめです。

以上、初心者向けにVIO脱毛の基本情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし「股間の毛を毛抜やカミソリで処理している」という女性がいたら、1度脱毛してもらうことをオススメします。上記のように自己処理は肌に悪く、黒ずみ等の原因となります。

脱毛でデリケートゾーンも清潔になり、美しさも保たれるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*