脱毛ワックスは顔に使える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

顔の産毛を自己処理

ワックス脱毛のリスクとは?

顔の産毛を自己処理するのに、ワックスを使っている人もいるかと思います。

ただ、その使用には色々と注意が必要。

以下、ワックス使用で起こりがちなリスクをまとめてみました——

必要な角質まで取り去ってしまう

角質というのは外からの刺激に対し、肌をしっかりと保護している大事な組織。しかも肌の潤いを保つ水分は角質にある細胞間脂質によってキープされていますから、美容の点でもなくてはならない存在です。

ワックス脱毛は確かに強力ですが、この角質まで奪ってしまうため、間隔をおかずに何度も繰り返すと肌のコンディションが悪くなってしまいます。

毛穴が広がって目立つ

もともと体毛はどんなものでも徐々に細くなり、自然に抜けるのが普通です。毛穴もそれに合わせて小さくなり、目立たなくなります。

ところが元気な毛をワックスで抜くと、抜いた後の毛穴は開いたままです。こうなると雑菌も入りやすく、赤みなどが生じることになります。

色素が沈着する

実はワックスによる顔脱毛は、目に見えないような細かいダメージを皮膚に与えています。このダメージはすぐに治るのですが、あまりにしばしば繰り返されると補修が追いつかず、色素沈着という形で残ってしまいます。

いくらムダ毛を取りたいからといっても、時間をおかずにワックス脱毛を行うのは厳禁です。

埋没毛が生じる

ムダ毛処理の後、黒いブツブツが肌にできることがありますが、これが「埋没毛」。
ワックスを使っているとこの埋没毛が生じやすくなります。

いかがでしょうか?

ワックスは自分で手作りできるため、ついうれしくなって何回も使用してしまいがちです。
上記のように処理の回数が多いと何かと肌トラブルが生じますので、使用頻度はなるべくひかえ目にして下さい。

川口の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*