産後の脱毛方法に関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、妊娠によってホルモンバランスが乱れるので肌が外部からの刺激を受けやすい上に、乾燥しやすい状態にもなります。

とはいえ、産後から半年経てば自然とホルモンバランスが改善されるので、肌の状態も改善されます。

けれども、産後からあまり日が経たずに脱毛施設に通っても、産後の女性客の利用は基本的に断られます。

なぜなら、産後の肌は紫外線の影響も受けやすいので、脱毛施設となるサロンで受けれる光脱毛を受けても、光が肌に照射されることで火傷になるからです。

また、医療機関となるクリニックでレーザー脱毛を受けても、レーザーが毛根部分に殆ど反応しない上に光脱毛より出力が強いです。

さらに、ニードル脱毛は産後でなくても肌に強い痛みを伴うので、産後の女性客がニードル脱毛を受けることはできません。

自宅で脱毛する際は

自宅で脱毛する場合は、家庭用脱毛器を使って脱毛するのが最善となります。

ただし、家庭用脱毛器も光線を肌に照射するので、産後のホルモンバランスが乱れている状態で使っても脱毛効果が薄いです。

なので、家庭用脱毛器はホルモンバランスが整ってから使うことで、脱毛施設に通う時間を確保できなくても脱毛することが可能となります。

なぜなら、産後は赤ちゃんの世話に割く時間が必要となるので、家庭用脱毛器は赤ちゃんの世話と両立しやすいからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*